FC2ブログ
いつかみた映画
【其の百五四】



ジブリの原点?
太陽の王子 ホルスの大冒険 
1968年 日本



太陽01

 病弱な父親と、人里離れた浜辺で暮らしていたホルス。ある日、ホルスは狼の群れに襲われるが、たまたまそこで昼寝をしていた岩の巨人モーグに助けられる。そのお礼にモーグが以前から苦しんでいた肩のトゲを抜いてやるが、そのトゲは“太陽の剣”と呼ばれる剣だった。モーグから太陽の剣を譲り受けたホルスは「その剣を使いこなすことができたなら、おまえは人々から“太陽の王子”と呼ばれて尊敬されるだろう」と告げられる。やがて父親は「人間の世界に戻れ」と言い残して他界。遺言に従って相棒の小熊とともに旅立ったホルスは、モーグや謎の少女ヒルダの力を借りて、魔王グルンワルドと対決することになるのだが…。(後は映画を観て下さいね)



太陽02「まんがまつり」の原点!
 東映動画製作の日本の劇場用アニメ映画です。公開は1968年7月21日、上映時間82分 『東映まんがパレード』 (のちの『東映まんがまつり』)の一本として上映されました。製作を宮崎駿と大塚康雄のコンビが手掛け、演出は高畑勲が担当。完成までに約3年の歳月を要したという劇場用アニメーションで、宮崎駿と高畑勲が出会い、日本のアニメ映画に初めて作家性が持ち込まれた記念すべき作品だとも言えます。


たわごと03
高畑勲、宮崎駿。そして、奥山玲子!
 毎日楽しみ観させて頂いている、連続テレビ小説「なつぞら」も、主な登場人物が出揃いましたね。もちろん、なっちゃんのモデル奥山玲子さん、中川大志さん演じる、講釈垂れのイケメン・坂場一久(高畑勲)、新人なのに少し厚かましい、染谷将太さん演じる神地航也(宮崎駿)、そして宮崎氏の奥さまとなる、三村茜(大田朱美)は、元AKBの渡辺麻友さんが演じてます。もちろん、その他にもワクワクする人達がモデルとなってるので、アニメファンにはたまらなく嬉しい朝ドラとなってま〜す。と勝手に盛り上がっているワタシなのですが、実は、WOWOWさんが、なかなか粋なシゴトをしてくれました。1968年の名作長編まんが映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」のデジタル修正版をフルオンエアー。子どもの頃には何度かテレビの再放送で観ましたが、まさか大人(かなりオッサンですが…)になって、鑑賞できるとは…!? これも「なっちゃん」効果の賜物でしょうね!


太陽03

日本アニメの原点が、そこにある!
 今から、半世紀以上前に創られたこのアニメ、いやいや長編まんが映画…。もちろん最新のアニメ技術とは程遠い作画力なのですが、そんなの関係ないです、むしろそれ以上です!動きもスピーディだし、カット割りも多彩で斬新。キャラクターも生き生きしてて、実は半世紀前に「ジブリ作品」は仕上がっていたと言っても過言ではない出来映えです。演出・高畑勲、作画監督・大塚康生、場面設計・美術設計、宮崎駿、原画:森康二、奥山玲子、宮崎駿 等々。それぁ、面白くないワケが無いですよね!蒼々たるメンバーによる、当時としては、きっと挑戦的かつ意欲的な、まんが映画だったのでしょうね。アニメは、子どものモノ(子ども目線)の姿勢はしっかりと貫いてますが、物語が凄い…。単純な勧善懲悪ではなく、その時代をしっかりと描いています。なんと言っても、悪魔の妹・少女ヒルダの心の内面(孤独と葛藤)です。この少女を子どもまんが映画に登場さすこと…、この企画にOKを出した上層部も偉いが、それを貫いた彼ら達の勇気に感服します。実は、半世紀も前から日本アニメの戦いは始まってたのですね?日本アニメのターニングポイントで、歴史的作品です。アニメファンなら必見です。



太陽04


※カッパの勝手な採点は…、
興行的には、どうだったのだろう?
8点



スポンサーサイト



カッパのみなソン
Selection vol.1162



歌って、恋して、傷ついて…、私は生まれ変わる。
アリー スター誕生 
2018年アメリカ



スター01

 ウェイトレスとして働きながらも歌手を夢見るアリーだったが、なかなか芽が出ず自信を失いかけていた。そんな時、場末のバーで歌っていたアリーの前に、世界的ロックスターのジャクソンが現われる。彼はアリーの歌声に惚れ込み、彼女を自身のコンサートに招待する。そして、いきなり大観衆が見つめるステージにアリーを呼び込み、一緒にデュエットを披露し、観客からの喝采を浴びる。これをきっかけにアリーは一気にスターへの階段を駆け上がっていくとともに、ジャクソンとも深い愛情で結ばれていくのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



スター02

 これまでにも何度もリメイクされてきた1937年の名作「スタア誕生」を原作に、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、相手役を務める「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが記念すべき監督デビューを飾った感動の音楽ドラマ。歌手を夢見る一人の女性が、国民的人気ミュージシャンに見出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で皮肉な運命が交差していく2人の間に芽生えた愛と葛藤の行方を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスとともに描き出します。



