カッパのみなソン
Selection vol.962



あの戦いから3年…。
宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 
第一章 嚆矢篇 2017年日本



さらば05

 西暦2202年。宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへの壮絶な航海から帰還して3年が経ち、“コスモリバースシステム”で蘇った地球はめざましい復興を遂げていた。しかし、その傍らで防衛を目的とした新鋭艦隊の整備・増強が進められ地球は再軍備へと邁進していく。古代進らヤマト戦士たちが復興政策に大きな疑問を抱く中、宇宙を蹂躙する帝星ガトランティスの艦隊が地球にも接近…。(後は映画を観てください)



さらば02

 不朽の名作アニメをリメイクし好評を博した「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編です。1978年公開の「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」をモチーフに、新たな解釈を加えて描いた全7章の完全新作シリーズとなっている。本作は、その第一章です。「蒼穹のファフナーEXODUS」の羽原信義が監督を手がけ、シリーズ構成・脚本を、「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏が務めます。アニメーション制作はXEBEC。エンディングテーマは「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のテーマ曲である沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」が、当時の音源のまま使用されてます!!



さらば01


たわごと03
あれから、40年…、何もかもが懐かしい。
 ワタシの記憶が正しければ、そうあれから40年の歳月が…。スターウォーズの日本公開の前の年、1977年。劇場版アニメ「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」が公開されました。空前のヤマトブームとスターウォーズの影響を受け、ファン待望のオリジナル長編映画として製作されました。もちろん当時のヤマトファンのワタシも何度も観させて頂きました。そして、この名作が、嬉しいことにリメイク、いやリバースされました。好評だった「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編です。シリーズ構成と脚本は福井晴敏氏が手がけ、新たなる続編を創りだします。さて、その出来栄え如何になのですが…。う〜ん、何とも複雑、全シリーズの前半の満足感ほどとは、いきませんが、それなりの満足感。リメイクではなく、ヤマト的にはリバース。沢田研二のエンディングを聴けただけでも許せてしまうのは、ワタシだけでしょうか?



さらば03


ちょつと01
SF作家のパイオニア、海野十三。
 海野十三(うんのじゅうざ)は、日本の小説家、SF作家、推理作家、漫画家、科学解説家。日本SFの始祖の一人と呼ばれる。本名は佐野 昌一(さのしょういち)。※ウィキペディアより。
 そう、手塚治虫氏をはじめ多くの作家に愛された、このSF作家・海野十三氏は、我が徳島出身の作家なのです。実は、松本零士も彼の崇拝者の一人、そんな彼は、宇宙戦艦ヤマトの初代艦長・沖田艦長の「十三(じゅうぞう)」は、海野の十三(じゅうざ)を「じゅうぞう」と読むと思っていたため、そのまま付けた、と語っていいるそうです。(スミマセン、ちょっと自慢しました。)



さらば06


※カッパの勝手な採点は…、
ブルーレイ、もう少し安くしてね!?
カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1326-e391c6ee