2016.10.17 デッドプール
カッパのみなソン
Selection vol.896



呼んだ?
デッドプール  2016年 アメリカ



デッジ01

 全身赤いコスチュームに身を包んだ男「デッドプール」。その正体は、かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェイド・ウィルソン。第一線を引退後はヒーロー気取りで悪い奴らをこらしめ金を稼ぐ気ままな日々を送っていました。そんな時、娼婦のヴァネッサと出会い本当の愛を知る…。しかし結婚を決意した矢先、末期ガンで余命わずかと診断されてしまう。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった…。(後は映画を観て下さい)




デッジ03

 マーベル・ヒーローの中でも型破りな悪童キャラでひときわ異彩を放つアンチヒーロー「デッドプール」を主人公に迎え、全米で空前の大ヒットとなった痛快アクションエンタテインメント大作です。利己的でどこまでも無責任な傍若無人男デッドプールが己の復讐に突き進み愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを掟破りのパロディネタを織り交ぜつつ、過激なバイオレンス描写と下ネタジョーク満載に描き出します。主演は「グリーンランタン」「ゴーストエージェントR.I.P.D.」のライアン・レイノルズ。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。



デッジ05


たわごと03
スーパーヒーローも変わったね ?
 いわゆるスーパーヒーローモノの「誕生編」なのですが、これがなかなか凝った演出。冒頭デッドプールの大暴れを見せておいて、彼がどのようにして不死身のパワーを身につけたかを中盤に持ってきて、クライマックスに大爆発!! アンチヒーローらしい見せ方に、まずはアッパレ。そして下品で、グロい、最低のヒーローの描き方も良い感じですね。昨今の悩める正統派ヒーロー達とは全く異なるヒーロー像をさり気なくリアルに描いています。最初から最後までフザケっぱなしなのですが、それなりの感動、そして驚く事に何故か爽やかなラストです!!




デッジ02



※カッパの勝手な採点は…、
ヒーロー達も大変ですね !?

七点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1250-27a90d91