カッパのみなソン
Selection vol.924



再会の3500km、友と森を歩く
ロング・トレイル! 
2015年 アメリカ



ロング01

 長年英国で暮らしていた紀行作家のビルは、故郷の米国へ戻り、ほぼセミリタイア状態で悠々自適の生活を送っていた。しかし平穏な毎日に物足りなさを感じていた彼は、近くを通る北米有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」を踏破したいとの欲望がふつふつと湧き上がる。しかし全長は3500kmにも及び、順調に進んでも半年はかかる過酷な行程。最低でも同行者がいなければ許可できないという妻を納得させるため一緒に旅してくれる仲間を探すもなかなか見つからない。そんな中、40年来音信不通となっていたかつての悪友カッツが旅の相棒を買って出る。こうして老境を迎えたオジサン2人は、いざ過酷なロングトレイルへとその一歩を踏み出すのだった…。(後は映画を観てください)



ロング03

 人気ノンフィクション作家ビル・ブライソンのベストセラー紀行本「ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験北米アパラチア自然歩道を行く」をロバート・レッドフォードとニック・ノルティの共演で映画化したコメディドラマです。全長約3500kmの「アパラチアン・トレイル」踏破という無謀な冒険に挑戦した悪友2人が老体に鞭打ちながら繰り広げる珍道中の行方をユーモラスに綴ります。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」「だれもがクジラを愛してる。」のケン・クワピス。



ロング05


たわごと03
明日に向かって、歩け!
 ロバート・レッドフォードが主演・製作を務め北アメリカ有数の自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破を目指すシニア男性(オッさん)2人組の旅を描いたロードムービーです。日本的、いや四国的には、オッさん2人の「四国八十八ヶ所・歩き遍路」なのかなぁ?。そんな過酷な旅を、This is アメリカ人の2人の珍道中を面白おかしく観せてくれます。しかし、2人とも年取りすぎ、太り過ぎ、シワ多すぎ…、失礼ですが、余りステキではなく、かっこ悪い。それでも「目標を達成する事も大事だけれど、一日一日を大切にする…」を痛感させられました!?



ロング04



※カッパの勝手な採点は…、
いつの日か、旅する者へ…

六半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1283-0e806afa