カッパのみなソン
Selection vol.826



クリムトが描いた、一枚の肖像画。
黄金のアデーレ 名画の帰還 
2015年 アメリカ・イギリス



アデール01

 ユダヤ人女性のマリア・アルトマンは、ナチスに占領された祖国オーストリアを捨て夫フリッツとともにアメリカへの亡命を果たす。1998年、82歳となったマリアは亡くなった姉ルイーゼがオーストリア政府に対してクリムトの名画「黄金のアデーレ」の返還を求めていたことを知る。それは、マリアの伯母アデーレの肖像画で第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものでした。マリアは姉の思いを受け継ぐことを決め駆け出しの弁護士ランディに協力を仰ぐ事に。しかし、その名画は「オーストリアのモナリザ」と称される至宝…。(後は映画を観て下さい)



アデール03

 クリムトの名画「黄金のアデーレ」が、辿った数奇な運命に秘められた驚きの実話を映画化した感動のドラマです。ナチスに略奪された「黄金のアデーレ」の正当な持ち主として名乗り出た82歳の女性マリア・アルトマンが駆け出し弁護士ランドル・シェーンベルクとともにオーストリア政府を相手に一歩も引かない返還闘争を繰り広げるさまと、激動の時代を生きたマリアとその家族の物語を描きます。主演は「クィーン」のヘレン・ミレンと「リミット」のライアン・レイノルズ。共演にダニエル・ブリュール、タチアナ・マズラニー、ケイティ・ホームズ。監督は「マリリン7日間の恋」のサイモン・カーティス。



アデール02

たわごと03
私は「家族」を取り戻す…。
 どうしても、同じようなテーマの「ミケランジェロ・プロジェクト」と比べてしまう…? がぁワタシ的には、こちらの方が圧倒的に面白い!! クリムトの代表作の一つ、金箔に覆われたアデーレ、オーストリアの至宝とされた名画にまつわる秘話を映画化した非常に興味深い作品です。丁寧かつ巧妙な脚本も勿論ですが、ヘレン・ミレンがさすがに上手です。お年を感じさせないパワフルで知的な演技を魅せてくれます。一枚の名画を取り戻すことで「家族」だけではなく、世界を動かした!!


※カッパの勝手な採点は…、
戦争と芸術を改めて考えさせられました…。

七点半




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1166-bfae9a73