FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1176



若松プロに飛び込んだ、おかっぱ頭の女の子
止められるか、俺たちを 
2018年日本



俺たち01

 1969年、春。21歳の吉積めぐみは、ピンク映画の旗手・若松孝二率いる“若松プロダクション”の扉をたたく。助監督となり、男でも逃げ出すピンク映画の過酷な現場に圧倒されながらも、若松監督の存在感と、いくつもの才能が集う若松プロの熱気に魅了されていく。しかし、自分でも映画を撮りたいと思いながらも、何を表現したいのかが分からず焦りと不安が募っていく。そんな中、若松監督は過激な政治闘争へとその軸足を移していくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



俺たち00

 「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌監督が、若松孝二監督とともに映画づくりに情熱を燃やした熱き若者たちを描いた青春群像劇。実際に助監督として若松プロダクションに飛び込んだ吉積めぐみの目を通して、映画で世界を変えようと集まった若者たちの狂騒と葛藤の日々をエネルギッシュに描き出す。出演は吉積めぐみ役に「二重生活」の門脇麦、若松孝二役で井浦新。



俺たち02


たわごと03
忘れかけてた、青春が…
 自称、映画ファンの端くれのワタシ…。「若松孝二」の名前はもちろん知ってます!ただ、彼の作品を観たかとい言われたら、ゴメンナサイです。当時上映されてた、いわゆる「ピンク映画」は、当時の年齢では、さすがに観てません、観られてません。しいて言えば、プロデュースされた「愛のコリーダ」、内田裕也主演の「水のないプール」ぐらい、かなぁ…。晩年の「キャタピラー」も観てないし…。まぁ、それは兎も角、この映画は、かつて「若松プロ」で助監督も務めたことのある白石和彌監督が、彼、そして彼女たちの青春の群像を思い入れタップリで描いた青春映画です。きっと昨今の若者たちから見ると、意味不明で滑稽…、のように感じるかも知れませんね。ただ、ワタシ的には、この感覚、もの凄く懐かしく、かつ心がざわめきました。
 ワタシ事ですが、広告代理店勤務の前に、地元の広告プロダクションで働いた汗と涙の3年間となんとなく重なりました。10人弱程度の小さな会社でしたが、個性溢れる、難癖有るメンバーの集まり…、結局 「わかってもらえなかった」因幡晃さん似のコピーライター、美大に落ちて画家を挫折した強面で気の弱いイラストレーター、モデルを夢見る少し年増のお姉さん(ゴメンね)、シゴトは熱心だがお金に杜撰な自称カリスマ社長…、等々個性溢れるバカなメンバー達、もちろんワタシもその一人、ただ、他のメンバーとは異なり超普通…、もちろん若かったし、巷では、青年じゃなく少年と呼ばれてました。そんな広告業界を夢見る少年(今はクソ親父)のヘトヘトで格好悪かった青春。…と重なるこの映画が、すごく愛おしく、そして何故か気恥ずかしい。でも、でも、そんな日々に「ありがとう!」なのです。


俺たち03



※カッパの勝手な採点は…、
毎日が、文化祭の前の日だった…。
七点半


スポンサーサイト