カッパのみなソン

Selection vol.729


今どきの家族の肖像。
ハッピーエンドが書けるまで
2012年アメリカ



ハッピー01

 小説家のビル・ボーゲンズは3年前に離婚した元妻エリカのことが忘れられず他の男に走った彼女に今もつきまとう日々…。念願の処女作が、出版されることになった大学生の娘サマンサは両親の離婚が原因で愛を信じられなくなっていました。好意を寄せてくれる同じ大学の青年ルイスが相手でも恋愛なんて考えられなかった。一方、高校生の息子ラスティは想いを寄せる同級生のケイトに告白することもできず、ただ日記に綴るだけ…。(後は映画を観て下さい)



ハッピー02

 監督2作目の「きっと、星のせいじゃない。」が世界的大ヒットとなったジョシュ・ブーンがその2年前に撮り上げた監督デビュー作にして、フレッシュな若手キャストと実力派俳優陣の豪華アンサンブルで贈るコメディドラマです。両親の離婚が影を落とす一組の家族の悩み多き日常と、親と子どもそれぞれの恋の行方をユーモアを織り交ぜつつほろ苦くも優しいタッチで綴ります。出演は「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマン、「きっと、星のせいじゃない。」のナット・ウルフら売り出し中の若手に離婚した両親役でグレッグ・キニアとジェニファー・コネリー。


たわごと03
それぞれの家族の絆…。
 「きっと星のせいじゃない」〈自分リンクでスミマセン〉でスマッシュヒットを飛ばした、ジョシュ・ブーンの監督が脚本も手がけたの3年前の処女作です。ラブストーリーというより、作家達の「家族の肖像」。もちろん絵画ではなく小説としての描かれますが、それはそれでなかなか良いものです。ワタシ的にはヒット作「きっと星のせいじゃない」よりもこっちのこっちの方が好きです。そして驚きはあの超売れっ子作家が声の主演…? 本当に本人なんでしょうか!!


ハッピー03



※カッパの勝手な採点は…、
音楽も良いですよ!?

七点半



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kappacinema.blog.fc2.com/tb.php/1013-21a9497d