カッパのみなソン
Selection vol.857



口先ひとつで、世界を変えた男。
スティーブ・ジョブズ 
2015年 アメリカ

ジョブズ00

 1984年。Macintosh発表会の40分前。「ハロー」と挨拶するはずのマシンが何も言わず激高するジョブズ。マーケティング担当のジョアンナは、そんなジョブズにいつも振り回されてばかり。するとそこにジョブズの元恋人クリスアンが娘のリサを連れて現われる。いまや公然の秘密である娘の認知を頑なに拒絶するジョブズだったが…。(後は映画を観て下さい)



ジョブズ03

 「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイル監督が独創的な発想で数々の革新的商品を生み出し人々の日常生活に革命をもたらしたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る異色の伝記ドラマです。主演は「SHAMEシェイム」のマイケル・ファスベンダー、共演にケイト・ウィンスレット。スティーブ・ジョブズの人生において大きな転換点となる3つの新作発表会に焦点を絞り、それぞれの本番直前の舞台裏を描く斬新なスタイルで、スティーブ・ジョブズの仕事と家族を巡る葛藤と信念を浮き彫りにしていきます。



ジョブズ02

たわごと03
ジョブズの強さと弱さ。
 2013年版の「スティーブ・ジョブズ」は、伝記・ドラマ映画でしたが、このダニー・ボイル監督が描く「スティーブ・ジョブズ」は、ジョブズの心の物語です。アップル創業者として有名なスティーブ・ジョブズが何度か大きな失敗を繰り返しながらも次第に成功してゆく過程を新製品発表会に絞って描いています。歴史的な三度のプレゼンの直前だけを描き、それを繋げる事で彼の成功と苦悩を見事に映画として観させてくれます。本作でオスカーにノミネートされているジョブズ役のマイケル・ファスベンダーと彼のアシスタントであるジョアンナ役のケイト・ウィンスレット二人の言葉の演技が絶品です!!



ジョブズ01



※カッパの勝手な採点は…、
ジョブズ亡き、アップルが不安…。

七点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1204-db0e3132