FC2ブログ
2013.03.02 幸せのレシピ
カッパのみなソン
Selection vol.85

一生懸命もいいけど、ちょっとのさじ加減で違う何かが見つかるかも。
しあわせのレシピ 2007年アメリカ

レシピ00

 ニューヨークで人気を誇るマンハッタンの高級レストラン“22ブリーカー”。そんな店の評判を支えているのが、超一流の腕前と妥協のない仕事ぶりで知られる女料理長のケイトでした。しかし、完璧主義が過ぎて独善的なところもあり、時には客と喧嘩してしまうことも…。そんなある日、たった一人の肉親だった姉が事故で亡くなり、ケイトは遺された9歳の姪ゾーイを引き取り一緒に暮らすことに。子どもとの接し方が分からず、なかなか心を開いてくれないゾーイに苦悩するケイト…(後は映画を観て下さい)



レシピ02

 評判を呼んだ2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」をキャサリンゼタ=ジョーンズ主演でリメイクしたハートフルラブコメディです。料理の腕は一流ですが、人付き合いが下手なヒロインが、図らずも直面した新たな人間関係の中で次第に頑なな心を解きほぐしていく姿を描く。共演は「サンキュースモーキング」のアーロン・エッカートと「リトルミスサンシャイン」のアビゲイル・ブレスリン。監督は「アトランティスのこころ」のスコットヒックス。



たをごと02

レシピ04日本ではおなじみ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 
 昨日のアップした「ロック・オブ・エイジズ」でトム・クルーズと同様に怪演を魅せたキャサリンゼタ=ジョーンズ。11歳で「アニー」などの舞台に立ち、15歳の時にロンドンに移ります。1990年に「シェラザード」で映画デビュー。1992年に「コロンブス」でハリウッドに進出。スティーヴンスピルバーグが製作総指揮を務めた「マスクオブゾロ」にてアントニオバンデラスの相手役に抜擢され、一躍注目を浴びる事に。日本では化粧品ブランドエリザベス・アーデンのスポークスマンや携帯電話の広告塔を務めているほか、ラックスのイメージキャラクターになっています。そして、あのマイケルダグラスの奥様です。


ハリウッドのリメイク。
 ハリウッドは、今やリメイク花盛りです。この作品もオリジナルはドイツ映画。邦題「マーサの幸せレシピ」。確かに華やかさには欠けますが、映画的にはこちらの方が優れているかも知れません。映画が持つ空気感とかテンポが心地よい作品です。こちらも是非観て下さい。

マーサ


家族にとっての幸せのレシピとは…
 この映画は、非常にシンブルにかつストレートに「家族の絆」を描きます。美味しい料理を創ることは、良い家族を築くこと…。あなたにとっての「幸せのレシピ」をこの映画を観て再認識して下さい。

レシピ03



カッパ採点7点



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/140-e406d917