2013.02.05 ザ・ディープ
いつかみた映画
【其の二三】

知られざる深海にいま、未曾有の恐怖が襲いかかる !
ザ・ディープ 1997年アメリカ

ディープ01 フロリダ沖でダイビングを楽しむゲイルとデヴィッドの新婚カップル。彼らは海底で沈没船を発見し、そばにあったスペインの古銀貨と黄色い液体の入った容器を持ち帰ります。すると、暗黒街のボス、クローシュが容器の方を買い取りたいと…、そこで夫婦は沈没船に詳しいトリースという男を訪ね、その船には高額に及ぶ麻薬が積まれていたことが判明します。そして間もなく彼らはクローシュ一味に、船から容器を全部拾ってくるよう脅されてしまう…(後は映画を観て下さい)


たをごと02

ディープ02

 大ヒット作「JAWSジョーズ」に次ぐP・ベンチリー原作の映画化だけに注目を集めましたが、その内容はバミューダを舞台にしたスタンダードな海洋サスペンスでした。しかしP・イエーツの手堅い演出と大規模な水中セットの迫力で、冒険映画としての水準は十二分に保っています。ドナサマーが歌う主題歌もカッコ良い。

当時映画館は、大人への入り口だった。
 ワタシ事ですが、この頃観た映画が、今でも一番鮮明に覚えています。1977年…確かスターウォーズ公開の年。アメリカ映画を中心に映画が華やいだ時期でした。そして、ワタシも子供から少年へ…。見る映画も多少変わっていました。当時クラブ活動の合間、地元の映画館へ独りで行く。まさに映画少年そのものでした。しかし、昨今では「映画館へ行く」その当たり前の行為が激変。映画ファンとしては寂しい気もします。年間200本近く鑑賞しますが、映画館で観た作品は、10本以下です。殆どがメディアによる鑑賞…、今年は出来るだけ映画館へ行こう!! 2013年の目標です。

ディープ03

 話は飛びますが、この映画の最初と最後は、意外と好きです。オープニングのダイビングシーン、このシーンだけでも「あぁ〜映画を観た」という気分になります。そして最後の判りきったシーンでも「映画を楽しんだ」という満足感で浸ります。ぜひ大きな画面でご覧下さい。




肝心な映画は…
6点




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/115-4c5aefdf