カッパのみなソン
Selection vol.827



占拠された最上階のペントハウス。
ブラインド・フィアー 
2012年 アメリカ




ブラインド00

 アフガニスタンで取材活動中に失明してしまった女性報道カメラマンのサラ・フロスト。帰国後は高層ビル最上階の高級ペントハウスで恋人のライアンと穏やかな日々を送っていました。ところが大晦日、買い物から帰宅した彼女はライアンが何者かに殺されたことに気づく。しかも犯人はなおも部屋に潜んでおり、ほどなくサラは拘束されてしまいます。2人組の犯人グループはライアンが横取りしたものを返せとサラに迫る…。(後は映画を観て下さい)



ブラインド02

Mi:lll vs バッドマン
「Mi:lll」「ミッション:8ミニッツ」のミシェル・モナハンが、ある目的で自宅に押し入ってきた冷酷な犯罪者を相手に孤立無援のサバイバルを繰り広げる盲目のヒロインを演じたサスペンススリラーです。共演は「ビートルジュース」「バットマン」のマイケル・キートン。監督は「愛がこわれるとき」「フォーガットン」のジョセフ・ルーベン。


ブラインド01


たわごと03
逃げ道は、ない…??
 映画ファンなら、誰もがオードリーの名作「暗くなるまでまって」を思い浮かべるシチュエーションなのですが、ちょっと比べるには乏しいですね。ただ決して面白くない訳でもなく、それなりに頑張った秀作です。残念なのは、物語が進む上で絶対的なキーワードでもある「見えない」が、ぼやけてしまう事でしょう。「見えない恐怖」を描きながら、「見えない」が邪魔になっている気もします。ストーリーとは別に、ミシェル・モナハンの盲目の演技よりも、やたらと喋る悪党を演じるマイケル・キートンが、別の意味で怖い気がします!!


ブラインド03



※カッパの勝手な採点は…、
猫さんが、生きてて良かった。

カッパ採点7点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1168-aa015402