FC2ブログ
2019.12.30 空母いぶき
カッパのみなソン
Selection vol.1182



運命の24時間。
空母いぶき  2019年日本



いぶき01

 20XX年、12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が他国に占領される事態に。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じる。その旗艦は、自衛隊初の空母という存在から、“専守防衛”を巡って国論を二分する議論の的となっていた“いぶき”だった。航空自衛隊出身の艦長・秋津竜太一佐と、海上自衛隊生え抜きの副艦長・新波歳也二佐は、やがて想定を超えた戦闘状態に直面し、国の命運がかかったぎりぎりの判断を迫られていくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



いぶき02

 かわぐちかいじの大ヒット・コミックスを西島秀俊、佐々木蔵之介をはじめとする豪華キャストの共演で実写映画化したポリティカル・サスペンス大作です。近未来の日本を舞台に、国籍不明の武装集団によって日本の離島を占拠されるという事態が発生する中、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦“いぶき”の乗組員たちを中心に、政府やメディア関係者を含む全国民が、それぞれの立場で未曾有の危機に立ち向かっていく姿を壮大なスケールで描き出す。監督は「沈まぬ太陽」「柘榴坂の仇討」の若松節朗。



いぶき03


たわごと03
最も身近な、「今そこにある危機」?
 尾道出身のかわぐちかいじ氏の原作漫画を完全映画化した、「ポリティカル・サスペンス」大作です。あまり聞き慣れない言葉ポリティカル・サスペンス(フィクション)…。物語を表現手段として、政治的事件、政治システム、政治学などについて語ることを特徴とする。「直接的に現実の社会を批判するか、あるいは架空の、時に奇想天外な世界を描く」だそうです。まさにこの映画、今の我が日本国民に問いかける疑問符…、ある日突然日本の離島が外国に占拠され、さらにバンバン攻撃を仕掛けてくる敵軍に対し、いかにして海上自衛隊が実戦で戦うか、そして政府はどう対応するのか…。これって正に明日起こっても、不思議ではない現実。日本映画の製作の限界に挑戦する映像と巧みな脚本でしっかりと問いかけてきます。



いぶき04

 と書きながら、これによく似た映画最近観た…?? あっ、そうです、「ハンターキラー 潜航せよ」(自分リンクでスミマセン…)です、この映画は、確かアメリカではなくイギリス映画、表現・製作(もちろん製作費)は異なりますが、これも「ポリティカル・サスペンス」ですよね、ただこちらイギリス映画は、「空母いぶき 」と比べて、かなり後味スッキリかつ迫力満点…。どちらも現代社会での戦争を架空に描いた問題作です。彼らの平和のための戦いをぜひ見比べてくださいね!!



ハンター02


※カッパの勝手な採点は…、
それぞれの思い、それぞれの答え…。
七点半



スポンサーサイト