FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1189



タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 
2019年アメリカ



ハリウッド01

 落ち目のTV俳優リック・ダルトンは、なかなか復活の道が拓けず焦りと不安を募らせる。情緒不安定ぎみな彼を慰めるのは、リックのスタントマンとして公私にわたって長年支えてきた相棒のクリフ・ブース。固い絆でショウビジネスの世界を生き抜いてきた2人だったが、このままでは高級住宅地にあるリックの豪邸も手放さなければならなくなる。そんな彼の家の隣には、時代の寵児となった映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で新進女優のシャロン・テートが越してきて、彼らとの勢いの違いを痛感するリック。一方クリフはヒッチハイクをしていたヒッピーの少女を拾い、彼女をヒッピーのコミューンとなっていた牧場まで送り届けてあげるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



ハリウッド02

 「パルプ・フィクション」「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ監督が、1969年のハリウッドを舞台に、古き良き60年代アメリカへの愛を描いたノスタルジックエンタテインメントです。有名な“シャロン・テート殺人事件”を背景に、復活を期す落ち目のTV俳優と、長年彼のスタントマンを務めてきた男の友情の行方を、虚実を織り交ぜつつ郷愁あふれる筆致で描き出します。主演はこれが初共演となるレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット。ヒロインのシャロン・テート役にマーゴット・ロビー。



ハリウッド03


たわごと03
むかしむかし、ハリウッドに…!?
 今も時めく二大スター、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット…、意外にもこれが初共演なんですね。それも映画の申し子クエンティン・タランティーノ監督の超意欲作で共演とは、なんともステキです。そして二人とも、それぁ、もちろん快心の演技。ご存じの通り、ブラッド・ピットは、第92回アカデミー賞助演男優賞を受賞。ただ、主演のディカプリオだって主演男優賞を貰っても可笑しくない程の熱演、ワタシ的には彼の主演作の中で今までで一番好きです。
 リック・ダルトン(ディカプリオ)は落ち目のTV俳優。イタリアのマカロニウエスタンに出稼ぎに行こうか迷っている…、落ち目とは言え、リックは豪邸で贅沢三昧。一方リックのスタントマンのクリフ(ブラッド・ピット)は、リックの精神的親友ではあるが、トレーラー暮らし…。この格差が物語のキーワードかなぁ?もちろん人気絶頂のスター・シャロン・テートを妻に持つロマン・ポランスキー監督もヒッピーの教祖でカルト教団の教祖チャールズ・マンソンも見事に絡んできます。そしてラストはタランティーノらしく、バイオレンスとサプライズ…。いろんなエピソードがてんこ盛の161分にもおよぶ超大作です、気合いを入れてご鑑賞くださいね!



ハリウッド04


※カッパの勝手な採点は…、
実は初期編集版は、4時間20分だった??
8点



スポンサーサイト