2017.03.28 真田十勇士
カッパのみなソン
Selection vol.964



不可能に、挑め。
真田十勇士 2016年 日本



真田01

 関ヶ原の戦いから14年。天下統一を目前にした徳川家康と、秀吉の側室・淀殿が秀頼を立てて復権を狙う豊臣家の対立がいよいよ深まっていた。そんな中、名将と謳われた真田幸村と抜け忍の猿飛佐助が運命的な出会いを果たす。ところがこの幸村、これまでの武功はたまたま勝ちに恵まれてきただけで、その本性はただの腰抜け男だった。すると佐助は“アンタを本物の英雄にしてあげる”と宣言、さっそく同じ抜け忍の霧隠才蔵を筆頭に、一癖も二癖もある男たちを集め、“真田十勇士”を誕生させる…。(後は映画を観てください)



真田02

 堤幸彦演出、中村勘九郎主演の同名舞台劇を同じ堤幸彦監督、中村勘九郎主演で映画化したエンタテインメント時代劇です。天下一の名将という真田幸村の伝説は、猿飛佐助によって仕組まれたものだったという大胆な発想のもと、一癖も二癖もある真田十勇士の活躍を描く。共演は松坂桃李、大島優子。



真田04


たわごと03
一生懸命…。でもスベったかなぁ?
 ご存知、真田幸村は天下の名将としてその名を世に轟かせていましたが、実際の幸村は奇跡的に運に恵まれ続けただけの腰抜け男で自分の虚像と実像の差に悩んでいました…。非常に興味深い「切り口」、そして舞台化ら映画へとシフトする大胆な試み。でも、でも、最初の冒頭のアニメ?過去にアニメ化されたらしいのですが、この大切な「はじまり」を軽いアニメでやってしまうのは、如何なるものでしょうか。そんな疑問符を抱えながら本編へと…。まぁ、良くも悪くも、舞台っぽさの残る演出で、何となく不思議な感覚。監督の想いも役者さんたちの一生懸命も伝わってきましたが、やはり映画として雑。戦のシーンは迫力満点なのですが、適度なおふざけ感が、どうも好きになれない、そして、十勇士と幸村の絆に感情移入がで非常に残念!?



真田03


※カッパの勝手な採点は…、
もっと、ハチャメチャだと思ってました!?

六半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1328-2e0697db