FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.68

どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。
秒速5センチメートル 2007年 日本

秒速00

 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。ふたりだけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていきました。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行きます。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

圧倒的なクオリティ…。
 光や背景のディテールにこだわりぬいて、丁寧にに描きこまれたアニメーションです。新海誠監督は、監督から声優、脚本すべて担当したデビュー作『ほしのこえ』のクォリティの高さでアニメファンを驚かせ、この作品であのジブリを超えるクオリティの高いジャパニメーションを完成させました。

秒速02

「ねえ、秒速5センチ何だって。
 桜の花が落ちるスピードて…」

 タイトルの意味が明里の言葉によって説明されるところから物語がスタートします。少し科学的で彼らしい表現です。このシーンを観ただけで新海監督のメッセージが感じることが出来ます。眩しすぎる程に純粋で…、忘れていた何かを思い出し、ココロがざわめきます。これが新海アニメなのです。

秒速04

意外と男子にウケる…
 かつて愛した女性をいまでも忘れられないすべての男性に好まれる作品かも知れない。男は女よりずっとロマンチストであり、センチメンタル…。ぜひこの作品を観て青春時代を思い出して下さい。
 エンディングの山崎まさよし「One more time,One more chance 」で、また泣けます。


七半






スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/119-c3d891bb