ドラマのツボ
 part.86



感動のヒューマンドラマ!
HOPE 期待ゼロの新入社員
2016年 夏フジテレビ



ホープ01

 幼いころ囲碁に出合い夢中になった一ノ瀬歩は、やがて日本棋院の院生となりプロ棋士を目指して青春のすべてを囲碁に捧げてきた。ところが高校生のころに父親が病気で他界。歩は、苦しくなった家計の助けになるようアルバイトをしながら囲碁の勉強を続けることに。日本のプロ棋士採用試験は23歳未満しか受けられない年齢制限があった。22歳になった歩はアルバイトも辞め不退転の決意で囲碁に励んだ。しかし、試験前夜に母・夕紀が過労で倒れてしまい、動揺した歩は試験にも落ちてしまう。夢を失い、失意のままアルバイト生活を続ける歩の姿に胸を痛めた夕紀は知人のつてを頼り総合商社・与一物産で最終段階を迎えている採用試験を受けられるようにする。試験内容は1ヵ月のインターンシップ…。研修生として実際に働きその働きぶりを勘案して採用の可否を決めるというものでした…。(後は映画を観て下さい)



ホープ04

原作は韓国で社会現象を巻き起こした
感動のヒューマンドラマ!

 このドラマは、2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送された連続ドラマ「ミセン-未生-」が原作です。もともと「ミセン-未生-」は、韓国内では「サラリーマンのバイブル」と称される大ヒット同名WEBコミックをドラマ化したもので囲碁のプロ棋士になれなかった青年が総合商社で働くこととなり彼がひとりの会社人として成長していく様を描いたヒューマンドラマです。



ホープ03

たわごと03
なぜか、琴線にふれる…。
 ドラマ不振に喘ぐフジテレビが日曜の9時に仕掛けてきたのは、この「HOPE 期待ゼロの新入社員」…。ワタシにはよくわかりませんが「Hey Say JUMP」の中島くんが出演してるのが売り? のよく在るドラマなんだろうと全くのノーチェックでした。がぁ、ある晩、いつものブログを書きながら奥様至福のドラマ観賞(録画)を横目でチラチラ…、その内チラチラが、いつの間にかワクワクに。何なんだろう、別に目新しさもある訳ではなく、脚本も普通の結構地味なドラマ。それでもサラリーマン経験者には痛い程分かる「会社」という「小さな社会」。かつてサラリーマンを経験したワタシには当たり前だけどなぜか新鮮で琴線に触れる。これが韓国ドラマの秘めたパワーなのでしょうか!?



ホープ02




※カッパの勝手な採点は…、
月曜の朝が、変わる…??

カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1207-28a3eec5