2016.04.30 007 スペクター
カッパのみなソン
Selection vol.813



コードネームは、007…
007 スペクター vol.2
2015年イギリス・アメリカ



007.jpg

「死者の日」の祭りでにぎわうメキシコシティで凶悪犯スキアラと大立ち回りを演じたジェームズ・ボンド。後日、MI6の本部に呼び出され、Mから職務停止を言い渡されてしまう。折しもロンドンではスパイ不要論を掲げるマックス・デンビが国家安全保障局の新トップとなり、MI6をMI5に吸収しようと画策していました。表立って活動することができなくなったボンドでしたが、マネーペニーやQの協力でローマへと飛び、そこでスキアラの未亡人ルチアと接触、強大な悪の組織の存在を突き止めるが…。(後は映画を観て下さい)



007-00.jpg


たわごと03
ふたりのボンドガール。
 Amazonから届いていた「007スペクター」。劇場ではもちろん吹替え版を観賞、折角の再観賞なので敢えて「日本語吹替え版」で観賞させて頂きました。吹替え版だとそれ以上にストーリーの深さを味わえました。がぁ、今更映画がどうのこうのではなく、対照的な二人のボンドガールの魅力に圧倒されました!!


352378_01_09_02.jpg

ボンドレディ…? モニカ・ベルッチ。
 大学在学中にモデルのアルバイトを開始し芸能界へ。数年間のモデル生活を経て90年にTVドラマで女優デビューし、同年「Briganti」で映画デビュー。以後、コッポラ監督の「ドラキュラ」「アパートメント」などイタリア国内外でキャリアを重ねる。97年には後の夫となるバンサン・カッセルと共演した「トーベルマン」が世界的に大ヒットし、世界的な名声を得る。以後「マレーナ」「アレックス」「ティアーズ・オブ・ザ・サン」「マトリックス」の続編の2作など話題作に出演されてたいます。そして50歳でのボンド・ガール出演は同シリーズで最年長記録です。

大抜擢、レア・セドゥ !
 そしてワタシの一押しボンドガール、レア・セドゥ。レア・セドゥが演じるは、ボンドと敵対する組織に所属するミスター・ホワイトの娘、マドレーヌ・スワン役。このシリーズのボンドガールの中で最も重要な役割を演じるはレア・セドゥ演じるミスター・ホワイトの娘とのこと。透明感溢れるレア・セドゥの魅力は必見です!!



※カッパの勝手な採点は…、
フォースの覚醒も吹替え版で観てみよう !

8点半





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1148-6705f7c4