FC2ブログ
逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第三十四話〉


創刊100年特別企画[第2弾]
キネマ旬報 1970年代日本映画ベスト10
2018年 8月上旬号



ベスト01

 今年7月に創刊100年を迎えた映画雑誌「キネマ旬報」。今後1年間を通じて特別企画として年代別のベスト・テン特集特別号が発売されました。7月5日に発売される「キネマ旬報7月下旬特別号」に掲載されている第1弾では「1970年代外国映画ベスト・テン」が特集され、巨匠マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」が、みごと1位に輝きました。ロバート・デ・ニーロが主演し、1976年に公開された名作です。今回のベスト・テンの選出には、毎年1月に発表される「キネマ旬報ベスト・テン」の選者や映画評論家、映画監督など総勢120名以上が参加し、誌面には「211位」までのランキング、選者が選んだそれぞれの10本と選評、70年代外国映画興行収入、ハリウッドのマネー・メイキング・スターなどを掲載されました。そして、7月20日発売の「キネマ旬報8月上旬特別号」では、「1970年代日本映画ベスト・テン」の特集が公開されました!! もちろん、この年代の外国映画(洋画)にもかなりの思い入れがありますが、ワタシ的には、日本映画(邦画)が面白いと思った時期でもありました…。と言うことで、今回の私的なブログでは敢えて日本映画について記載させて頂きます!



ベスト000


第1位 太陽を盗んだ男
・1979年キネマ旬報ベストテン第2位
第2位 仁義なき戦い
・1973年キネマ旬報ベストテン第2位
第3位 新幹線大爆破
・1975年キネマ旬報ベストテン第7位
第4位 ルパン三世 カリオストロの城
・1979年キネマ旬報ベストテン第54位

ベスト04
↑当時の順位は、なんと54位、ワタシも地上波で観ました。

第5位 HOUSE ハウス
・1977年キネマ旬報ベストテン第21位

ベスト03
↑少年の頃のワタシ…、この作品、実は大嫌いでした。

第5位 復讐するは我にあり
・1979年キネマ旬報ベストテン第1位
第7位 犬神家の一族
・1976年キネマ旬報ベストテン第5位
第8位 砂の器
・1974年キネマ旬報ベストテン第2位
第9位 青春の蹉跌
・1974年キネマ旬報ベストテン第4位
第9位 竜馬暗殺
・1974年キネマ旬報ベストテン第5位

 以下、第11位「青春の殺人者」第12位「赫い髪の女」第12位「昭和残侠伝死んで貰います」第12位「八月の濡れた砂」第15位「仁義の墓場」第15位「最も危険な遊戯」となります。


たわごと03
我が、青春の映画たち…。
 我が愛読書「キネマ旬報」さん、なかなかニクい企画を考えましたね、年代別のベスト10。非常にシンプルで分かりやすい切り口で、誰もが感情移入し易いテーマですね。ワタシ的には、1975〜85年頃が一番オンタイムなのですが、まぁ、きっと1980年代企画もあるのだろうと、次回に期待と言うことで、これを機にワタシなりにの「1970年代日本映画マイベスト10」をあげてみました。もちろんワタシの独断と超偏見のセレクトです。良い映画と好きな映画とのギャップや、当時としては名作と言えなかった作品が意外にもランクアップしてる気がします。

◆1970年代日本映画 マイベスト10

第1位  太陽を盗んだ男
・1979年 長谷川和彦監督
第2位  幸福の黄色いハンカチ
・1977年 山田洋次監督
第3位  砂の器
・1974年 野村芳太郎監督
第4位  ルパン三世 カリオストロの城
・1979年 宮﨑駿監督
第5位  祭りの準備
・1975年 黒木和男監督
第6位  日本沈没
・1973年 森谷司郎監督
第7位  復讐するは我にあり
・1979年 今村昌平監督

ベスト05
↑この映画は、ショックでした!

第8位  青春の殺人者
・1976年 長谷川和彦監督
第9位  八月の濡れた砂
・1971年 藤田敏八監督
第10位 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
・1978年 舛田利雄監督


ちょつと01
オッサンが振り返る、70年代作品。
 昨今よく聞かれることが、「カッパさん、今まで観た映画で一番好きな作品は…?」と言う質問…。実は、これって結構悩みます。その年、その時期、その環境で観た、それぞれの名作も、その時の「自分」によって異なり様々な想いが交差します。ただ、今回のこの企画のように、56歳の「今の自分」と「1970年代の邦画」という絞りきったカテゴリーならば、結構スムーズにセレクト出来てしまいました…。なんとなく、あの頃の自称「映画少年」に還れたようなうれしい錯覚…。キネマ旬報さん、素敵な企画、本当にありがとうございました!



キネ旬、編集部に!
10点


スポンサーサイト