2017.01.31 蜜のあわれ
カッパのみなソン
Selection vol.941



人を好きになるということは、愉しいことでございます。
蜜のあわれ 2016年 日本



蜜01

 老作家を“おじさま”と呼び、一緒に暮らしている赤い服の美少女、赤子。その正体は、尾ひれをひらひらさせて水の中を泳ぐ真っ赤な金魚だった。気が向けば少女の姿で外にも繰り出すが、ある時、野良猫にバレてお尻を引っ掻かれ、尾ひれをケガしてしまう。そんな赤子の前にある日、真っ白な着物の女性が現われる。彼女は老作家への想いを断ちがたく、この世を彷徨う幽霊だった…。(後は映画を観てください)



蜜02

 室生犀星の同名幻想小説を「狂い咲きサンダーロード」「シャニダールの花」の石井岳龍監督が映画化した文芸ファンタジーロマンスです。金魚が姿を変えたコケティッシュな美少女と老作家の秘めたる禁断の恋の行方をシュールなタッチでユーモラスに綴ります。主演は「私の男」「この国の空」の二階堂ふみと「HANA-BI」「天の茶助」の我が郷土の大杉漣。共演に真木よう子、高良健吾、永瀬正敏。



蜜03


たわごと03
お久しぶりです、石井聰互監督。
 あの頃の石井監督の作品…とは、少し異なるこの作品?老いた小説家と一匹の真っ赤な金魚との官能映画、かと思えば、結構笑える不思議な新感覚の恋愛官能作品。主演の二階堂ふみさんが、何とも可愛いし、我が郷土徳島を代表する映画人、大杉漣さんも貫禄の演技なのですが、久々に観させて頂いた「石井ワールド」と言うより、何となく鈴木清順的な世界観。それはそれで悪くはないのですが、ワタシ的には、NHK広島が製作した「火の魚」(自分リンクでスミマセン)の方が好きかなぁ…。それでも、これはこれで、かなり良く出来た映画だと思います。



蜜05


※カッパの勝手な採点は…、
さあ、これからだ!石井ワールド。

カッパ採点7点



スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.940



155人の命を救い、容疑者になった男。
ハドソン川の奇跡 
2016年 アメリカ



ハドソン01

 2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後に鳥が原因のエンジン故障に見舞われ全エンジンの機能を失ってしまう。機体が急速に高度を下げる中、管制塔からは近くの空港に着陸するよう指示を受けるが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長は、ハドソン川への不時着を決断する。そしてみごと機体を水面に着水させ、全員の命を守ることに成功する。この偉業は「ハドソン川の奇跡」と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられた。ところがその後、サリーの決断は本当に正しかったのか…。(後は映画を観てください)



ハドソン00

 2009年にニューヨークで旅客機がハドソン川に不時着し、世界中で大きなニュースとなった奇跡の生還劇に秘められた知られざる実話を、「ミリオンダラー・ベイビー」「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて映画化した感動ドラマです。離陸直後に両翼のエンジンが止まってしまう非常事態の中、サリー機長が瞬時の冷静な判断と卓越した操縦テクニックで、乗客乗員155人全員の命を救うまでの緊迫の一部始終と、その後の“英雄”サリーを待ち受けた過酷な試練の行方を描きます。共演はアーロン・エッカート、ローラ・リニー。



ハドソン03


たわごと03
祝・キネマ旬報2016 外国映画第1位!
 みごとにキネ旬の外国映画第1位を受賞した、クリント・イーストウッド作品。もちろん読者が選ぶではなく、評論家部門での受賞です。(読者が選ぶはまだ未発表です)がぁ、ワタシが想像してたのとはちょっと違う? 重くて、ズッシリとした重厚な社会派ドキュメントのような作りで、襟を正して鑑賞しなくてはと思ってました。それがさすが映画を知り尽くしているクリント・イーストウッドさん、きわめてわかりやすいストーリーとバランスの良い脚本で、「いい話」をエンターテイメントとして観せてくれました。そして最新鋭のIMAXカメラで撮影された映像が超リアル。リアリティーを追求する彼の映画に対する姿勢に敬意を表したいです。



ハドソン02


※カッパの勝手な採点は…、
もはや「イーストウッド」は、良作のブランド!

