2016.10.31 サウスポー
カッパのみなソン
Selection vol.900



変われないことなんて、何もない。
サウスポー  2015年 アメリカ・香港



サウスポー01

 感情を剥き出しにした壮絶な打ち合いの末に逆転勝ちする捨身のファイトスタイルで絶大な人気を誇る無敗の世界ライトヘビー級王者、ビリー・‘ザ・グレート’・ホープ。あるチャリティパーティの席でライバル選手の挑発に激高して大乱闘を引き起こし、混乱の中で妻モーリーンが流れ弾に当たって命を落としてしまう。悔恨と悲しみで自暴自棄となり金も仲間も失い、ついには最愛の娘レイラとも引き離されてしまう。どん底に落ちたビリーは、かつてもっとも自分を苦しめた対戦相手のトレーナーを頼るべく、今は第一線を退き地元の少年たちを相手に小さなジムを営むティックのもとを訪ねる…。(後は映画を観て下さい)



サウスポー05

 「ブロークバック・マウンテン」「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが、どん底からの再起に懸ける元世界チャンピオンを熱演したボクシング映画です。失われた名誉と家族との絆を取り戻すため再びリングを目指す男の姿を迫力のボクシングシーンとともに描き出します。共演は、フォレスト・ウィテカー、レイチェル・マクアダムス。監督は「トレーニング デイ」「イコライザー」のアントワーン・フークア。



サウスポー04


たわごと03
王道を少しだけ、ズラして…。
 まずはタイトルの「サウスポー」…、まさに超ストレート。そして内容も一見ストレート?? 「喪失」から「再生」「家族」「友情」「勇気」等々…。全ての定番を上手にミックスしたボクシング映画。分かってるんです、その後どういう展開になるのか、どういう結末を迎えるのか…。数多くのボクシング映画を観てきて想像がつきます。でもでも、この超マジなボクシング映画、王道を歩みながらも、少しだけズラしているんです。それも計算されたズレ…、攻めながらも引く、逃げながら攻める…、彼のめざしたボクシングと上手くオーバーラップしてますね??



サウスポー06


※カッパの勝手な採点は…、
明日も、ファイト一発 !!

七点半




スポンサーサイト
逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第二九話〉


島めぐり×アート
雨の…、瀬戸内芸術祭。
2016年 10月


豊島01
「瀬戸内国際芸術祭2016」
 「瀬戸内国際芸術祭」とは、3年に1度開催される現代美術の国際芸術祭です。なんと今年は3年ぶりにこの芸術祭が開催される年なのです。昔から交通の動脈としての役割を担ってきた瀬戸内海の島々には、伝統的な文化や美しい自然景観が残っています。しかし今、島々は高齢化、過疎化により活力を失いつつあります。島の住人と世界中からの来訪者の交流により島々の活力を取り戻し、島の伝統文化や美しい自然を生かした現代美術を通して瀬戸内海の魅力を世界に向けて発信し、地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目的に、2010年から開催されるようになりました。〈RETRIP[リトリップ]より〉

■会 期
春|2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
■開催地
直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺
■主催|瀬戸内国際芸術祭実行委員会



豊島05
↑ 豊島美術館です。

二島を追う者は、一島をも得ず。
 先週の土曜日(22日)に、憧れの「瀬戸内芸術祭2016秋」、通称「瀬戸芸」に行ってきました。本当は23日の日曜日に行く予定でしたが、天気予報は雨…、仕方なく予定を変更しての決行。でしたが、なんと予想外の雨。まぁ、気分を入替え、雨の瀬戸内も良いものだと言い聞かせて、いざ出陣。しかし、しかし、甘かった。雨で寒い…、天気最悪。そして、それ以上に最低だったのは、ワタシ達の甘い計画。一日で豊島と直島二島をめぐる欲張りな計画…、スミマセン二島(女木・男木は別)は、無謀でした。瀬戸芸を甘く見てました。想像以上の人出と島の交通手段。増便をしているとは言え…、ゴメンナサイ、これぁ無理でした。まるで、太川陽介さんと蛭子能収さんの「路線バスの旅」です。常に船と路線バスの時刻表との睨み合い。この不便さが島の生活なんだと言い聞かせながら、各拠点のアートを堪能?? 本当はもっともっと、観たい行きたい所がいっぱいあるのに…、あぁ〜、なんてもったいない、それでも容赦なく日は沈む。



