2013.02.10 苦役列車
カッパのみなソン
Selection vol.69

友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ…
苦役列車 2012年日本

苦役01

 1986年。日雇いの肉体労働でその日暮らしの生活を送る19歳の青年、北町貫多。稼いだお金も家賃より先にお酒と風俗に消えてしまうぐうたらな日々。そんなある時、職場で新入りの専門学生、日下部正二と知り合い意気投合します。初めて友達らしい付き合いをするようになります。やがて貫多は日下部に協力してもらい、秘かに想いを寄せる古本屋の女性桜井康子とも友達になることに成功…(後は映画を観て下さい)


たをごと02
 第144回芥川賞を受賞しその放埒な言動とともに作者自身のユニークなキャラクターも話題となった小説作家・西村賢太の同名ベストセラーを「モテキ」の森山未來が超熱演!! 「リアリズムの宿」「深夜食堂」の山下敦弘監督で映画化した80年代の青春ドラマです。共演の高良健吾、前田敦子も最高です。

苦役05

80年代のリアルな青春像。 
 社会の底辺に生きる不器用な青年の恋と友情を巡る屈折した青春模様を赤裸々かつほろ苦いタッチで描かれています。まさにワタシの青春時代…、しかしこんなにも80年代って汚かった? 当たり前のタバコの煙と小汚いスナックと風俗。美しかったはずの青春が…。


苦役02

前田敦子にあっぱれ !
 彼女のファン達からは、賛美両論らしいですが、ワタシ的は正直驚きました。彼女の存在を意識した訳ではないのですが、この映画は彼女の初々しい演技で助けられています。確かにワタシ達の青春期にいました。本屋でバイトしている桜井康子のような直向き女の子と、日下部くんの彼女の様に時代と若さに勘違いしている女の子…。前田敦子は、桜井康子を演じることで、アイドルタレントから女優へと見事な成長を魅せてくれました。

ラストは、なんと「マルコヴィッチの穴」?
 ネタバ注意ですが、ラストシーンは摩訶不思議…。近いうちに「マルコヴィッチの穴」を見直してみます。偶然ですが、ついこの前「マルコヴィッチの穴」のDVDボックスを本棚から取り出した所でした…。



8点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/120-4f7b87df