FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1165



妻たちの落とし前
ロスト・マネー 偽りの報酬 
2018年イギリス・アメリカ 〈日本未公開〉



マネー01
 
 数々の完璧な計画を実行し、贅沢な生活を手に入れた窃盗団の首領ハリー。ある日、彼はシカゴの犯罪組織のトップで市議会議員候補のジャマールから200万ドルを強奪。だが、逃走中にSWATの集中砲火を浴び、3人の仲間と共に命を落としてしまうのだった。未亡人となったハリーの妻、ヴェロニカは1ヵ月以内に夫が奪った金を返せとジャマールから脅される。そんな中、彼女はハリーが遺したノートから、彼が計画していた500万ドルの強奪計画を知る。彼女は命を守るため、同じく未亡人であるハリーの仲間の妻たちに計画を持ちかけ、決死の強盗作戦に挑んでいくが…。(後は映画を観て下さいね)



マネー002

 犯罪者の夫を亡くした女性たちが、犯罪チームを結成し運命に立ち向かうクライムサスペンスです。スティーヴ・マックィーン監督が『ゴーン・ガール』などの原作者のギリアン・フリンと共に脚本を手掛け、イギリスで放送されたテレビシリーズを映画化した。主演は『フェンス』などのヴィオラ・デイヴィス、チームのメンバー役にミシェル・ロドリゲス、エリザベス・デビッキ、シンシア・エリヴォが集結。さらにコリン・ファレル、リーアム・ニーソンらが脇を固める。



マネー03


たわごと03
日本未公開は、もったいない!
 「それでも夜は明ける」でアカデミー賞監督賞を受賞したスティーブ・マックィーン監督作品です。主演の未亡人達は、もちろん、リーアム・ニーソン、コリン・ファースに、何と大御所ロバート・デュバルまで!なんとも豪華な配役です。なのに日本未公開?理由は分かりませんが、公開が突然中止…。何故か不幸な作品となってしまったこの作品。ワタシ的には結構イケてます。何よりも、脚本が斬新。この手の映画(クライムサスペンス)は、どれもよく似通った、何処かで観たような作品が多いのですが、この切り口は、ワタシ的には初めてです。ただ、何故か説明不足?あまりに描きすぎるのもどうかなぁ…と思いますが、この作品に関しては、もう少し、一つひとつを説明してくれた方が有り難いです。特に序盤が、分かりにくい。登場人物を把握出来ない苛立ち…。物語が多面的に仕込まれているので仕方ないのでしょうが、もう少し「なるほど感」が欲しかった…!ワタシ思うのですが、これ日本映画としてリメイクすると結構おもしろい素材のような気がします。テーマが日本人的?だし、製作費も「そこそこ」で大丈夫そう?映画カッパの勝手な妄想です。



マネー04


※カッパの勝手な採点は…、
原題は、「WIDOWS 未亡人たち」。
七点半



スポンサーサイト