2016.02.21 泣く男
カッパのみなソン
Selection vol.796


その殺しの報酬は、購(あがな)い。
泣く男 2014年韓国



泣く男01

 幼い頃に中国系犯罪組織に拾われ殺し屋として育てられたゴン。その氷の心であらゆる殺しを完璧に遂行してきた。ところがある日アメリカでの任務遂行中に誤ってユミという幼い少女の命を奪ってしまう事に…。予想外の事態に動揺を隠せないゴンだったが、そんな彼に組織から下された新たな指令はユミの母親であるモギョンを抹殺せよというあまりにも非情なものでした。自らの心の揺れを押し殺し、これを最後の仕事と決めモギョンを追って祖国韓国へと向かうゴン…。(後は映画を観て下さい)




泣く男02

 「アジョシ」で世界的に高い評価を受けたイ・ジョンボム監督が、主演に「ブラザーフッド」のチャン・ドンゴンを迎えて贈る哀切のハードバイオレンスクライムアクションです。組織によって冷徹な殺人マシーンとして育てられた孤独な殺し屋が、ひとつのミスによって初めて罪の意識と哀しい記憶を呼び覚まし、やがて組織との壮絶な戦いに身を投じていく姿を迫真のアクションとともにリアルかつエモーショナルに描き出します。



たわごと03
男は、みんな泣き虫だ !
 「アジョシ」に比べると…という否定的な評価が目立つ本作なんですが、すみません「アジョシ」観てません…。がぁ、これはこれで、ワタシ的には十分に堪能できました。毎度の事、韓国映画の凄まじいパワーと秘めた可能性を大いに感じる意欲作です。ただ、少々荒削りの不分も気になります…。少々、脚本に無理無駄があるのかなぁと思います。ただ、この映画の邦題の通り、いちばん描きたいのは「泣く男」なんです。その表現方法が、余りにも大げさ過ぎて、ちょっと現実味に欠けてしまうのは少々残念ですね。それでもゴンの理解者の1人として、やっぱり最後はモギョンの腕に抱かれて死なせて欲しかった…。それはきっと泣きたいオッサン達の願望だと思います!!



泣く男03



※カッパの勝手な採点は…、
戦闘シーンが、長すぎ… ?

カッパ採点7点





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1099-d7ab60b7