スター03


たわごと03
名作は、幾度も繰り返される…。
 映画ファンにはお馴染みのこのタイトル…、今回で実に3回目のリメイク、ストーリーの大筋こそ従来作品を継承しつつもレディー・ガガの圧倒的な歌唱力と存在感、そしてブラッドリー・クーパーの熱演と監督としての熱い思い入れがビシビシと伝わる力作です。

■スタア誕生 (1937年)  
 ウィリアム・A・ウェルマン監督、ジャネット・ゲイナー、フレデリック・マーチ主演
■スタア誕生 (1954年)  
 ジョージ・キューカー監督、ジュディ・ガーランド、ジェームズ・メイソン主演。
■スター誕生 (1976年)  
 フランク・R・ピアソン監督、バーブラ・ストライサンド、クリス・クリストファーソン主演。

スター05
 ▲ スター誕生 (1976年)  バーブラ・ストライサンド

 〜となるこの作品は、1937年度版「スタア誕生」をリメイクした3度目の作品です。なんと過去3作すべてがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞などの映画賞で有力部門を争っており、その力は世紀を跨いでも健在だったようです。製作・監督・脚本そして主演を務めたブラッドリー・クーパーは、この作品のために4年の歳月をかけて準備と役作りに挑んだということで、クーパーはボーカルレッスンや楽器演奏の特訓も受けたのだとか。それにしても歌旨い、旨すぎです!レディー・ガガ様の歌唱力は音楽に疎いワタシでも知ってますが、彼の歌唱力はそれ以上の何かを感じさせます。クーパーの歌唱力に驚いて、ガガ様の演技力に仰天?? 半端じゃない器用さに脱帽です。ただ、とあるニュースで知りましたが、映画に入れ込み過ぎたことが原因で、「ブラッドリー・クーパーとイリーナ・シェイクが破局」…。まぁ、それとこれとは違うかも知れませんが、彼にとってのこの作品は、きっと人生を揺さぶる程の作品だったのでしょうね?是非とも彼の魂の逸品をご覧ください。



スター04


※カッパの勝手な採点は…、
76年度版のバーブラの熱唱も観てみたい!
8点



2019.07.17 嘘八百
カッパのみなソン
Selection vol.1161



幻の利休の茶器で、大勝負!
嘘八百 2017年日本



嘘01

 空振りばかりの古物商・小池則夫は、娘のいまりを連れて千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺へとやって来た。そこで落ちぶれた陶芸家・野田佐輔に一杯食わされた則夫だったが、佐輔の腕を確信し、彼にある計画を持ちかける。それは、2人が煮え湯を飲まされた古美術店店主・樋渡と大御所鑑定士・棚橋への仕返しに利休の贋物をつかませ、ついでに一攫千金を狙うという一発逆転の大勝負だったのだが…。(後は映画を観て下さいね)



嘘02

 「百円の恋」の武正晴監督と脚本の足立紳が再びタッグを組み、主演に中井貴一と佐々木蔵之介を迎えて贈る痛快骨董コメディ。騙し騙されの目利きの世界を舞台に、冴えない古物商と落ちぶれた陶芸家が一世一代の大勝負に挑む姿を描く。共演は友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、芦屋小雁、近藤正臣。



嘘04


たわごと03
ウソからマコトの決定版?
 名作「百円の恋」の武正晴監督と、足立紳脚本のタッグが贈るコメディドラマです。冴えない古物商カワウソと、落ちぶれた陶芸作家トカゲ。演じるは、実力派の中井貴一と佐々木蔵之介。まぁ、このメンバーで面白くない訳がないと思いや、あれ、あれ、結論から言うと「まぁまぁ?」(普通)ですね、ご存じ「開運!なんでも鑑定団」を思わす切り口で、興味深いしテンポの良い…。役者も豪華で斬新、なんだけど別に映画じゃなくても「特番のテレビドラマ」で良かったのでは、と思ってしまいます(ゴメンね)。もう少し映画的見せ場が欲しかったのかなぁ…とも思ってしまいます。どんな文字でも真似る事できる人や、紙や箱を偽装できる人等々、不思議な特殊技能を持つ仲間たちの活躍をもう少し見たかったですね。ただ、最後のオチは内緒ですが、なかなかステキですよ!



