2017.05.11 追憶
カッパのみなソン
Selection vol.982



会いたくても、会えなかった、愛する人へ。
追 憶 2017年日本



追憶02

 ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会っていたという容疑者の田所啓太もまた幼なじみ。25年前、それぞれに親に捨てられた3人は、喫茶“ゆきわりそう”を営む涼子と常連客の光男の世話になっていたのだった。しかし、ある事件を機に散り散りとなり、以来決して会うこともなかった。四方は田所の無実を確信しながらも、固く口を閉ざして真相を語ろうとしない彼に苛立ちを募らせるのだったが…。(後は映画を観てください)



追憶01

 「夜叉」「鉄道員(ぽっぽや)」など数々の名作を手がけた降旗康男監督と木村大作カメラマンのコンビが9年ぶりにタッグを組み、「永遠の0」「海賊とよばれた男」の岡田准一を主演に迎えて贈るヒューマンサスペンスです。一つの殺人事件をきっかけに25年ぶりに再会した幼なじみ3人を主人公に、彼らが離ればなれになった過去の出来事と新たな事件の真相を、3人それぞれが辿った人生模様とともに綴ります。共演は小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆。



追憶03


たわごと03
監督・降旗康男×撮影・木村大作
 嬉しいものですね、近くに映画館があるって事は、そう最近オープンした「イオンシネマ徳島」で観てきました。最新の日本映画の大作「追憶」。今までだと、この手の映画(邦画)は、遠くの劇場へ、わざわざ出向くのではなく、約半年後にTSUTAYAさんでお借りしての鑑賞でしたが、それが嬉しいことにオンタイムで気楽に見えちゃいます!それも、嬉しいのか、悲しいのか?微妙ですが、55歳からは、なんとシニア料金設定で、一人でも、たったの1100円!? 少し悔しいけど、もちろんお得なシニア料金で観た、この「追憶」は、降旗康男と木村大作コンビが、9年ぶりにタッグを組んだ意欲作。冒頭(映像)の美しくも厳しい重厚感、思わず背筋がピンとします。荒れ狂う真っ黒な日本海、北陸での月食、少年たちの思いつめた表情…、かつて見た「飢餓海峡」や「砂の器」を彷彿さす、古き良き日本映画と重なり合います。もちろん役者たちも素晴らしい、これが「映画俳優」だという渾身の演技を存分に魅せてくれます。家族・絆・運命・愛情・憎悪…、彼らたちが、ひたむきに守ってきたモノ…。ゴメンナサイ、封切られたばかりですね、是非とも、映画を観てくださいね!! (邦画ファン必見ですよ)



追憶04


※カッパの勝手な採点は…、
脚本が、少しザックっとしてませんかね?

七点半






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1348-3a174e9c