FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1109



すべての人がこの罠にハマる。
去年の冬、きみと別れ 
2018年日本



冬001

 婚約者・松田百合子との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介。本の出版を目指す彼が目を付けたのは、盲目の美女が巻き込まれた未解決焼死事件と、その事件の元容疑者である世界的フォトグラファー・木原坂雄大だった。だがその真相に近づくにつれ、木原坂の危険な罠は百合子にまで及び、いつしか耶雲は抜けることのできない深みにはまっていくのだった…。(後は映画を観て下さい)



冬02

 「悪と仮面のルール」など数々の映像化作品で知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を岩田剛典主演で映画化したミステリーです。謎多き天才カメラマンへの取材を始めた野心あふれる記者が、婚約者を取り戻すため、彼の罠にはまっていく様がつづられる。ミステリアスなカメラマンを斎藤工、主人公の婚約者を山本美月が演じてます。



冬04


たわごと03
本格的、ミステリー!
 主演の岩田剛典って誰?って奥さまに言ったら、「三代目J-SOUL BROTHERS」も知らないのかと馬鹿にされながらの鑑賞…。三代目って言われても、正直「魚河岸」しか思いつかないクソ親父…(やっぱり馬鹿だ)。なのですが、その馬鹿さが幸いして、岩田剛典さんの演技というか、存在感が凄く新鮮。斉藤工、北村一輝さんに引けをとらない表現力で物語をより深いものにしてくれます。なかなか粋なタイトルで、なんとなく、以前から気になってた作品、予想以上に本格的で、しっかりと創り込まれています。脚本も構成も巧みで、複雑すぎない人間関係も心地良く、テンポも悪くない。ただ真犯人は、キャスティングで分かりますよね(ゴメンね)??



冬03


※カッパの勝手な採点は…、
レンタルするのに、丁度良い1本です!
カッパ採点7点





スポンサーサイト