カッパのみなソン
Selection vol.1023



そこには、“邪悪”が眠る…。
ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 
2017年 アメリカ



マミー01

 貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートンは、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古代の遺跡を偶然発見する。それは何世紀も昔に、この世への激しい憎しみを抱えたままミイラとなった王女アマネットの墓だった。さっそく考古学者のジェニー・ハルジーと棺の調査に乗り出したニックだったが、気づかぬ間に封印されていたアマネットの呪いを解放してしまう。やがて棺をイギリスへと輸送するため一緒に飛行機に乗り込んだニックとジェニーだったが…。(後は映画を観てください)



マミー02

 ユニバーサル・スタジオが同社の誇るクラシックモンスターたちを豪華キャストとスタッフで甦らせる一大プロジェクト“ダーク・ユニバース”の記念すべき第1弾として、1932年の「ミイラ再生」を1999年の「ハムナプトラ失われた砂漠の都」に続いて、今度はトム・クルーズを主演に迎えてリブートしたアドベンチャーホラー大作です。砂漠の地下深くに封印された邪悪な“王女”の恐るべき復活劇を壮大なスケールで描き出す。共演はアナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ。監督は「M:i:III」「スター・トレック」など数々のヒット作の脚本や製作を務めてきたアレックス・カーツマン。



マミー04


たわごと03
えっ、ダーク・ユニバースが始動? 
 「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「透明人間」「狼男」…等々、映画史に残るモンスターを生み出してきたユニバーサル。そして、それらは何時しか、「ユニバーサル・モンスターズ」と呼ばれるようになりました。そして1932年の「ミイラ再生」、1999年からの「ハムナプトラシリーズ」を基に企画された“ダーク・ユニバース”プロジェクト…。非常にベタな切り口なのですが、やっぱり映画は、こうじゃなければを、トコトン追求した娯楽大作です。もちろん主演は、我らのトム・クルーズ。老体にムチ打ちながらのド派手なアクションは、さすがですね。アクションだけで感動してしまう、彼の表現力、まさに彼こそが、映画の申し子…。いやいや、この映画的に表現するのなら、映画に「呪われた男」なのでしょうか?まぁ、そんなことは置いといて、このお祭り的モンスター映画は、映画の原点を楽しく魅せてくれる、暑い夏の夜にピッタリの作品です。



マミー03


※カッパの勝手な採点は…、
シリーズ化は、少し無謀…、なのでは?

カッパ採点7点




スポンサーサイト