8点




カッパのみなソン
Selection vol.939



伝説が、壮絶に、終わる。
ダークナイト ライジング vol.2
2012年 アメリカ



ダーク000

 人々の尊敬を集めた地方検事ハービー・デントの罪を一身に被り、ゴッサム・シティから姿を消したダークナイト・バットマン。それから8年、ゴードン市警本部長は真実を心におさめ、街の平和のために尽力していた。そんな束の間の平和を享受していたゴッサム・シティだったが、鋼のような肉体をまとった巨漢のテロリスト“ベイン”の登場で一変してしまう。街は次々と破壊され、無法地帯と化していく。人々の心が恐怖と絶望に支配される中、ついにブルース・ウェインは自らの封印を解き、再びケープとマスクを身にまとうのだったが…。(後は映画を観てください)



ダーク02

 アメリカン・コミックを原作としながらも、正義と悪を巡る根源的なテーマにも迫るリアルかつ重厚な世界観で世界中に衝撃を与えたアクション映画の金字塔「ダークナイト」の続編にしてクリストファー・ノーラン監督版、「バットマン」三部作の掉尾を飾るシリーズ完結編です。ジョーカー、そしてトゥーフェイスとの壮絶な死闘の果てに深い喪失と絶望に打ちのめされ、8年にわたり沈黙を守り続けたバットマンが、狂気のテロリスト“ベイン”によって蹂躙される故郷ゴッサム・シティを目の当たりにしてついに自らの封印を解き、最強の敵との最終決戦に臨む姿を描き出します。バットマン・ブルース・ウェイン役のクリスチャン・ベイルはじめ、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンのレギュラー陣が再登場。さらに、最強の敵ベイン役のトム・ハーディのほか、アン・ハサウェイやマリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィットらが新たに出演。



ダーク03


たわごと03
今一度、観直そう!
 今何かと話題となっている、この作品…、アメリカ大統領就任演説がベインの演説と似てる? もちろん早速、観直させて頂きました。クリストファー・ノーラン監督の代表作の完結編、ダークナイトライジング。公開当時は、前作のと比べられ何となく、批判めいた声が…、でも、でも、改めて観てみるとなかなかの出来栄え、演説だけと思いや全編楽しく再鑑賞させていただきました。

アメリカ大統領就任演説…
  「今日の式典は特別な意味をもつ。政権や与党の交代式というだけでなく、国家の中枢から権力を取り戻す記念すべき日だ、国民諸君に。権力はあまりにも長い間、首都のひと握りの人間の手に掌握されてきた。彼らは政府の甘い蜜を吸い、国民にツケを回してきた。首都が栄えても、その豊かさが残りの国民に実感されることはない。政治家が肥える一方で雇用は減り、工場は閉まってゆくばかりだった。エスタブリッシュメントが勝てば、国民は負ける。勝利が共有されることはなく、彼らが勝利を祝う影で国民は苦しさにあえいできた。それも今すべてが変わる。今日のこの日は諸君が主役だ」


ダーク01

ベインがゴッサムに革命を呼ぶアジテーション演説
 「われわれは腐敗勢力からゴッサムを取り戻す。金持ちから!国民は長い間、権力者に虐げられ、ありもしない夢物語で裏切られてきた。その権力を取り戻すときがきた、国民諸君に。ゴッサムは諸君のものだ」



ダーク04


※カッパの勝手な採点は…、
それよりも、トム・ハーディがベインとは、知らなかった!

七点半





 
カッパのみなソン
Selection vol.938



君の夢は、僕の夢になった。
シング・ストリート 未来へのうた
2015年 アイルランド・イギリス・アメリカ



シング01

 1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で優秀な私立学校から荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。すっかりデュラン・デュランの虜になってしまったコナー。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、たちまち一目惚れ。思わず口をついて出た誘い文句は“僕のバンドのビデオに出てくれ”だった…。(後は映画を観てください)



シング02

 「ONCEダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画です。80年代のアイルランドを舞台に学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組み、音楽を通して仲間たちとの友情を深めていくさまと、ヒロインとの切ない恋の行方を80年代ヒット・ナンバーの数々とともに描き出します。主人公にはオーディションで選ばれた新人、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ。共演にジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン。



