カッパのみなソン
Selection vol.999



あの事件から10年…。
デスノート Light up the NEW world  
2016年日本



デス01

 キラとLという2人の天才の対決から10年。警視庁には、夜神総一郎が立ち上げた「デスノート対策本部」が今も存続していた。すでに亡くなった総一郎に代わり、キラ事件に精通する“デスノートオタク”の三島が特別チームを率いてノートの謎を追い続けていた。やがて本部にLの後継者である世界的名探偵・竜崎が加わり、地上に6冊のデスノートがバラまかれたことが判明する。6冊すべてを回収してデスノートを封印しようとする三島。そんな彼の前に、キラを“神”と崇め、その復活を目論むサイバーテロリスト・紫苑がたちはだかる…。(後は映画を観てください)



デス04

 大場つぐみと小畑健による大人気マンガを実写映画化した2006年の大ヒットサスペンス2部作の続編です。前回の“キラ”と“L”の対決から10年後を舞台に、死神により地上にもたらされた6冊のデスノートを巡って繰り広げられる、キラとLそれぞれの後を継ぐ新たな天才たちによる壮絶な争奪戦の行方を描きます。主演は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、共演に中村獅童、戸田恵梨香、船越英一郎。監督は「GANTZ」「図書館戦争」シリーズ、「アイアムアヒーロー」の佐藤信介。



デス03


たわごと03
これで、すべてを終わらせる…? 
 ワタシ思うに、この手の切り口映画は、ルールがシンプルでないと面白くないと…?今回の「Light up the NEW world」では、なぜかノートが6冊で、新たに作り出される死のルールも登場。それってある意味、映画としてのご都合ルール。物語を組み立てるに都合のいいルールと世界観を無理やり作り出している、最初の斬新な切り口とは裏腹に、物語が進む程に絵空事の世界が薄っぺらくなっていく気がします。デスノートファンの方には、申し訳ないのですが、何でもアリの世界を強引に押し付けられたような違和感を感じてしまいました。(ゴメンなさい)



デス02




※カッパの勝手な採点は…、
確か初期作は、金子修介監督。

六半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1367-dbe3bb61