FC2ブログ
2019.12.21 Love Letter
いつかみた映画
【其の百五六】



拝啓 藤井樹様、あなたは誰ですか。
Love Letter vol.02
1995年 日本


Love letter01

 神戸に住む渡辺博子は、山の遭難事故で死んでしまった恋人・藤井樹の三回忌の帰り道、彼の母・安代に誘われ、彼の家で中学の卒業アルバムを見せてもらった。その中に樹の昔の住所を発見した博子は、今は国道になってしまったというその小樽の住所に手紙を出してみることを思い付く。数日後、博子の手紙は小樽に住む藤井樹という同姓同名の女性のもとに届いていた。「拝啓、藤井樹様。お元気ですか? 私は元気です」という手紙に心当たりのない樹は、好奇心から返事を書いてみることにした…。(後は映画を観て下さいね)



Love letter02

 天国の恋人に向けて送った一通のラヴレターがきっかけで、埋もれていた二つの恋が浮き彫りになっていくラヴ・ストーリーです。監督・脚本は今作が劇場用長編映画デビュー作となる岩井俊二。撮影は「夏の庭」の篠田昇。主演は中山美穂で、一人二役に挑戦して、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などで主演女優賞を獲得した。共演は豊川悦司と、これが映画初出演となる酒井美紀、柏原崇ほか。ヨコハマ映画祭作品賞、監督賞、主演男優賞(豊川)、主演女優賞(中山)、撮影賞(篠田)、新人女優賞(酒井)を受賞した。95年度キネマ旬報ベストテン第3位、同・読者選出ベストテン第1位です。



Love letter03


たわごと03
長編映画デビュー作…、そして最高傑作。
 来年1月17日から岩井俊二監督の最新作「ラストレター」がいよいよ公開されます。主演は、岩井監督の大好きな松たか子さん、正に今が旬の広瀬すずさん、そして岩井監督じゃなく、我が奥さまが大好きな福山雅治さん、等々の超豪華メンバーでの映画化です。そして何よりも嬉しいのは、ワタシの大好きなこの映画「Loveletter」のアンサー映画だそうです。と言うことで、それまでに、今一度「おさらい」しなくてはと、TSUTAYAさんやGO!DVDなので少し画質は悪いのですが、我慢しての再鑑賞…。いや〜、何度観ても良いですね、ワタシ大好きです、この映画!きっと、ワタシ達世代の映画ファンの方で、この作品が、「ベスト1」だと言う方は、結構多いと思います。ワタシも当時、自分達の青春と少年期とを映画と重ね合わせながら涙ぐんだ事を憶えてます。
 今更なのですが、岩井監督ほど女性を美しく撮る監督はいないと思います、この作品でも主演の中山美穂さんの美しさ、と言う可愛さ、サイコーです。特にポスターにもなっているファーストシーン、雪景色の中での微妙なコントラストと絶妙のカメラワーク…、このシーンだけで、もう岩井ワールドへ、グイグイと引き込まれていきます。もちろんラブストーリーなのですが、構成がまた巧み…、上手すぎる。同姓同名・一人二役・過去と現在・神戸と小樽、そしてそれをつなぐ「手紙」…、一通の手紙から始まった自分さがし、前に進もうとする恋、振り返ることで再発見される初恋…等々 女心を描きながら、しっかりとオッサンの心をゲットしてます。いゃ〜、何度観ても、何歳になって観ても、すごく良いですね!ぜひ、この機会に再鑑賞して下さい。(1月17日夜9:00〜WOWOWの「岩井俊二映画祭」で放映されます。)



Love letter04


※カッパの勝手な採点は…、
「ラストレターの予告編」…、なかなか良いですね?

8点半




スポンサーサイト