シング03


たわごと03
そして、青年は荒野をめざす。
 当時の健全な10代少年たちは、憧れの女の子のためにロックを選ぶ…、そうまさに超シンプルな音楽青春映画なんです。なんとなく、ワタシの大好きな「青春デンデケデケデケ」を彷彿する世界観に大共感。映画の舞台となっているアイルランド・ダブリン…、閉鎖感や貧困に喘ぐ苦しい現実が見え隠れする厳しい環境であっても、まっすぐに突き進む若いふたり、先のことを考えない、今の気持ちに正直に生きる。そんな青臭い時が、懐かしくなる心地いい映画です。



シング04


※カッパの勝手な採点は…、
引きこもりがちな、兄ちゃんサイコー!

七点半



カッパのみなソン
Selection vol.937



小さな少女でも、世界は変えられる。
BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
2016年 アメリカ



BFG01.jpg

 ロンドンの孤児院に暮らす孤独な10歳の少女ソフィー。好奇心旺盛な彼女は、真夜中に起きていて、恐ろしげな巨人に「巨人の国」へと連れ去られてしまう。しかしその巨人、ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(BFG)は心優しい巨人だった。少しずつ心を通わせていくソフィーとBFG。ところがその国には、BFGよりも大きくて人間を食べてしまう獰猛な巨人もいっぱいいた。彼らに気づかれないよう注意しながら、BFGと一緒に楽しい時間を過ごすソフィーだったが…。(後は映画を観てください)




BFG02.jpg

 「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールのロングセラー児童書「オ・ヤサシ巨人BFG」をスティーヴン・スピルバーグ監督が実写映画化したファミリー・ファンタジー・アドベンチャーです。孤独な少女と心優しい巨人を主人公に、2人の間に芽生える奇妙な友情と、世界を救うために2人で繰り広げる大冒険の行方を描く。主演は少女ソフィー役に新人ルビー・バーンヒル、巨人のBFG役に「ブリッジ・オブ・スパイ」でオスカーを獲得したマーク・ライランス。



BFG03.jpg


たわごと03
スピルバーグが、いっぱい詰まった秀作。
 久しぶりに、映画の申し子スピルバーグ監督の作品を観せて頂きました。まぁ、良くも悪くも「彼らしい」作品ですね、ご想像通り、巨人版の「E.T.」…。ある程度の事が、想定内なのですが、さすがです! 大作映画のツボをしっかりと押さえ、これぞスピルバーグだと言う、優しい愛のメッセージと社会への風刺が良い具合にミックスされていて完成度が高い秀作です。欲を言えば、クライマックスの盛り上がりに欠ける気もしますが、これもまたスピルバーグなのでしょうね!



BFG04.jpg


※カッパの勝手な採点は…、
女王陛下に「プップクプー」とは、なかなか面白い!

カッパ採点7点




2017.01.22 カルテット
ドラマのツボ
 part.93



大人の恋は、やっかいだ。
カルテット 2016年冬 TBS



カルテット01

 ある日、“偶然”出会った男女4人。夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた。巻真紀は別府司の運転で軽井沢の別荘へとやって来た。待っていたのは世吹すずめと家森諭高。東京のカラオケボックスで出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏をやることになったのでした。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田がレギュラー演奏していました…。(後はドラマを観てください)



カルテット00

人間ドラマの名手・坂元裕二と、
4人の豪華俳優陣のコラボレーションが実現。

 TBSでは、2017年1月期の火曜ドラマ「カルテット」。「Mother」(NTV)、「最高の離婚」(CX)、「Woman」(NTV)など、数々のヒット作を手がけた坂元裕二氏の完全オリジナル作品で、冬の軽井沢を舞台に巻き起こる大人たちの人間ドラマを描きます。そして、そんな作品を彩るキャストに、普段は決して見ることができない豪華な4人が揃った!



カルテット02


たわごと03
上り坂、下り坂、そして“まさか”。
 意欲作が連なる今年の各局の冬ドラマ…、実はワタシが一番楽しみにしてたのが、この「カルテット」です。松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の映画的な4人を坂元裕二が、とのように料理するのか? 超私的でイキなドラマを期待しての鑑賞となりました。まぁ第一話は、想像どうりの展開かなぁ、「らしい」会話を聞きながらドラマの質の高さを体感し、これからの展開を期待する、計算された静かな感動…。だったのですが、その静かさに相反したのが、椎名林檎さんが、作詞作曲を手掛けた主題歌「おとなの掟」。キャスト4人が艶っぽく歌い上げるエンディングは必見です!



