カッパのみなソン
Selection vol.926



ふたりは殺し合う宿命…。
機動戦士ガンダム サンダーボルト
2015年日本



サンダー01

 宇宙世紀0079年、地球連邦とジオン公国による一年戦争は末期を迎えていた。サイド4のスペースコロニー群、ムーアはジオン軍の攻撃を受けて壊滅し、そこは大量のコロニーや戦艦の残骸が密集する暗礁宙域、通称「サンダーボルト宙域」と化してしまう。生き残ったムーア市民のひとりであるイオ・フレミングは、サンダーボルト宙域を奪還するために結成された地球連邦軍所属部隊ムーア同胞団のエースパイロットとして、ジオン軍との激しい攻防戦に参戦。一方、戦場で両足を失った過去を持つジオン軍の曹長ダリル・ローレンツも、リビング・デッド師団のエーススナイパーとしてイオと同じ戦場に立っていた。両軍のエースとして相対するイオとダリル。殺し合う宿命を背負った2人が壮絶な死闘を繰り広げていく…。(後は映画を観てください)



サンダー00

 「ビッグコミックスペリオール」連載の太田垣康男による同名漫画を原作とするアニメーション作品です。ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」シリーズで描かれた一年戦争を舞台に、サンダーボルト宙域の制宙権をめぐるジオン公国軍と地球連邦軍の戦いが、両軍それぞれのエースパイロットの視点を軸に展開されていきます。全4話構成の本作は、シリーズ初の4K作品としても話題になった。アニメーション制作はサンライズ。「革命機ヴァルヴレイヴ」の松尾衡が脚本・監督を手がけ、ジャズ・ミュージシャンの菊地成孔が音楽を手がけています。



サンダー02


たわごと03
大人のガンダム??
 数多くのスピンオフ作品を持つ、不滅の名作「ガンダムシリーズ」の中でも、極めて異質のこの「サンダーボルト」。連邦軍のイオ・フレミング(ガンダム)vsジオン軍のダリル・ローレンツ(サイコザク)の2人の戦いを描いた作品なのですが、本質は、ジャズvsポップスなんです。イオがジャズが好きでこいつが出てくるときはジャズが流れる、ダリルは反してポップス好き、ダリルが出てくるとポップスが流れる…、ガンダム史上初の音楽バトル。ストーリー的には、かなり不満もあり正直イマイチなのですが、ジャズとガンダム、そして劇画タッチの映像が斬新でカッコイイ!!



サンダー04



※カッパの勝手な採点は…、
映画としては、どうなんだろう ?
6点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1285-b3af0fc2