FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1201



たった三度会ったあなたが、誰よりも深く愛した人だった。
マチネの終わりに 2019年日本



マチネ01

 天才クラシックギタリストの蒔野聡史は、その名を世界に轟かせる一方、キャリアの節目を迎える中で自分の音楽に迷いが生じて苦悩を深めていた。ある日、公演を終えた彼は、パリで活躍するジャーナリストの小峰洋子と出会い、強く惹かれてしまう。しかし彼女には婚約者がいた。それでも洋子への高まる想いを抑えきれない蒔野は、やがて洋子の前で素直な気持ちを言葉にするのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



マチネ02

 芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラーを「そして父になる」の福山雅治と「死にゆく妻との旅路」の石田ゆり子の主演で映画化した大人のラブストーリーです。東京・パリ・ニューヨークを舞台に、世界的天才ギタリストと女性ジャーナリストが、運命に翻弄されながら繰り広げる6年にわたる切ない愛の軌跡を、美しくもほろ苦い筆致で綴る。共演は伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行。



マチネ03


たわごと03
人生の後半が始まる…。
 我が家(奥様)で、かなりの影響力をもつ福山雅治氏。彼が主役の珠玉??の一本。遅ればせながら、観させて頂きました…、岩井俊二監督の「ラストレター」は、確か公開日初日に劇場に駆け付け観させて頂きましたが、このラブストーリーは、オッサンの「照れで」? さすがに遠慮させて頂き、公開初日に奥様お一人で劇場鑑賞をして頂きました。まぁ、それはそれとして、遅ればせながら観させて頂いた大人のラブストーリー「マチネの終わりに」…。映画だけには、くそ真面目なワタシとしては、まずは下調べとしてタイトルの意味をネット検索。なるほどね、「マチネ」とは、もともとフランス語で「午前中」を意味する言葉だそうですが、現在は演劇などの世界で「昼の公演」という意味で広く使われているそうです。と言うことは「マチネの終わりに」は、昼公演が終わる午後3時から4時ごろと、人生の後半が始まる40代ごろとを重ね合わせてつけられた題名だそうです。また、今回の撮影は最新のデジタルカメラを使わず、35ミリフィルムでの撮影だと知り、何となく、そして意外にも興味津々の鑑賞の運びとなりました…。



マチネ05

過去は不変ではなく、未来によって変わっていく。
 結論から書きます、ワタシ的にはキライでは無く、むしろ好きな映画の1本です。映画が醸し出す空気感や匂いは、さすがは西谷弘監督の職人技が光ります。ただ、どうなんだろう、原作を読んでないワタシが語るのもおこがましいのですが、物語の見えない部分、行間??が描けてなく、原作の文章を上手になぞった…?? 失礼ですが物語の深みが欠けているような気もします。ただ、それが決して間違ってはない?? のだとも思います、もちろん商業映画です、限られた尺(上映時間)の中で表現しなければいけません。福山雅治さんと石田ゆり子さんの男女の情愛に絞り込んだのでしょうね。ただ、この映画の根っことも言えるキーワード、「過去は不変ではなく、未来によって変わっていく」は、ワタシは凄く好きです。



マチネ04


※カッパの勝手な採点は…、
スマホを忘れただけなのに…?
カッパ採点7点




スポンサーサイト