カルテット05


※カッパの勝手な採点は…、
なぜか、唐揚げ食べました?

カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.936



知りすぎた、男。
ゴーストライター vol.2
2010年 フランス・ドイツ・イギリス



ライター01

 英国の元首相アダム・ラングの自叙伝執筆を依頼された一人のゴーストライター。政治に興味のない彼は気乗りしないままに、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島へと向かう。そこでラングへの取材をしながら、フェリーから転落死したという前任者の仕事を引き継ぎ、原稿を書き進めていく。しかし次第に、ラングの過去に対する疑問がわき上がってくる。そして、いつしか真相に迫ろうと深追いしてしまうゴーストライターだったが…。(後は映画を観てください)



ライター00

名匠ポランスキーによる、
サスペンスエンターテインメントの最高傑作。

 「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」の名匠ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの同名ベストセラーを「トレインスポッティング」「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス・ミステリー。自叙伝を発表する元英国首相にゴーストライターとして雇われた主人公が、国家を揺るがす危険な秘密に迫ったばかりに、恐るべき陰謀に巻き込まれていくさまを、円熟のサスペンス演出でスリリングに描き出す。共演はピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ。



ライター04

たわごと03
世界よ、これが映画だ!
 少し遅い互礼会、新年会も終わりを告げ、やっと日常が帰った来ました。そんな映画的日常を始める前に、久しぶりに本棚を整理整頓…、山積みとなったキネマ旬報と結構増えたブルーレイディスク。愛おしいディスクの中から、久しぶりに観直したのは、この一枚…。名匠ポランスキー監督のサスペンスの「ゴーストライター」。ご想像通りのポランスキーの演出が冴え渡る逸品、演出、脚本は、もはや匠の技。そしてワタシが一番好きなのは、彼のカメラワーク。これが映画(写真)だというカット割りと陰影。撮影の深みとコクが彼の演出をそれ以上のモノに魅せてくれます。



ライター03


※カッパの勝手な採点は…、
見逃している方は、ぜひレンタルショップへ!

8点半




カッパのみなソン
Selection vol.935



記憶に潜入せよ。
秘 密 THE TOP SECRET
2016年 日本



秘密01

 死んだ人間の脳をスキャンして、その人物が見た映像を再生する「MRI」という新たな捜査手法で迷宮入り事件の解決を目指す特別捜査機関、通称「第九」。ある時、家族3人を殺害して有罪となり、死刑が執行された露口浩一のMRI捜査が行われることに。それは、今も行方不明となっている長女・絹子を見つけ出すためだった。第九の室長で発足時からの唯一のメンバーである薪剛は、自らスカウトした新人捜査官、青木一行とともに露口の脳内捜査を開始する。しかしそこに映っていたのは、刃物を振り回す絹子の姿という予想外の映像だった…。(後は映画を観てください)



秘密00

大友啓史監督最新作。
 清水玲子の人気コミックスを「龍馬伝」の大友啓史監督が実写映画化したSFサスペンスです。死者の脳をスキャンして、生前の記憶を映像化するシステムが開発された近未来を舞台に、その技術を利用してある迷宮入り事件の解明に乗り出した捜査官たちを待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描き出す。主演は「予告犯」の生田斗真と「ストレイヤーズ・クロニクル」の岡田将生。共演に吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋。



秘密03


たわごと03
マルコヴィッチじゃなく、ブレインストーム?
 劇中で何度か引用される 「マルコヴィッチの穴」…、と言うよりワタシ的には、1983年公開のアメリカ映画「ブレインストーム」をダブらせながら観てました。「秘密」を観ながら思い出した懐かしの「ブレインストーム」は、確か人間の体験した記憶や感覚を、そのまま他人に追体験させることのできる装置「ブレイン・スキャン」を巡って巻き起る事件を描いたサイエンススリラーで、確か主演のナタリー・ウッドが撮影中に事故死した、いわく付きの映画? そして今回のこの「秘密」は、死人の脳をスキャンして映像化し事件の本質を解くというもの…。そしていつか見た、「ブレインストーム」も確か死後の記憶を見てしまうと言う、ラストだったと思います。皮肉にも、この映画を観て、自分の中の「いつか見た映画」を思い出してしまうとはなんとも不思議な体感でした。



秘密005
▲「ブレインストーム」主演の、クリストファー・ウォーケン


※カッパの勝手な採点は…、
絹子さんの魅力が、微妙?