嘘03


※カッパの勝手な採点は…、
続編に期待します!
カッパ採点7点



カッパのみなソン
Selection vol.1160



リスベット、16年前なぜ私を見捨てたの…
蜘蛛の巣を払う女 
2018年アメリカ



蜘蛛01

 冬のストックホルム。背中に大きなドラゴン・タトゥーの天才ハッカー、リスベット・サランデルのもとに、人工知能(AI)研究の世界的権威であるフランス・バルデル博士から、ある依頼が舞い込む。それは、彼が開発した核攻撃プログラムを、アメリカのNSA(国家安全保障局)から取り戻してほしいというものだった。リスベットにとっては、決して難しいミッションとは思えなかった。ところがそんなリスベットの前に、彼女の過去が思いもよらぬ形で大きく立ちはだかってくるのだったが…。(後は映画を観て下さいね)



蜘蛛02

 作者スティーグ・ラーソンの死後に発表され、日本を含む世界中でセンセーションを巻き起こした北欧発の一大ベストセラー『ミレニアム』3部作です。本作は新たな作者を迎え、その続編として発表されたシリーズ第4弾『ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女』を、ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」の製作陣が映画化したサスペンス・アクションです。主演のリスベット役は新たに「ブレス しあわせの呼吸」のクレア・フォイ、共演にスベリル・グドナソン。監督は「死霊のはらわた」「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレス。



蜘蛛03


たわごと03
凍てつくスウェーデンの風景が、痛々しくも美しい。
 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」3部作の映画化は、彼の死後、本国スウェーデンで2009年に一気に映画化されました。第1作「ドラゴン・タトゥーの女」、第2作「火と戯れる女」、第3作「眠れる女と狂卓の騎士」…、確かWOWOWで鑑賞。当時“リスペット・サランデル”という今までになかった強烈な個性のある主役のインパクトは強烈でした。そしてご存じの「ドラゴン・タトゥーの女」は、アメリカ版としてリメイク。そして、その続編が、この「蜘蛛の巣を払う女」。今作のヒロイン・リスベット役は、やや小粒のはクレア・フォイ。そんな小柄な彼女が真っ黒な衣装を身につけ、オリジナル以上の過激なアクションを繰り広げます。「ミレニアム」の世界観や空気感は、しっかりと継承されていますが、良いか悪いかは別として、アメリカ映画的な要素も、かなり取り入れられています。まぁ、それ以上にエンターテイメント化され、楽しみやすくなっているとも言えます。「プログラム」の奪回を巡り二転三転するストーリー…。過激なアクション、爆破、毒ガス、カーチェイス、黒のコスチュームのリスベットに対して、紅のコスチュームの妹カミラとの対決、等々見せ場満載です!ワタシ的にはOKなのですが、「ミレニアム」ファンの方々には、どう見えたのかが多少心配ですね?



蜘蛛04


※カッパの勝手な採点は…、
WOWOWでミレニアムをオンエアーしてくれないかなぁ?
七点半




カッパのみなソン
Selection vol.1159



史上最大に、デカい建物。史上最高に、ヤバい救出。
スカイスクレイパー 2018年アメリカ



SKY01.jpg

 香港に新しく建設された240階建ての世界最大のビル“ザ・パール”。元FBI人質救出部隊のリーダー、ウィル。ある事件で片足を負傷し義足となった今は、退職してセキュリティ・コンサルタントをしていた。ある日、ザ・パールのオーナーから依頼を受け、同ビルのセキュリティ・システムの調査をすることに。こうして妻と2人の子どもを連れてザ・パールへとやって来たウィル。ところがそこへ、突如謎の武装集団が現われ爆弾テロを決行、ビルの中層階はたちまち炎に包まれる。逃げ場を失い上層階に取り残されてしまった家族を救出すべく、ザ・パールへと駆けつけるウィルだったが…。(後は映画を観て下さいね)



SKY003.jpg

 ドウェイン・ジョンソン主演のアクション・アドベンチャーです。武装グループの襲撃を受け火災が発生した香港の超高層ハイテクビルを舞台に、人質にとられた家族を救出するためにたった一人で立ち向かう主人公の決死の戦いを描く。共演はネーヴ・キャンベル、ノア・テイラー。監督は「なんちゃって家族」「セントラル・インテリジェンス」のローソン・マーシャル・サーバー。



SKY05.jpg


たわごと03
タワーリング・インフェルノ × ダイ・ハード?
 香港に建設された史上最大のビル「ザ・パール」は、なんと200階以上、高さ1000メートル超え!まさに現代のバベルの塔。もちろん、そんな馬鹿でかいビル…、何かありますよね、と言うか何かないと映画にならない?? となると、そう大火災でしょ。もちろん燃えちゃいますよ、いや燃やされます。そして、それに立ち向かうと言うか、巻き込まれるのが、我らのドウェイン・ジョンソン。それも今回は、訳あって義足…。そんな義足ドウェイン・ジョンソンが飛びます、暴れます、闘います!ワタシの大好きな、名作「タワーリング・インフェルノ 」を彷彿するシチュエーションに「ダイ・ハード」をミックスし「レンジでチン?」して出来上がったのが、このコテコテ、超カロリーオーバーな一品。この前観た「散り椿」とは、まったくの逆。行間・風情・わびさび…、そんなの全く関係ない。目を瞑ることもままならない、あれよあれよの大パニック&アクションで魅了します。何でも出来ちゃう今の映画の良い見本のようなハラハラ・ドキドキの面白さ。梅雨のうっとうしい夜に持ってこいです、是非とも観て、スッキリして下さいね!!



SKY04.jpg


※カッパの勝手な採点は…、
困ったときは、再起動 !?
七点半