豊島06
↑ 豊島横尾館、横尾氏らしい世界が…。

それでもスゴイ、瀬戸芸。
 先に来島した、豊島はまだ小雨でした。島アートは「横尾忠則」と「トビアス・レーベルガー」を観賞させて頂きました。ワタシ達の世代では、かなりなじみ深い、横尾氏のアートが観賞できたのは、不幸中の幸いでした。そして、それ以上に、凄かったのは、豊島常設の「豊島美術館」…。



豊島04
↑ この道の向こうに美術館が…

豊島美術館
 瀬戸内海を望む豊島唐櫃(からと)の小高い丘に建設されるアーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による「豊島美術館」。休耕田となっていた棚田を地元住民とともに再生させ、その広大な敷地の一角に、水滴のような形をした建物が据えられました。広さ40×60m、最高高さ4.5mの空間に柱が1本もないコンクリート・シェル構造で、天井にある2箇所の開口部から、周囲の風、音、光を内部に直接取り込み、自然と建物が呼応する有機的な空間です。内部空間では、一日を通して「泉」が誕生します。その風景は季節の移り変わりや時間の流れとともに無限の表情を伝えます。(豊島美術館HPより)



豊島
↑ 豊島の景色もアートです。

呼吸する、美術館。
 豊島美術館…、凄いです。美術館と言うより自然の要塞? よく分からないけれども、こう言うのを「アースワーク」って言うのかなぁ? 瀬戸内海の風光明媚な景色と真っ白な有機的空間だけで成り立つ不思議な空間なのです。そして「母型」と呼ばれる室内の足下には無数の小さな穴。その穴からは絶えず地下水が湧き出る。それはまるでた大地が呼吸する「汗」…。そしてその水滴が計算された傾斜を生き物の様に流れ出し、水滴が泉となり別の穴から地下へと堕ちて行く。それはまさに自然の神秘であり人体の神秘。そして開口部からの光や風、鳥の声、時には雨や風、たえず無限の表情を鑑賞者に伝えます。アートを超越した世界が体感できました。



豊島07
↑ 地下から湧き出た水滴が…

3年後も必ず来ます !
 雨で、寒くて、無計画…。それでも「瀬戸芸」スゴイです。このイベント(事業)の素晴らしさは、世界的なアーティストと島の自然・文化・風土等との融合。そして、そのアート作品を巡ることで、島の生活そのものを知る。実は、日常の生活と豊かな風土がなによりのアートであると言う事なのです。実際に奇抜はアート作品よりも、日常の島の生活風景が…、ワタシ的は好きです!!



2016.10.25 マギー
カッパのみなソン
Selection vol.899



ゾンビとして殺すのか…。
マギー  2015年 アメリカ



マギー01

 未来のアメリカ。感染するとゾンビ化する壊死性ウイルスが爆発的に流行しており田舎の小さな町に住む16歳の少女マギーもこのウイルスに感染する。感染者たちは当局によって社会から隔離された特別病棟に収容されることになっていました。そこで苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えた彼らが、その後どうなるかが語られることはない。感染の診断を下されたマギーは、姿を消すが、父のウェイドが捜し出し、家族のもとへと連れ帰る…。(後は映画を観て下さい)



マギー03

 アーノルド・シュワルツェネッガーがゾンビ化する娘を守ろうと苦悩する父親を演じ自ら製作も手がけた人間ドラマです。人々をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来を舞台に、父娘の愛を描く。アビゲイル・ブレスリンがゾンビ化していく娘に扮し愛する家族を襲うかもしれないという不安にさいなまれる心情を丁寧に演じてます。



マギー04


たわごと03
娘として守るのか…、ゾンビとして殺すのか。
 何となく、今日はシゴトでもイライラ…、そんな時は、やっぱりスカッとシュワちゃん作品…。と思いや、間違ってました、スミマセン…。ご本人が製作も勤めたこの作品は、いつものとは全く違う作風。最初から最後まで重苦しく映像も暗くて重い。何よりもシュワちゃんまでも重苦しい。それぁ、そうなんです、毎度おなじみの「ゾンビもの」なんですが、襲われる恐怖ではなく感染した恐怖と感染者と家族の愛の葛藤を描いてます。怖いよりも苦しい、そして悲しいゾンビ映画なのです。



マギー05



※カッパの勝手な採点は…、
シュワちゃんの新境地が観れますよ!

