FC2ブログ
2019.04.08 なつぞら
ドラマのツボ
 part.99



連続テレビ小説100回記念番組。
なつぞら 2019年 朝ドラ



なつぞら001

 1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつは柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。剛男の義父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく…。(後はドラマを観て下さいね)



なつぞら02

ヒロイン「奥原なつ」のモデルは「奥山玲子」さん。
 この朝ドラ「なつぞら」が描くのは日本のアニメーションの草創期。「北海道・十勝編」「東京・新宿編」「アニメーション編」で構成され、地方出身のヒロイン、奥原なつ(広瀬すず)がアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を発揮してゆく姿が描かれる、という。そして、広瀬すずが演じるヒロイン「奥原なつ」のモデルは「奥山玲子」さん。奥山さんは小田部氏の夫人で、日本のアニメーションの草創期を支えた女性アニメーター。(惜しくも2007年5月に死去)



なつぞら05

奥山 玲子 おくやま れいこ
 宮城県仙台市生まれ。東映動画に入社し、『白蛇伝』の動画を担当。『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』で原画に昇格。『わんぱく王子の大蛇退治』ではヨルノオスクニのパートのデザイン・原画を担当。スタジオでは女性アニメーターのリーダー的存在として腕を振るう一方、労働組合の活動にも積極的に参加し、女性の処遇改善や合理化阻止を掲げて闘った。『太陽の王子 ホルスの大冒険』『長靴をはいた猫』『ながぐつ三銃士』などの原画、『海底3万マイル』の作画監督(共同)など、長編の筆頭原画やテレビシリーズの作画監督・原画を歴任。『にんぎょ姫』では女性初の長編作画監督を単独で担当。『母をたずねて三千里』『龍の子太郎』では、夫の作画監督・小田部羊一氏の補佐を務めた。銅版画家としても数々の個展を開催。1991年には銅版画調の異色短編『注文の多い料理店』の原画で新境地を開拓。2003年『冬の日』の一編を演出し、小田部氏が原画を担当。1986年以降は東京デザイナー学院アニメーション科の講師も務めた。2007年5月6日病没。

東映動画時代に手掛けた作品
・1958.10.22.公開(映画) 『白蛇伝』 動画
・1959.6.20.完成(映画) 『たぬきさん大当たり』動画
・1959.12.25.公開(映画) 『少年猿飛佐助』 セカンド原画
・1960.8.14.公開(映画) 『西遊記』セカンド原画
・1961.7.19.公開(映画) 『安寿と厨子王丸』原画補佐
・1962.7.21.公開(映画) 『アラビアンナイト シンドバッドの冒険』原画
・1963.3.24.公開(映画) 『わんぱく王子の大蛇退治』原画
・1963.12.21.公開(映画) 『わんわん忠臣蔵』原画
・1963.11.25.~65.7.12.放映(TV) 『狼少年ケン』 原画・作画監督(話数不明)
・1965.11.1.~66.4.25.放映(TV) 『ハッスルパンチ』原画・作画監督(19話)
・1966.4.23.~67.3.21.放映(TV) 『レインボー戦隊ロビン』原画・作画監督
・1966.12.5.~68.12.30.放映(TV) 『魔法使いサリー』作画監督(77話ほか)
・1968.7.21.公開(映画) 『太陽の王子 ホルスの大冒険』原画
・1969.1.9.~70.10.26.放映(TV) 『ひみつのアッコちゃん』作画監督(44・61話)
・1969.3.18.公開(映画 )『長靴をはいた猫』原画
・1969.7.20.公開(映画) 『空飛ぶゆうれい船』原画
・1970.7.19.公開(映画) 『海底3万マイル』作画監督(共同)・原画
・1971.3.20.公開(映画) 『どうぶつ宝島』原画
・1971.7.18.公開(映画) 『アリババと40匹の盗賊』原画
・1971.10.4.~72.3.27.放映(TV) 『さるとびエッちゃん』原画(6話)
・1972.3.18.公開(映画) 『ながぐつ三銃士』原画
・1972.7.8.~72.3.31.放映(TV) 『デビルマン』原画
・1972.7.16.公開(映画) 『魔犬ライナー0011 変身せよ!』原画
・1972.12.3.~74.9.1.放映(TV) 『マジンガーZ』作画監督(69話)
・1973.4.7.~73.10.6.放映(TV) 『ミクロイドS』作画監督(話数不明)
・1973.6.30.公開(映画) 『哀しみのベラドンナ』原画(北川玲子 名義)
・1973.7.18.公開(映画) 『マジンガーZ対デビルマン』原画
・1974.3.16.公開(映画) 『きかんしゃやえもん D51の大冒険』原画
・1974.7.25.公開(映画) 『マジンガーZ対暗黒大将軍』原画
・1975.3.21.公開(映画) 『アンデルセン童話 にんぎょ姫』作画監督
・1975.7.26.公開(映画) 『宇宙円盤大戦争』原画
・1976.3.20.公開(映画) 『長靴をはいた猫 80日間世界一周』原画



なつぞら03

たわごと03
ボクにとっての夢先案内人。
 いよいよ始まりましたね、NHK朝ドラ100回記念作品「なつぞら」。約1週間が経過して、まだ主役の広瀬すずさんも然程登場してないのに、初週視聴率は、なんと22.1%と過去5年で最高のスタート。脚本は、ワタシの大好きな作品「風が強く吹いている」を監督した、売れっ子脚本家の大森寿美男さんのオリジナル。前作の「まんぷく」も観てない朝ドラ未熟者のワタシなのですが、日々楽しみに観させて頂いてます。さてさて、この朝ドラ、テーマが、なんとも「アニメ」…、いやいやアニメやアニメーターなんて言語は、もちろん、まだまだ、存在せず、当時は「動画」や「動画作家」?? そしてモデルとなってるのが、上記にもかなりのボリュームで記載した奥山玲子さん。見てくれました、奥山さんの東映動画時代に手掛けた作品。アニメーションではなく、マンガ映画・テレビの時代を駆け抜けた名作達。もちろんワタシも、モロ影響を受けた世代。「白蛇伝」 「わんわん忠臣蔵」「太陽の王子ホルスの大冒険」等は、リバイバルやテレビ放映ですが、「東映まんが祭時代」の「長靴をはいた猫」「空飛ぶゆうれい船」「海底3万マイル」等々は、ワタシのその後の人生にかなりの影響をウケた名作達です。また、嬉しいことに初回放送では、高畑勲、宮崎駿監督さんらへのオマージュも沢山あって、アニメをこよなく愛する方々への贈り物のような出来映えでしたね。アニメを愛する一人として、これからの主人公なつちゃんの成長が非常に楽しみです。(がんばって毎日観ます!)



なつぞら04



※カッパの勝手な採点は…、
粋で、オシャレな、奥山玲子さんに!
10点



スポンサーサイト