2016.01.20 家族ノカタチ
ドラマのツボ
 part.68



様々な「家族のカタチ」を応援 !
家族ノカタチ 
2016年1月〜 TBS



家族01

 それは文具メーカーに勤める39歳独身・永里大介にとって、待ちわびた日でした。長年の努力が結実し、遂に念願のマンションを購入したのでした…。業者との荷物の運搬作業中に空から1枚の女性用ガードルが降ってくる。上方を見上げると5階のベランダから覗き込む女性の影が…。大介はすぐに彼女の部屋まで届けに行きますが、乱暴にガードルをひったくられドアが閉ざされる。これが大介と商社OL32歳独身・熊谷葉菜子との出会いであった…。(後はドラマを観て下さい)



家族03

「結婚できない男」vs「再婚しない女」
 香取君が演じる主人公・永里大介は、結婚に超後ろ向きな39歳独身だが決してモテない男ではない。しかし、本気で「1人がいい」と考え、この年でわざわざ自分の生活圏内に他人を迎え入れるリスクを犯したくないと自分の城を守るようにこだわりに満ちたシングルライフを満喫しています。そして、物語を盛り上げるもう1人は、上野演じる大手商社に勤務する32歳バツイチ独身OL・熊谷葉菜子。一人身である事に明確な意思を持つ「再婚しない女」で老後の生活もすでに準備中。自らの仕事に対する責任感は強くハードワークをこなす一方、他人にも厳しいクレーマー気質の持ち主です。そんな大介と葉菜子の2人は出会った直後から何故か常に喧嘩が絶えないが実は似た者同士の部分も多々あり、そんな2人の関係がどうなっていくのかは本作の大きな見どころとなります!


たわごと03
高視聴率枠を託された… ?
 視聴率がとれないドラマと言われながらも、この日曜9時「日曜劇場」は別格です。前のクールでは、ご存知「下町ロケット」が20%越えの大健闘をみせ、これぞ「ドラマのTBS」の地位を確固たるものしました。そして今回は「日曜劇場」お得意の「家族」です。企画構成の凹凸なのか、製作者たちの想いなのか? あるタイミングで必ず登場する切り口です。ただ今回は、今世間が大注目のSMAPの香取慎吾さんをと、演技派としても注目される俳優・上野樹里さんが主役、そして脇には、日本映画屈指の大ベテラン・西田敏行さんと風吹ジュンさん…。地味なテーマを渾身のキャスティングで盛り上げます。


家族02

それでも、初回は9.3%… ?
 話題性もあり前回の「下町ロケット」の流れもあり…、のはずだけど、初回の平均視聴率は9.3%。さすがにこの数字は、関係者たちには厳しかったはず…。でもワタシ的にはとっても好きなテイストです。かつて好きだった「結婚できない男」を彷彿する主人像。今まであった様な家族関係を二つの家族を、戦わすことで違った描写をする…、結局いつの時代も家族は家族なんだ…。そんなシンブルな結論へどのようにしてたどり着くのかが楽しみです!!


家族04



※カッパの勝手な採点は…、
数字に負けないで !

カッパ採点7点



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1076-ba581a87