FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.1077



守るために、闘う!
東京喰種 トーキョーグール 
2017年 日本



東京01

 正体不明の怪人“喰種(グール)”が人間と同じように暮らしている東京。ごく普通の内気な大学生のカネキは、ある日、事故で重傷を負い、事故のとき一緒にいた喰種の少女・リゼの臓器を移植されたことで半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始める。あんていくは喰種が集まる店で、そこで出会ったアルバイトの女子高生・トーカも喰種だった…。(後は映画を観て下さい)



東京02

 アニメや舞台、ゲームにもなった石田スイ原作の人気コミックを窪田正孝主演で映画化したダークファンタジーです。喰種(グール)と呼ばれる正体不明の怪物と人間たちの戦いが、喰種となってしまった青年を軸に描かれます。ヒロインの董香を清水富美加、喰種捜査官の真戸を大泉洋が演じるなど、個性豊かなキャストが顔を揃えた異色作です。



東京04


たわごと03
日本的な、特撮アクション?
 冒頭の数分のナレーションで「喰種」がいる東京の世界へ連れ込み、我らの蒼井優ちゃんが、気味悪い喰種に変貌。そして出家した清水富美加ちゃんも喰種?原作を全く知らないワタシなので、優ちゃん内蔵を何故に移植されたかも、喰種的ローカルルールも知らないままグイグイと喰種の世界に引き込まれていく。凄く荒削りと言うか、低予算で仕方ないのか?映画というよりTV的な手作り特撮。まぁ、それが日本的だとも言えるような気もしないでもないのですが、そうそう、平成仮面ライダーの特撮の様な感じ…?ワタシ的には、決して嫌いではないテイストなのですが、果たしてこれで、いたずらにお金を費やしたハリウッド特撮と張り合えるモノなのでしょうかね?



東京03


※カッパの勝手な採点は…、
正義の法則は、難しいですね…?
カッパ採点7点



スポンサーサイト



2018.01.13 DEVILMAN crybaby
ドラマのツボ
 part.98



永井豪の名作「デビルマン」が…
DEVILMAN crybaby 
2018年 Netflix



デビル01

 不動明は、親友に地球の先住人類である悪魔のデーモンが、眠りから復活して、人間たちから地球を奪い返そうとしている事を告げられます…。またその親友である飛鳥了の父親は、デーモンと合体しようとして心を支配されそうになり、自殺してしまう。彼は、そんなデーモンの力を取り入れて人類を救おうと話を持ちかけます。”正義”の気持ちが勝てば、心を支配されることはないと言われ、不動明は見事にデーモンとの合体を成功させ、デビルマンとなります。そして、デーモンたちに襲われながら敵に立ち向かって行く事に…。(後はドラマを観て下さい)



デビル00

永井豪画業50周年を記念 
 永井豪画業50周年を記念し、同氏の代表作である『デビルマン』がアニメーション作品「DEVILMAN crybaby」として蘇りました。かつて幾度も映像化されるも、原作の結末までを表現できた作品はなかった。“不朽の名作”にして“完全映像化は不可能”と呼ばれたデビルマンの全てが今作で描かれます。監督は「ピンポンTHEANIMATION」「マインドゲーム」など多くのハイクオリティな作品を手掛け、世界で評価されるクリエイター、湯浅政明。さらに脚本は大河内一楼、音楽を牛尾憲輔が担当。日本を代表するクリエイターが一同に介し、世界的な原作漫画のアニメ化に挑みます。



デビル03


たわごと03
今日もどこかで、デビルマン。
 ワタクシ事ですが、年末頃からリビングのテレビが調子悪く、思い切って新型ブラビアを購入。普段ワタシは、マイシアターでのお一人様鑑賞(主に映画)で、リビングテレビは、主に奥様専用機(主にドラマ)。ただ、最新型で、うれしい初4K、そして、驚きはソニーのキャンペーン!なんと「Netflix」が6カ月無料で鑑賞できるうれしい特典。それぁ、もちろん観させて頂きました。巷で話題のNetflixオリジナルアニメ「DEVILMANcrybaby」。もちろん原作は我らの永井豪先生。漫画は少年マガジンでの連載。そして大ヒットしたテレビアニメ「デビルマン」は当時としは珍しい少し深い時間(確か20時30分〜)でのオンエアー。漫画もアニメも大好きでした。そして今回のこの作品は、テレビアニメではなく、原作をモチーフとして、新たに創作された意欲作です。監督は、今注目の湯浅政明、原作の永井豪の世界観とは全く異なる描写なのですが、ストーリーそのものは、永井豪の魂を受け継いだ真のデビルマン。あの頃夢中になって読んだ原作を彼の独自の感性で、見事に今風にアレンジされてます。最初は少し抵抗ある世界観ですが、観ているうちにグイグイと引き込まれて行きます。もちろんお子様はNGの描写が連発し、Netflixだから出来る企画なんだと…、ソニーのお客様キャンペーンに感謝しました。余談ですが、17日からは最新作「GODZILLA怪獣惑星」世界190カ国一斉配信されるそうです!!



