カッパのみなソン
Selection vol.65

かつて世界が羨むような、眩い男たちが日本にいた。
ラストサムライ 2003年 アメリカ

侍01

 明治維新直後の日本。政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れることを決断します。一方で前時代的な侍たちを根絶させようと企んでもいました。そんな中、政府は南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉を政府軍指導のため招聘します。彼はさっそく西洋式の武器の使い方などを教え始めますが、勝元盛次率いる侍たちの不穏な動きに焦る政府は、オールグレンの忠告を無視し、急造軍隊を侍掃討に送り出します…(後は映画を観て下さい)


トム01異国から見たサムライ。
 トム・クルーズが武士道精神をテーマに、自ら製作と主演を兼ねた米国産の日本時代劇です。政府軍に西洋式の戦術を教えるため来日した米国将校が、時代に抗い自らの名誉に生きるサムライに感銘を受け、やがて彼らと運命を共にしていく姿を壮大なスケールで描きます。監督は「グローリー」「レジェンドオブフォール」のエドワード・ズウィック。共演に渡辺謙、真田広之、小雪。



たをごと02

侍02

日本が忘れてしまった、日本人。
 何と言ってもこの映画での渡辺謙、真田広之が素晴らしい。映画の内容に関しては賛否両論だと思いますが、この二人と小雪…。ワタシ達日本人が忘れた心をトム・クルーズが見事に教えてくれました。

侍04

ちょっと一言 !
 渡辺謙、真田広之は、多分ワタシと同年代。彼らはラストサムライ。ワタシは映画カッパ…。これで良いのでしょうか…(少し情けない)


七半






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/111-a4f35573