カッパのみなソン
Selection vol.996



余命6ヵ月、最愛の人に贈る“やさしい嘘”とは?
ボクの妻と結婚してください。  
2016年日本



僕01

 人気バラエティ番組の放送作家として活躍する三村修治はある日突然、すい臓がんで余命半年と宣告されてしまう。途方に暮れる修治だったが、何よりも気がかりなのは、遺される最愛の妻・彩子と一人息子の陽一郎のこと…。そこで修治は、人生最後の“企画”として、妻の結婚相手を見つけようと決意する。そして、知り合いの結婚相談所社長・知多かおりの協力を得て、ついに理想の相手、伊東正蔵に巡りあうが…。(後は映画を観てください)

僕02

 TVドラマ化もされた売れっ子放送作家・樋口卓治の同名ベストセラー小説を織田裕二主演で映画化した感涙ラブストーリーです。余命宣告を受けた敏腕放送作家が、最愛の家族のために、妻の結婚相手を探す人生最後の“企画”に奔走する姿を描きます。共演は吉田羊、原田泰造。監督は、「阪急電車片道15分の奇跡」「レインツリーの国」等々の三宅喜重。



僕03


たわごと03
「悲しい」を「感動」に変換する…。 
 突然、すい臓がんで余命半年と宣告されてしまう…。よくある難病をテーマとした泣ける作品なのですが、さすがは売れっ子の放送作家・樋口卓治氏、見事に「悲しい」を「感動」に変換しちゃいましたね。人が命を落とす映画なのに最後には心が温まる、何て心地よい映画なんでしょう。死を宣告されても、これ程までに妻を愛し、家族を大切に思う、夫・織田裕二が凄い、少々わざとらしい演技が、何故かリアル。そしてそれに応える、奥様・吉田羊はさすがです。彼女らしい自然体の演技で、すごく良くできた素敵な奥さんを魅せてくれます。がぁ、一番素晴らしいのは、お見合い相手の原田泰造。役者としての素質は以前から注目してましたが、ここまでやると、もうタレントではなく、俳優の域。映画としては、少々作りすぎのような気もしますが、意外と奥の深い作品です。



僕04


※カッパの勝手な採点は…、
それから、二人はどうなったのだろうか?

カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1364-a4349a28