秘密02

六半





カッパのみなソン
Selection vol.934



日本警察史上、最大の不祥事。
日本で一番悪い奴ら
2016年 日本



悪01

 柔道の実力を買われ北海道警察に入り、ほどなく新米刑事となった真面目な青年、諸星要一。しかし正義感はあるものの本業の捜査現場ではまるで役立たず。そんな諸星に先輩刑事の村井が「刑事は点数を稼がなければダメ」と諭し、裏社会に飛び込んで協力者となるS(スパイ)をつくれとアドバイスする。言われるままにそれを実践し、やがてSの協力で覚醒剤や拳銃の摘発を重ね、立派な実績を残していく諸星だったが…。(後は映画を観てください)



悪02

ヤツらは何をしたのか?
 数々の違法捜査に関わるとともに、自ら覚醒剤の密売に手を染め、ついには覚醒剤使用で逮捕され、その後覚せい剤取締法違反、銃刀法違反の罪で有罪となった北海道警察の元警部・稲葉圭昭の衝撃の告白本「恥さらし北海道警悪徳刑事の告白」を、「凶悪」の白石和彌監督、「ピース オブ ケイク」の綾野剛主演で映画化した社会派エンタテインメントです。崇高な志を胸に道警に入ったはずの主人公が、ノルマ達成のためにいつしか裏社会とズブズブの関係に陥り、やがては自らが悪そのものへと染まっていくさまをシニカルなタッチで描き出します。共演はYOUNG DAIS、植野行雄、矢吹春奈、ピエール瀧、中村獅童。



悪04


たわごと03
正義の悪党、綾野剛…?
 上司や先輩、警察社会のオモテ裏の慣習や誘惑に流され、主人公は綾野剛は、いつも間にかミイラ取りがミイラになっていく、いやミイラではなく、社会の鬼となったのかも知れない…。これって本当に実話がモチーフなのか、決して面白おかしく、見る映画ではなく、これが現実としたら、日本の警察への…。まぁ、そんな事よりも、ワタシ的には、綾野剛の超パワフルな演技の方が、興味深い。決して体育会系の奴ではない奴が、耳餃子の熱血柔道青年。正義感溢れる青年刑事、そしてヤクザ屋さんも恐れる悪徳刑事。体当たりの演技で、彼の真骨頂でもある「影の世界観」を見事に魅せてくれます。



悪05


※カッパの勝手な採点は…、
本当に悪い奴は、誰なんだ!

8点




2017.01.13 嘘の戦争
ドラマのツボ
 part.92



嘘つきは、復讐の始まり。
嘘の戦争 2016年冬 関西テレビ



嘘00

 犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一は、警察に「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。それどころか「嘘つき」と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られることに…。やがて浩一は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。タイに渡り名前を変えて偽の経歴を手に入れて、たぐい稀なる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人「あざのある男」と再会する。30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり復讐することを誓い、ついに日本に戻ってくる…。(後はドラマを観てください)



嘘01

草彅剛の復讐ドラマが再び!第2弾「嘘の戦争」
 何かとお騒がせのSMAP、草彅剛が主演する復讐物語「銭の戦争」。この度、ちょうど2年経つ来年1月期の新ドラマとして復讐劇第2弾となる「嘘の戦争」。前作の「銭の戦争」は、金も職も婚約者も全て失い、ホームレスになった主人公が、自らを苦しめたヤミ金業者になり、非情な社会に復讐しようとするも、いつしかお金に呑み込まれていってしまう男の人生を描いた復讐物語でした。平均視聴率13.4%、最終回15.4%をたたき出し、多くの視聴者を魅了しました。そんな放送から2年のときを経て、今回脚本・後藤法子(「銭の戦争」「チーム・バチスタ」シリーズ)、監督・三宅喜重(「銭の戦争」「僕のヤバイ妻」)を始めとするスタッフが再集結した意欲作です。



