カッパのみなソン
Selection vol.978



最高の愛を込めて、葬ります。
湯を沸かすほどの熱い愛 
2016年日本



湯01

 銭湯“幸の湯”を営む幸野家。しかし父の一浩が1年前に蒸発してしまい、銭湯は休業状態に。母の双葉は代わりにパン屋でパートをしながら中学生の娘・安澄を育てている。そんなある日、突然倒れた双葉は、ガンで余命2ヶ月と非情な宣告を受ける。ショックを受けつつも現実に気丈に立ち向かい、家出した夫の捜索や銭湯の再開、学校でイジメに遭っている娘を叱咤して独り立ちさせる、といったやらなければならないことをリストアップし、すぐさま行動に移す双葉だったが…。(後は映画を観てください)



湯02

 「チチを撮りに」で注目された期待の新鋭・中野量太監督が宮沢りえを主演に迎えて贈る感動の家族ドラマです。夫が蒸発し中学生の娘がイジメに苦しむ中、突然余命2カ月と宣告された主人公が、絶望することなく持ち前の明るさで家族の再建に奔走し周囲を大きな愛で包んでいく姿を描きます。共演に杉咲花、駿河太郎、オダギリジョー。



湯03


たわごと03
ワタシも、こんな人になりたい。
 この家族は、なんとも複雑です。母親に捨てられた記憶を抱えている双葉。安澄ちゃんは聾唖の母・酒巻君江が残していった娘。もちろん双葉と安澄ちゃんは親子ではない。そして優しすぎるダメ旦那と迷い猫の様な鮎子ちゃん。そうこの一家は、誰一人血は繋がっていないのです。そんなヘンテコな家族と、行くところがない冴えない旅人と優しくて寂しい私立探偵の親子。傷を負った大人と子供たち、そんな心の「ほころび」を宮沢りえさんが演じる「お母ちゃん」が、命と引き換えに繋ぎ合わせていきます。常識や理屈ではなく、人間としての当たり前をさらけ出し、生き様ではなく、死に様を見せる彼女…。きっと彼ら彼女らは、こんな人(人間)に感動し、そう在りたいのだと決意したのだと思います。



湯04


※カッパの勝手な採点は…、
そしてラストは、究極の熱い愛…。

8点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1343-5a4bfbcc