2017.05.23 誘拐報道
いつかみた映画
【其の百五二】



原作・読売新聞大阪本社社会部
誘拐報道 1982年 日本



誘拐01

 豊中市の私立学園1年生の三田村英之が、下校途中に誘拐された。県警本部の発表で犯人が英之少年の父で小児科医の三田村昇に三千万円の身代金を要求していることが分かった。各新聞社に“報道協定”の要請があり子供の生命がかかっているため各社は受けざるを得なかった。三田村家には遠藤警部以下6名の警察官が入り込み、昇や妻の緋沙子と共に電話を待った。武庫川の川原に緋沙子が一人で来るようにとの電話が…。(後は映画を観てください)



誘拐04

 幼児誘拐事件を通して浮き彫りにされる、犯人とその家族、被害者の家族、警察及び報道関係者の姿を描きます。原作は読売新聞大阪本社社会部・編の同名ドキュメンタリー。脚本は「徳川一族の崩壊」の松田寛夫、監督は「犬神の悪霊」の伊藤俊也、撮影は「飛鳥へそしてまだ見ぬ子へ」の姫田真佐久がそれぞれ担当。



誘拐03


たわごと03
昭和の隠れた名作…。
 「誘拐報道」やっと、見直す事が出来ました。1982年の上映後、レンタルビデオでも、DVDでも見直す事が出来なかった隠れた名作が、嬉しい事にWOWOWでオンエアーされました。1980年に実際に起きた誘拐事件を読売新聞がまとめたルポルタージュが、原作だそうです。そして何よりもキャストが凄いです。主役の犯人が萩原健一、妻が小柳ルミ子、子どもの母親が秋吉久美子、読売新聞は丹波哲郎、三波伸介、大和田伸也、宅麻伸、その恋人に藤谷美和子、新聞社ヘリパイロットが、なんと菅原文太!これだけの本気モードの役者たちが、映画を超えた超リアルは演技を魅せてくれます。ある一つの誘拐事件を多面的視線から描きます。報道の視線、警察の視線、犯人の視線、家族の視線…、様々な視線から見た、それぞれの想いを、悲しくも力強く描きます。そして、我が青春期の1982年の劇中の風景が、悲しくも懐かしいです。



誘拐05


※カッパの勝手な採点は…、
公衆電話とポケベル、そして十円玉が愛おしい。

8点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1355-c2baea9e