カッパのみなソン
Selection vol.940



155人の命を救い、容疑者になった男。
ハドソン川の奇跡 
2016年 アメリカ



ハドソン01

 2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が原因のエンジン故障に見舞われ全エンジンの機能を失ってしまう。機体が急速に高度を下げる中、管制塔からは近くの空港に着陸するよう指示を受けるが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長は、ハドソン川への不時着を決断する。そしてみごと機体を水面に着水させ、全員の命を守ることに成功する。この偉業は「ハドソン川の奇跡」と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられた。ところがその後、サリーの決断は本当に正しかったのか…。(後は映画を観てください)



ハドソン00

 2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を、「ミリオンダラー・ベイビー」「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて映画化した感動ドラマです。離陸直後に両翼のエンジンが止まってしまう非常事態の中、サリー機長が瞬時の冷静な判断と卓越した操縦テクニックで、乗客乗員155人全員の命を救うまでの緊迫の一部始終と、その後の“英雄”サリーを待ち受けた過酷な試練の行方を描きます。共演はアーロン・エッカート、ローラ・リニー。



ハドソン03


たわごと03
祝・キネマ旬報2016 外国映画第1位!
 みごとにキネ旬の外国映画第1位を受賞した、クリント・イーストウッド作品。もちろん読者が選ぶではなく、評論家部門での受賞です。(読者が選ぶはまだ未発表です)がぁ、ワタシが想像してたのとはちょっと違う? 重くて、ズッシリとした重厚な社会派ドキュメントのような作りで、襟を正して鑑賞しなくてはと思ってました。それがさすが映画を知り尽くしているクリント・イーストウッドさん、きわめてわかりやすいストーリーとバランスの良い脚本で、「いい話」をエンターテイメントとして観せてくれました。そして最新鋭のIMAXカメラで撮影された映像が超リアル。リアリティーを追求する彼の映画に対する姿勢に敬意を表したいです。



ハドソン02


※カッパの勝手な採点は…、
もはや「イーストウッド」は、良作のブランド!

8点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1301-b068d4cf