カッパ採点7点







カッパのみなソン
Selection vol.898



真実は生中継で暴かれる。
マネーモンスター  2016年 アメリカ




マネー01

 人気司会者リー・ゲイツの軽妙なトークがウリの投資情報番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティは、ゲイツの功績を認めつつも生放送をいいことに台本を無視して暴走する彼に毎回手を焼いていました。そんな中、いつものように生放送が始まるが、そこへ銃を持った若者が乱入…。ゲイツを人質に取り番組をジャックしてしまう。犯人はゲイツが番組で推奨した株に投資して全財産を失ったと主張。カメラが見守る中、興奮する犯人を必死でなだめようとするゲイツでしたが…。(後は映画を観て下さい)



マネー04

 ジョディ・フォスターが監督を務め、ジョージ・クルーニーを主演に迎えて贈る社会派サスペンスです。生放送中に拳銃を持った男にジャックされた人気経済番組を舞台に人質に取られた司会者がカメラの前で犯人と繰り広げる緊迫のやりとりと、その過程で図らずもウォール街の深い闇が暴かれていくさまをスリリングに描きます。共演はジャック・オコンネル、ジュリア・ロバーツ。



マネー03


たわごと03
映画人たちのシゴト…。
 監督第4作目となるジョディ・フォスター、そして主演の2人は、ご存知ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ。超安心感のある映画人3人がタッグを組んで挑んだ大作です。骨太のマネーゲームと思いや、あれれ…。これって結構エンターテイメント的な出来映えなんです。マネーゲームに狂奔するアメリカの現代社会を監督ジョディ・フォスターが「女性目線」で、軽快に楽しませてくれます。非常に面白かったのは、立てこもりの犯人に説得に駆り出された妊娠中の恋人が、ここまで言うのか…、の罵声を浴びせる、現場にいる者たちが居心地の悪そうな表情になる…。如何にもジョディ・フォスターらしい演出ですね。犯人役のジャック・オコンネルが好演。ジョージ・クルーニーの軽いオッサン役もさすが、知的で美しいジュリア・ロバーツも健在です!!



マネー02



※カッパの勝手な採点は…、
もう少し、メリハリが欲しかったかなぁ?

カッパ採点7点










2016.10.20 追憶の森
カッパのみなソン
Selection vol.897



愛は思わぬところで、あなたを待っている。
追憶の森 2015年 アメリカ



追憶01

 富士山の麓に広がる青木ヶ原樹海。ここに死に場所を求めてアメリカからやって来たアーサー・ブレナン。森の奥深くに分け入り睡眠薬で自殺を図ろうとしていた彼の前に傷つき憔悴した日本人男性が現われます。助けを求める彼を放っておけず、一緒に出口を探すアーサー。しかし一向に出口を見つけられず、森の中を彷徨い歩く2人に次々と試練が襲いかかる。互いに助け合う中で、次第に心を開いていく2人…。(後は映画を観て下さい)



追憶05

全ての謎が解けた時…、
あたたかな涙があふれる感動のミステリー。

 「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督がマシュー・マコノヒーと渡辺謙という日米を代表する実力派俳優を主演に迎え、日本の青木ヶ原樹海を舞台に贈る異色のミステリー・ドラマです。共演はナオミ・ワッツ。



追憶03


たわごと03
スピリチュアルな世界観で不思議な作品。
 富士の樹海で自殺をしようとしたアメリカ人が死ぬために訪れた森で、彷徨ってる日本人男性と出会って自らを回想していく話です。登場人物は基本3人、樹海での不思議なサバイバルと、回想シーンだけで組み立てられてます。過去の自分に後悔して、樹海で対話する…、途中かなりの睡魔に襲われながらも、想定外のラストシーンと広がる光景、見終えた後のさり気ない感動で睡魔も帳消しです。




追憶02



※カッパの勝手な採点は…、
「キイロ」と「フユ」は、少し変でしょ ?

