2016.08.06 天の茶助
カッパのみなソン
Selection vol.860



運命を、書き直す。
天の茶助 2014年 日本



茶助01

 天界では数え切れないほど多くの脚本家が下界の人間一人ひとりの「人生のシナリオ」を書いていた。下界の人々はそのシナリオ通りに人生を送っていたのでした。茶助は、そんな脚本家たちに茶を配る天界の茶番頭。ある日、茶助が気に掛けていた口のきけない可憐な女性・新城ユリが、彼の不用意な発言が原因で交通事故死する運命に陥ってしまう。そこで自ら下界に舞い降りユリを助けてしまおうと大胆不敵な行動に出る茶助だったが…。(後は映画を観て下さい)



茶助04

 「弾丸ランナー」「ポストマン・ブルース」のSABU監督が沖縄を舞台に贈るハートフルファンタジーコメディです。人々の人生は天界にいる多くの脚本家が書くシナリオで決められているとの奇想天外な設定の下、天界の茶番頭が、ふとした弾みから死ぬ運命に陥ってしまったヒロインを救うべく下界に降臨し天界に反旗を翻して繰り広げる大騒動の行方を描く。主演は「うさぎドロップ」に続いてのSABU監督作品となる松山ケンイチ。共演に大野いと。



茶助03

たわごと03
脚本と言う、人生を書き直す !
 思っていた以上に暴力シーンがあります。ただ、SABU監督の素晴らしい光と影…、過激な暴力シーンも、なんとなく芸術的に魅せてくれます。「脚本」という用意された人生に真っ向から立ち向かい、人々を救うために身を犠牲にして奮闘する主人公に分かっていても感動します。少々過激すぎる「絵空事」なのですが、逆境や窮地に立たされた時、人生に立ち向かう勇気をくれる作品ですね。



茶助02



※カッパの勝手な採点は…、
松山ケンイチさん…、らしい映画ですね !

カッパ採点7点






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1209-4d036a0f