嘘02


たわごと03
リアリティーとユーティリティー。
 国民的なアイドルが解散し、彼らの本質が求められる、これから…。アイドルから俳優へと本気で取り組む草彅剛さんの第一歩は、関西テレビ製作の意欲作ドラマ。そして、なんと初回は、ドラマとしては異例の2時間拡大枠。フジテレビも超本気モード!! もちろん、役者としも評価の高い草彅くんの演技も見ごたえ十分。ドラマ的、リアリティーとユーティリティーを持ち備えた力作です。脇を固める、藤木直人、水原希子、安田顕、山本美月さんたちもテレビドラマとは思えない熱演を魅せてくれます。2時間が、あっという間…、来週が待ち遠しいです!!



嘘03


※カッパの勝手な採点は…、
がんばれ、フジテレビ!

カッパ採点7点


2017.01.12 ペット
カッパのみなソン
Selection vol.933



彼らは、お行儀よく留守番してる…、とは限らない!
ペ ッ ト  2016年アメリカ



ペット01

 ニューヨークのマンハッタン。優しい飼い主ケイティに愛情いっぱいに育てられ、幸せな毎日を送る小型犬のマックス。ご近所にはポメラニアンのギジェットやデブ猫のクロエなど楽しい仲間もいっぱい。飼い主が仕事で留守にする日中は、思い思いの時間を過ごしたり一緒に遊んだりと気ままなペットライフを満喫していた。そんなある日、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保健所から連れて帰ってきた。以来、厚かましいデュークのせいでマックスの平穏な日常はメチャクチャに。おまけに散歩中にデュークの悪戯が原因でふたりは迷子になり、ついには保健所の職員に捕まってしまう。やがて途方に暮れていたところをキュートなウサギ「スノーボール」に助け出されるマックスとデュークだったが…。(後は映画を観てください)


たわごと03

ペット05
「ミニオンズ」 スタツフ、
最新、3Dコンピューター
アニメーション・コメディ!

 「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントが贈るコメディ・アドベンチャー・アニメ。犬や猫をはじめとしたかわいいペットたちを主人公に、飼い主が留守中の彼らの知られざる日常と思わぬトラブルから大冒険を繰り広げるペットたちの運命を描く。監督は「怪盗グルーのミニオン危機一発」のクリス・ルノーとこれが長編初監督のヤーロウ・チェイニー。

ペット04
雨降って地固まる…。
 犬バカ、猫バカ、ペットバカなら分かりますよね、家に帰った時の彼ら、彼女らの超かわいい仕草。ただいま、お帰り…、バカたちの癒される至福の時?? しかし、自分たちの知らない(留守)時間。彼らはどうしてるのだろう。ひたすら飼い主様を待っている…、そんなこと絶対にアリえないを、楽しく、可笑しく、スリリングに描いた冒険活劇アニメです。次から次へと、襲いかかる災難。そんな大ピンチも、力を携えながら乗り越えていく彼ら、そして結ばれる信頼と絆。シンブルだけど、一寸だけ深い?? 楽しい映画です!!



ペット06


※カッパの勝手な採点は…、
時には、犬や猫の視線で見てみよう!

六半





カッパのみなソン
Selection vol.932



最後の敵は、神。
X-MEN:アポカリプス 
2016年アメリカ



X01_20170109222143eb3.jpg

 紀元前3600年。人類史上初のミュータントである「アポカリプス」は、4人の従者「黙示録の四騎士」を従え、その圧倒的なパワーで神として世界に君臨していた。ところが新たな肉体へ転移しようとしていた時に反乱に遭い崩壊したピラミッドとともに封印されてしまう。1983年、プロフェッサーXは「恵まれし子らの学園」で若きミュータントの教育に尽力し、マグニートーは身を隠して妻子とともに静かに暮らしていた。そんな中、長き眠りから目覚めたアポカリプスは、堕落した人類への怒りを募らせ世界の再構築を決意し、新たな「黙示録の四騎士」の選抜に乗り出す…。(後は映画を観てください)



