カッパのみなソン
Selection vol.917



楽しい休暇になるはずだった。
ロスト・バケーション 
2016年 アメリカ



ロスト01

 医学生のナンシーは、亡き母が教えてくれた地元のサーファーしか知らない秘密のビーチで休暇を満喫しようとしていた。美しいロケーションと理想の波に、時が経つのも忘れてサーフィンに興じるナンシー。すると突然、何かにぶつかり脚を負傷してしまう。慌てて近くの岩場に避難したものの、傷口からは大量の出血が。しかし何よりも彼女を恐怖のどん底に陥れたのは、目の前を悠然と泳ぐ巨大なサメの影だった。岸までの距離はおよそ200メートル。しかも徐々に潮が満ち始め、岩場の面積はみるみる狭まっていく…。(後は映画を観てください)



ロスト02

 「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」のジャウマ・コレット=セラ監督が、巨大ザメに追い詰められ、小さな岩場で絶体絶命の窮地を迎えたヒロインの決死のサバイバルの行方を描いた戦慄のサスペンス・スリラー。主演はTV「ゴシップガール」、「アデライン、100年目の恋」のブレイク・ライヴリー。



ロスト04


たわごと03
静かすぎる恐怖…。
 ジャウマ・コレット=セラ監督と言えば、「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」なのですが、ワタシ的には、初期の作品「蝋人形の館」や 「エスター」が、オススメです。何なんだろう彼の持つ恐怖の世界観。敢えて言うなら、怖さへのテンポが実に良い。来るぞ、来るぞ…、いやまだまだ。のような恐怖の流れ。もちろんこの映画でも、そのテンポと流れが見事に生かされています。この手の映画では、定番なのですが、サメがサメとしてと登場するまでの「静」なる恐怖。そして一気に襲いかかる「動」の驚異。そのバランスが絶妙なんです。ハラハラ、ドキドキ、超シンプルで出汁の効いた一品です。



ロスト03



※カッパの勝手な採点は…、
レンタルすると、得した気分になれますよ!

七点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1275-d414f375