カッパ採点7点




ドラマのツボ
 part.89



天海祐希さんが初のシェフ役に!
Chef ~三ツ星の給食~ 
2016年秋 フジテレビ



三ツ星01

 三ツ星レストラン「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の厨房に、総料理長・星野光子が現れた。副料理長らが出迎えるなか、光子はスペシャリテの鹿の下ごしらえを始めると告げた。そこへ、オーナー・篠田章吾が雑誌の記者を引き連れてやってきた。鹿に包丁を入れていた光子を見た篠田は激怒。ゲストの料理評論家にスペシャリテは鴨だと伝えてあるからだという…。翌朝、光子は、昨夜料理を食べた料理評論家が食中毒を起こした、と聞かされる。光子は信じないが、篠田から辞職を迫られたため、それを承諾して店を後にする。ところがその後、食中毒のニュースは世界にまで発信され光子の評判は地に落ちる…。(後はドラマを観て下さい)



三ツ星03

天海祐希さんが初のシェフ、
フジテレビ連ドラ4年ぶりの出演

 世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフの星野光子が一転して学校給食の調理師となり、さまざまな困難にぶつかりながらも、前向きに人生を切り拓いていく姿を描きます。主演は、天海祐希をはじめ、小泉孝太郎、川口春奈、友近、遠藤憲一等々です。



002_2016101923213882e.jpg


たわごと03
美味しい給食とは…?
 グルメをテーマとした映画・ドラマは数えきれない…。そんなヒッパリダコの「グルメ」なのですが、給食をテーマとしたのは、ワタシが知る限り始めてです…??
 今どきの子供たちの「給食」も、まずいのだろうか? 昭和を代表するワタシ達世代の給食は失礼ですがまずかった!! 当時たまごとハム程度しか食べれない、超偏食のワタシにとては給食の時間がもっとも嫌な時間でした…。まぁ、今思うと、懐かしく良い思いでなのですが…、それでもその当時、なぜ、もっと美味しい給食を提供してくれないのだろうと子供心に抱いていました。栄養重視・低予算…、わかりますが、誰かが真剣に考えてくれたら、何かが変わってたと思います。そんな意味でも、ワタシは、初回から大苦戦(視聴率)の、この番組を支援したいと思います?? 天才シェフ星野光子が作る「三ツ星の給食」を是非とも観てみたい、いやいや、食べてみたいものですね!!



001_20161019235318f3d.jpg



※カッパの勝手な採点は…、
がんばれ、フジドラマ !!

六半



2016.10.17 デッドプール
カッパのみなソン
Selection vol.896



呼んだ?
デッドプール  2016年 アメリカ



デッジ01

 全身赤いコスチュームに身を包んだ男「デッドプール」。その正体は、かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェイド・ウィルソン。第一線を引退後はヒーロー気取りで悪い奴らをこらしめ金を稼ぐ気ままな日々を送っていました。そんな時、娼婦のヴァネッサと出会い本当の愛を知る…。しかし結婚を決意した矢先、末期ガンで余命わずかと診断されてしまう。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった…。(後は映画を観て下さい)




デッジ03

 マーベル・ヒーローの中でも型破りな悪童キャラでひときわ異彩を放つアンチヒーロー「デッドプール」を主人公に迎え、全米で空前の大ヒットとなった痛快アクションエンタテインメント大作です。利己的でどこまでも無責任な傍若無人男デッドプールが己の復讐に突き進み愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを掟破りのパロディネタを織り交ぜつつ、過激なバイオレンス描写と下ネタジョーク満載に描き出します。主演は「グリーンランタン」「ゴーストエージェントR.I.P.D.」のライアン・レイノルズ。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。



デッジ05


たわごと03
スーパーヒーローも変わったね ?
 いわゆるスーパーヒーローモノの「誕生編」なのですが、これがなかなか凝った演出。冒頭デッドプールの大暴れを見せておいて、彼がどのようにして不死身のパワーを身につけたかを中盤に持ってきて、クライマックスに大爆発!! アンチヒーローらしい見せ方に、まずはアッパレ。そして下品で、グロい、最低のヒーローの描き方も良い感じですね。昨今の悩める正統派ヒーロー達とは全く異なるヒーロー像をさり気なくリアルに描いています。最初から最後までフザケっぱなしなのですが、それなりの感動、そして驚く事に何故か爽やかなラストです!!




デッジ02



※カッパの勝手な採点は…、
ヒーロー達も大変ですね !?

