ドラマのツボ
 part.97



天才2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ
アキラとあきら 2017年 ドラマW



アキラ00

 1986年4月、メガバンク・産業中央銀行の新人研修で伝説が生まれた。研修の最終行程で行なわれる実践形式の融資プロジェクトで、相対した階堂彬と山崎瑛。誰も想像のつかない提案をした彬。それを見破った瑛。お互いの健闘を讃える2人。この時は、まだこれから待ち受ける過酷な“運命”を、2人は知る由もなかった。時は、さかのぼり…、1975年。2人の“アキラ”の人生の交差はこの年から始まっていた…。(後はドラマを観てください)

アキラ02

ベストセラー作家・池井戸潤の最新作を最速ドラマ化
 池井戸潤の“幻の長編”と呼ばれていた「アキラとあきら」。その作品が徳間書店よりオリジナル文庫『アキラとあきら』として 刊行されるのに合わせ、WOWOWが最速ドラマ化。 WOWOWが池井戸作品を手掛けるのは「空飛ぶタイヤ」 「下町ロケット」 「株価暴落」に次いで4作目だが、 今回はその中でも最長の全9話で制作。スリリングな展開と重厚な 人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと堪能できる。



アキラ03


たわごと03
向井理×斎藤工のW主演!
 この夏にWOWOWの「連続ドラマW」枠で放送中のドラマW、「アキラとあきら」、これがなかなか面白い。何よりも人気俳優である向井理さんと斎藤工さんがダブル主演を務めるということでかなり話題に…。そして原作は、池井戸潤さんが、2006年から2009年にかけて連載していたものの、これまで書籍されていなかったという幻の長編小説です。2017年5月に、ようやく待望の文庫化がされたばかりだそうです。池井戸潤さんと言えば、ドラマW常連なのですが、今回のこの作品では、今までとは少し違う空気感を漂わせながらも見応え十分のドラマ以上の重厚な作品として仕上がっています。そして、この作品が何よりも興味深いのは、「アキラとあきら」が、生きた時代が、ワタシたちと同じ時代。同年代として、あの頃を振り返れる身近なテーマが何ともリアルで切ないです !?



アキラ04



※カッパの勝手な採点は…、
久しぶりのドラマWも良いものですね。

カッパ採点7点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1401-8ecf4009