カッパのみなソン
Selection vol.76

全員、他人事じゃない。
桐島、部活やめるってよ 2012年日本

桐島01

 金曜日の放課後。バレー部ではキャプテンを務め、成績も優秀な学園の学園のスター桐島が、突然退部したらしいとの噂が校内を駆け巡ります。バレー部の部員はもちろん、バスケをしながら親友である桐島の帰りを待つ菊池宏樹たち帰宅部のイケメングループ、桐島の恋人で校内一の美人梨沙率いる美女グループにも動揺が拡がります。さらにその影響は、菊池への秘めたる想いに苦しむ吹奏楽部の沢島亜矢や、コンクールのための作品製作に奮闘する映画部の前田涼也ら、桐島とは無縁だった生徒たちにも及んでい行きます…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 人気作家・朝井リョウのデビュー作にして第22回小説すばる新人賞受賞のベストセラー連作短編集を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」の吉田大八監督で映画化した青春群像ドラマです。バレー部のエース桐島が突然退部したというニュースに騒然となるとある高校を舞台に、生徒たちの間に動揺が拡がる中で次第に浮き彫りになっていく学園内の複雑な人間関係を現代風に描いた新感覚な日本映画です。

桐島04

キネ旬第86回日本映画ベストテン 第2位。
 ご存知の通り「キネ旬」ベストテン選考には、評論家部門と読者選出部門があります。ワタシ的にはどちらかと言えば読者選出の方が興味深い順位ですが…。この作品は、ベストワンこそ取れませんでしたが、両方の部門で第2位。プロからも映画ファンからも認められた2012年度の日本映画の逸品です。

桐島02

桐島君は、マクガフィン !?
 確かに居ました、こんな男子、あんな女子…。そして「桐島」的な学園のカリスマ。しかし、そんなカリスマを敢えてマクガフィン(映画の表現に於いてどうでも良い事)として、なおかつ存在の無い存在として描く映画的手法は素晴らしいです。そして、思春期の会話と日常。どことなく痴愚なぐな空気感は青春を経験した大人達のココロをくすぐります。
そう少年達は、部活をやめただけでも事件なのです。




8点


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/127-bdd5f7b9