七点半




カッパのみなソン
Selection vol.895



これも世の貯め、人の貯め。
殿、利息でござる! 
2016年 日本



殿01

 江戸時代中期の仙台藩。百姓や町人には重税が課され破産や夜逃げが相次いでいた。貧しい宿場町・吉岡宿も例外ではなく、造り酒屋を営む穀田屋十三郎は、そんな町の行く末を深く案じていた。ある時彼は知恵者の篤平治から町を救うあるアイデアを打ち明けられる。それは藩に大金を貸し付け、その利息で町を再建するという前代未聞の奇策だった。計画に必要な額は、なんと千両(約3億円)。簡単につくれる額ではないが、宿場の仲間たちを説得し必死の節約を重ね家財も投げ打ってひたすら銭集めに奔走する十三郎たちだった…。(後は映画を観て下さい)



殿02

 「武士の家計簿」の磯田道史が江戸時代に貧しい町を救うために奇想天外なアイデアで藩主に立ち向かった実在の商人の知られざる感動歴史秘話を綴った評伝「穀田屋十三郎」を「予告犯」「残穢」の中村義洋監督「舞妓 Haaaan!!」「夢売るふたり」の阿部サダヲ主演で映画化した痛快人情時代劇コメディです。共演は瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、山崎努。



殿05


たわごと03
実は、実話は面白い…!?
 阿部サダヲが主演…、でもあれ、想像とは一寸違う。でもそれはそれで、なかなか良い映画ですね。オープニングのナレーションで、江戸時代中期の実話だと知り吃驚。この時代に、こんなにも街の事を考えたつわもの達がいたなんて驚きです。これはまさに市民と町が一体となった「街づくり」ですね。
 思わず大笑いしてしまうような笑あり、涙あり…、世代を超えて楽しめる懐の深い作品です。街おこしや街づくりに興味を抱く地方自治体での自主上映に適したテーマだと思います!!



殿03



※カッパの勝手な採点は…、
想定外に、マジメです !!

カッパ採点7点







ドラマのツボ
 part.88



※恋愛ドラマです。(ありません!)
地味にスゴイ!  校閲ガール河野悦子
2016年秋 日本テレビ



校閲01

 オシャレ大好き河野悦子はファッション誌の編集者を夢見て、今年も出版社・景凡社の中途採用試験の面接に臨みファッション誌の魅力と編集部で働く熱意を訴えた。その夜、景凡社の人事担当から採用の連絡が来て悦子は大喜び。しかし悦子が配属されたのは念願のファッション編集部ではなく、原稿の誤字脱字や内容の間違い、矛盾がないかを確認する超地味な「校閲部」だった…。(後は映画を観て下さい)



校閲02

 「仕事って、本気でやれば、おもしろい!」すべての働く人にエールを送る、そんなドラマがこの秋、からスタートしました。原作となったのは宮木あや子が描く「校閲ガール」シリーズ。ファッション編集者を夢見て出版社に入社した女性だったが、配属先は地味な校閲部になってしまい、そんな中でもひたむきに一生懸命働いていく物語です。そして、その放送枠は、「ハケンの品格」や「働きマン」など働く女性のドラマを数々生み出してきた日本テレビの水曜ドラマ枠。その主人公である河野悦子を演じるのは、今ノリノリの石原さとみさんです。



校閲03


たわごと03
地味にヤバい…、この番組。
 「シン・ゴジラ」で非常に印象的だった、女優・石原さとみが、ドラマの題材としてきっと初めてスポットライトがあたっただろう「校閲者」を演じる異色ドラマです。ワタシとしては仕事柄、非常に馴染みのある「校閲」…、確かに地味な仕事です。がぁ、これがまた絶対不可欠。何度も何度も「校正ミス」で泣いてます。(実はつい最近も誤植が…)そして今日放送の第二話にあったような、印刷完成後の誤植発見。これってきっと、全国の印刷(制作)に携わる人たちを震え上がらせたことだろう!? ほんと「大きな文字程、ヤバイ」いんです。そんなこんなの失敗を糧に、河野悦子、コウエツが、1人の人間として成長して行きます。夢を真っすぐに追い続ける彼女がスゴイ!!



校閲05



※カッパの勝手な採点は…、
ドラマの切口は、無限だ!!

