カッパのみなソン
Selection vol.798



世紀の対決。
バットマン vs スーパーマン 
ジャスティスの誕生 2016年アメリカ



ジャスティス0

 メトロポリスで新聞記者として働く真面目な青年クラーク・ケント。しかし、その正体はスーパーパワーを秘めたクリプトン星人だった。第二の故郷・地球でスーパーマンとして幾度となく人類の危機を救ってきた彼だったが、その超人的なパワーが皮肉にも潜在的な人類最大の脅威ともなっていく…。そんな状況に危機感を抱くのが莫大な資産と強靱な肉体を武器に、闇の騎士バットマンとなりゴッサム・シティの平和を守ってきた大富豪のプレイボーイ、ブルース・ウェイン。やがてスーパーマンとバットマンの対立が決定的となる中、恐るべき陰謀が秘かに進行していく…。(後は映画を観て下さい)



ジャスティス03

 DCコミックスが誇る2大スーパー・ヒーロー、バットマンとスーパーマンがスクリーンで激突する夢の企画が実現したSFアクション大作です。スーパーマン役は前作「マン・オブ・スティール」に続いてヘンリー・カヴィル。一方バットマン役には「アルゴ」「ゴーン・ガール」のベン・アフレック。共演にエイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット。監督は「300 スリーハンドレッド」「マン・オブ・スティール」のザック・スナイダー。



ジャスティス04



たわごと03
本気モードのワーナーとDC…。
 確か「マン・オブ・スティール」のクライマックスのゾッド将軍との格闘で、過激すぎる戦いを演じた記憶が…、人命救助に欠けるスーパーマンに多少の違和感を憶えた事を思い出しました。そして、そんな違和感こそが、この映画のはじまりなのです。ダークなイメージと闇を持つ孤独なダークヒーロー、バットマンと愛と正義に悩むスーパーマンとが壮絶に戦います…。もう何でもありの漫画的なお気軽な娯楽作品と思いや、いゃ〜これぁ、侮れない。光と影の戦い、正義と正義の屈折した想い。互いの世界観を見事に重なり合わせ、手抜きなしの本気モードの飽きれた秀作です。そしてサプライズは、超魅力的で美しすぎるワンダーウーマンまでも参戦…。良いと悪いとよく分からないが観賞しながら交差しますが、この映画は、それ以上のパワーを持っています!!



ジャスティス02



※カッパの勝手な採点は…、
ベン・アフレックのバットマン良いですね !


七点半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1128-b9ab71f1