X03_20170109222145986.jpg

 X-MENの誕生を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」に始まる新トリロジーの最終章となるSFアクション大作です。長き封印から目覚めた最古にして最強のミュータント「アポカリプス」と若きX-MENの壮絶な戦いの行方を描きます。出演はジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンスらレギュラー・キャストに加え、アポカリプス役で「スター・ウォーズフォースの覚醒」のオスカー・アイザック。監督は引き続きブライアン・シンガー。



X02_2017010922214444f.jpg


たわごと03
ス、スミマセン…、チンプンカンプンです。
  はっきり言って、ワタシにはX-MENを楽しむ資格がないです。2000年から公開されてきた、この人気シリーズ、多分、殆ど、いや全部観てる気がします、がぁ、恥ずかしながら物語が繋がらない。ウルヴァリンの強烈な印象とプロフェッサーの頭?? あれ、プロフェッサーとマグニートーって敵じゃなかった?? あれ、あれ、ウルヴァリンって何時か日本(鞆の浦)も来てまったよね?? そんなこんなの反省込めて、年代順に並べてみました。

 『X-メン』(2000年)、『X-MEN2』(2003年)、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年)、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)、『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013年)『X-MEN: フューチャー&パスト』 (2014年)、『デッドプール』(2016年)、『X-MEN: アポカリプス』 (2016年)。そして、『ローガン(ウルヴァリン3)』(2017年公開予定)だそうです。



X05_20170109222148a35.jpg


※カッパの勝手な採点は…、
あれ、「デッドプール」もX-MEN?

六半





カッパのみなソン
Selection vol.931



世界はこいつらに、託されてしまった!
スーサイド・スクワッド 
2016年アメリカ



スクワット01

 スーパーマンがいなくなった世界に最大の危機が訪れた。政府は最後の手段として服役中の悪党たちによる最強の特殊部隊「スーサイド・スクワッド」を結成することに。さっそく、百発百中の冷酷スナイパー「デッドショット」やジョーカーに一途な想いを寄せるクレイジー・ガール「ハーレイ・クイン」をはじめ選りすぐりの極悪人が集められ、減刑と引き換えに到底達成不可能と思われる危険なミッションが託される。ただし、そのクビには命令に背けば即座に爆発する自縛装置が巻かれていた…。(後は映画を観てください)



スクワット00

DCコミックスの悪役キャラクター大集合!
 スーパーマンやバットマンでお馴染みのDCコミックスの悪役キャラクター総出演で贈るバイオレンス・アクション超大作。世界崩壊の危機を前に、人類の命運を託された悪党たちが、人類の未来などお構いなしに好き放題に暴れる大暴走の行方を描く。出演はウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レトーほか。監督は「エンド・オブ・ウォッチ」「フューリー」のデヴィッド・エアー。



スクワット02


たわごと03
DC版アベンジャーズ?
 ワタシ事ですが、新年早々、恒例の風邪引きました…。「体力アップ」が今年の抱負だったのに、いきなりノックアウト。(辛い) 映画もジムもお預けの4日間。そんなこんなでも何とか鑑賞したのが、このハチャメチャ、バイオレンス・アクション超大作です。冒頭いきなり、「スーパーマンがいなくなった…。今、強力な敵を倒すために刑務所に収監されている極悪非道の連中を集めて戦わせよう」という、超ストレートなオープニングが当たり前に可笑しい。映画としては、決して褒めるべき作品ではないのですが、ヒロインのマーゴット・ロビーが想定通りのキュートさで魅力的、久しぶりのウィル・スミスも楽しそう!まぁ、これはこれで、良いのでしょうね?



スクワット03


※カッパの勝手な採点は…、
マーヴル vs DCが観て見たい?

六半





カッパのみなソン
Selection vol.930



エピソード3.5始動…。
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
2016年アメリカ



ローグワン01

 ダース・ベイダー擁する帝国軍の究極兵器「デス・スター」がついに完成しようとしていた。その圧倒的な破壊力の前に銀河全体が恐怖に支配されようとしていた。有名な科学者ゲイレン・アーソを父に持ちながらも家族と離れ離れとなり、たった一人で生き抜いてきたタフな女アウトロー、ジン・アーソ。ある日、彼女は反乱軍の将校キャシアン・アンドーから、父ゲイレンがデス・スターの設計に関わっていた可能性があると知らされる。そこで真相を突き止めるべく、ならず者ばかりで構成された反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」の一員となりデス・スターの設計図を盗み出すという過酷なミッションに身を投じていく…。(後は映画を観てください)