デビル02


※カッパの勝手な採点は…、
主人公は、飛鳥了?
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.1076



僕に勇気をくれたのは、得体の知れないヤマモトでした。
ちょっと今から仕事やめてくる 
2017年 日本



仕事01

 厳しいノルマを課せられ、入社1年目の青山隆は精神的に追い詰められていた。疲労から駅のホームで意識を失い倒れかかったところに、電車がやってくる。はねられそうになった彼を助けたのは、ヤマモトという謎の男だった。ヤマモトは隆と幼馴染だというが、隆には全く覚えがない。大阪弁でいつも爽やかな笑顔を見せるヤマモトと出会ってから、本来の明るさを取り戻し成績も上げていく隆。ある日、深刻な表情で墓地行きのバスに乗るヤマモトを見かけ不審に思い彼について調べたところ、ヤマモトは3年前に自殺していたことが…。(後は映画を観て下さい)



仕事02

 第21回電撃小説大賞に輝いた北川恵海の人気小説を映画化した人間ドラマです。幼なじみだと名乗る男との出会いを機に本来の自分を取り戻していく主人公が体験する不思議な出来事がつづられます。主人公の隆を工藤阿須加、謎の存在であるヤマモトを福士蒼汰が演じる。監督は、「八日目の蝉」の成島出。



仕事03


たわごと03
それぁ、そうですよね…、成島監督ですから!
 かなりの回数で劇場予告を観てました、あぁ、成るほど、昨今ネタのいつもの邦画でしょ、と思ってました。いやいや、それぁ、そうですよね、成島出監督作品なんですから、よくあるファンタジーではなく、現実としっかり向き合った骨太な日本映画として仕上がってました!しかし、しかし、この会社、決して他人事ではない業種…、広告代理店それとも広告プロダクション?どちらにしてもワタシが歩んできて、今も進行中の仕事。あぁ、やっぱり限りなくブラックなんだと複雑なキモチ…。(苦笑) まぁ、それはそれとして、この映画は「仕事をやめる」と「どう生きるか」を全く異なるふたりの若者をクロスしながら見事に描いてます。仕事、友情、家族、命…、彼らの少し青臭い台詞が妙に心に染み渡ります。



仕事04


※カッパの勝手な採点は…、
工藤阿須加、なかなか良いタマ投げますね!
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.1075



光か、闇か…
スター・ウォーズ 最後のジェダイ 
2017年 アメリカ



最後00

 伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーをついに探し出し、ライトセーバーを差し出したレイは、驚くべき真実を知ることになる。なぜ、ハン・ソロとレジスタンスを率いるレイアの息子カイロ・レンが、ダース・ベイダーを受け継ごうとするのか?そして、レイアやストームトルーパーの脱走兵フィン、パイロットのポー、ドロイドのBB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションは…。(後は映画を観て下さい)



最後01

 エピソード6「ジェダイの帰還」の30年後の世界を描いた、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の続編です。最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを巡り、帝国軍の残党、ファースト・オーダーと、彼らに立ち向かうレジスタンスたちとの戦いが、エキサイティングに繰り広げられます。監督は、「LOOPER ルーパー」のライアン・ジョンソン。



最後02


たわごと03
すべて間違っている…、のかなぁ?
 スターウォーズを愛するファンの方には、申し訳ないへなちょこファンのワタシですが、世界が注目するシリーズ最新作観てきました!それも正月早々、元日の真っ昼間。メイン字幕版ではなく、敢えてストーリーがよく理解できる吹き替え版を鑑賞させて頂きました。う〜ん、どうなんだ、これ…?おぉ〜、えっ?が交差する荒々しい構成。モチーフは、ワタシの大好きな「帝国の逆襲」なのでしょうが、余りにもサプライズが多すぎで、観ててワクワク感以上のドキドキ感がある。そして今回、抜擢された監督は、「LOOPERルーパー」のライアン・ジョンソン監督。なるほど、ひと癖ある彼らしい演出…。ただこれって隣で観てた、お爺ちゃんとお孫さん…、失礼ですが、楽しめたのでしょうか?決してスカット爽やかではなく、単純に「光と闇」「正義と悪」ではない、世界的SF娯楽大作。様々なことを差し引きして、ワタシ的には、キライで無いこの最新作なのですが、きっと賛否両論なんでしょうね!?



最後03



※カッパの勝手な採点は…、
大いなる負け戦ですね!
8点