ローグワン02

 映画史に燦然と輝く金字塔シリーズ「スター・ウォーズ」のアナザー・ストーリーを描く新プロジェクトの記念すべき第1弾となるSFアドベンチャー大作です。「スター・ウォーズエピソード4新たなる希望」でレイア姫が、R2-D2に託した「デス・スター」の設計図はいかにして反乱軍の手に渡ったのか、というこれまで語られることのなかった物語を一匹狼のヒロイン、ジン・アーソをはじめとする新たなキャラクターたちの活躍を通して描き出します。主演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、共演にディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェンほか。監督は、「モンスターズ地球外生命体」、そして大ヒットした「GODZILLAゴジラ」のギャレス・エドワーズ。



ローグワン05


たわごと03
ギャレス、やったね!!
 いつかはスターウォーズをと、想いを抱いた一人の映画少年の夢…、そして見事に作り上げた、もう一つのスターウォーズ。SF映画の金字塔スターウォーズ…、を語るには余りにも勉強不足で未熟なワタシですが、このアナザー・ストーリー(エピソード4の前日譚)は、エピソード5・帝国の逆襲に匹敵する出来栄えだと言いきれます。決して特別ではなく、歴史の片隅の兵士達の必死の活躍、そんな中でもその先にきっとあるはずの希望を信じる彼ら…、まさかスターウォーズで泣けるとは思ってもなかったです!! 映画ファン必見の一本です。



ローグワン04


※カッパの勝手な採点は…、
悔やまれる、キャリー・フィッシャー…

8点半






カッパのみなソン
Selection vol.929



ティアラを置いた、世界が輝いた。
ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出
2015年イギリス



ロイヤル01

 1945年5月8日。イギリスではヨーロッパでの戦勝を喜び国中がお祝いムードに包まれていた。19歳のエリザベス王女は妹のマーガレットと共に、この特別な夜を国民と共に祝いたいと、エリザベス王妃に外出を願い出るが、王位継承者という立場をわきまえなさいとたしなめられてしまう。しかし父である国王ジョージ6世の粋な計らいで、深夜1時の門限厳守を条件に姉妹は外出を許可される。こうしてエリザベスとマーガレットは、生まれて初めてお忍びでバッキンガム宮殿を後にする。とはいえ横には王妃に命じられた護衛がしっかり付き添っていた。ところがお転婆なマーガレットはすぐに護衛をまくと、バスに飛び乗り喧噪の中へと消えてしまう。慌てて後続のバスに乗り込むも、勝手が分からず途方に暮れているところを、空軍兵士のジャックに助けられる…。(後は映画を観てください)



ロイヤル02

 エリザベス女王が王女時代にお忍びで外出したという逸話に着想を得て描く一夜のロマンティック・ストーリーです。主演は「複製された男」のサラ・ガドン、共演にベル・パウリー、ジャック・レイナー、ルパート・エヴェレット、エミリー・ワトソン。監督は「キンキーブーツ」「ジェイン・オースティン秘められた恋」のジュリアン・ジャロルド。



ロイヤル03


たわごと03
若き日のエリザベス女王、生涯はじめての自由時間。
 新年明けましてあめでとうございます。さて、今年の最初に観させて頂いたのは、お正月らしいゴージャスで楽しいイギリスのラブストーリーです。簡単に言うと「イギリス版ローマの休日」なのですが、実は、実話ベース?? なんだそうです。1945年5月、6年間続いた戦争が終わるヨーロッパ戦勝記念日…、国を挙げてのお祝いの夜にお忍びでバッキンガム宮殿をあとにするエリザベス王女と超ハチャメチャの可愛い妹のマーガレットの一夜限りの大人への冒険活劇なのですが、なんといっても、主役のサラ・ガドンさんが最高に良い。チャーミングでエレガント、そして女王としての気品。一夜限りの恋愛を体感することで、少女から大人、そして王妃へと変わっていく彼女の美しさに見惚れてしまいます。しかし、彼女(エリザベス女王)は、本当にこんなにも、素晴らしい一夜を経験されたのでしょうか??



ロイヤル04



※カッパの勝手な採点は…、
今年も、よろしくお願いします!

8点