七点半




カッパのみなソン
Selection vol.894



日本未公開、超大作。
セブンス・サン 魔使いの弟子 
2014年アメリカ・イギリス・カナダ・中国



セブン01

 ある日、封印されていた凶悪な魔女が復活を遂げる。それとともに様々な魔物も復活し人間世界に恐怖と闇をもたらした。凶悪な魔女を倒すために魔使いマスターのグレゴリーは代々特殊な能力を持つと言われるある一族の七番目の息子トムを捜し出す。そして2人の魔物退治の旅が始まる…。(後は映画を観て下さい)



セブン04

 日本未公開のこの作品は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたアクションファンタジー映画です。ジョゼフ・ディレイニーの小説「魔使いの弟子」を原作としており監督をセルゲイ・ボドロフ、脚本をチャールズ・リーヴィットとスティーヴン・ナイトが務めた。



セブン03


たわごと03
魔法使いは、好きですか?
 「モンゴル」「ベアーズ・キス」のセルゲイ・ボドロフ監督がメガホンをとり、 ジョゼフ・ディレイニーの人気ファンタジー小説「魔使いの弟子」を映画化したファンタジーアドベンチャー大作なのですが、何故か日本未公開。ジェフ・ブリッジスもジュリアン・ムーア貫禄の演技と見事な存在感。しかしながら、映画としての個性にかける…。映画手法の定番とも言える「魔法」なのですが、進化した今の映画では目新しさにかけますね。あっと驚くではなく、深く味わえる作品にして欲しかったです。



セブン02


※カッパの勝手な採点は…、
魔女ジュリアン・ムーアも良いですね!?

六半




2016.10.10 君の名は。
カッパのみなソン
Selection vol.893



まだ会ったことのない君を、探している。
君の名は。 2016年日本



君01

 千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る…。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつもメモを残してやりとりしながら少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう…。(後は映画を観て下さい)



君06

130億円越えの大ヒットアニメ !
 「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」の新海誠監督が、夢の中で入れ替わる少年と少女を主人公に贈る青春SFファンタジーアニメーションです。入れ替わりが巻き起こす思春期ならではのコミカルで甘酸っぱい青春模様と2人を待ち受ける思いも寄らぬ運命の顛末を美しい映像とともに綴ります。声の出演は神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子。



君02


たわごと03
新海アニメが進化した !
 「秒速5センチメートル」を観た時に、いつかは彼の時代が来ると予感した事を思い出しました。しかし、その後に発表した「星を追う子ども」で、かなり失望し、2年後の秀作「言の葉の庭」では、彼の構成力に少々疑問を…。それでも底知れぬアニメーターとしての素質がいつ開花するのかと待ちわびてました。そして今、見事に花開きました。なんと興行収入が130億越え…、ジブリもビックリのこの数字を新海監督が叩き出しました。もはや社会現象とも言えるこの予想外の大ヒット。ワタシ的には、嬉しいと言うより少し淋しい気持ちなのですが…。普段アニメなんか興味のない大人や若者たちまでもが、劇場に足を運ぶ…、そして、純粋で無垢な新海ワールドに共感し涙ぐむ。そんなステキな光景を見ていると世間も捨てたもんじゃないなぁ、なんて思ってしまいます!!



君05


※カッパの勝手な採点は…、
時をかける、転校生だ !?

8点




2016.10.07 あやしい彼女
カッパのみなソン
Selection vol.892



いきなり、20才(ハタチ)。
あやしい彼女 2016年日本



あやしい01

 73歳の瀬山カツはワガママで無神経な毒舌おばあちゃん。地元商店街ではいつもトラブルの元凶となる鼻つまみ者。女手一つで育て上げた娘の幸恵とバンド活動をしている孫・翼の自慢話に周囲は辟易。そんなカツの唯一の理解者が昔なじみの中田次郎。彼女を一途に慕い、どんな時でも味方になってくれていました。ある日、幸恵と喧嘩して家を飛び出したカツは見知らぬ写真館にふらりと足を踏み入れる…。やがてふと気づくと、いつの間にか20歳の時の自分に若返っていたのだった…。(後は映画を観て下さい)



あやしい02

日本ローカライズ版。
 日本でも評判を呼んだ韓国映画「怪しい彼女」の中国版「20歳よ、もう一度」に続く日本ローカライズ版。73歳の頑固おばあちゃんが、ひょんなことから姿だけ20歳の娘に若返り、やり残してきた青春を取り戻そうと奮闘する姿を描くファンタジーコメディです。主演は「夜のピクニック」の多部未華子。共演に倍賞美津子、要潤、小林聡美。監督は「舞妓 Haaaan!!!」「謝罪の王様」の水田伸生。



あやしい05


たわごと03
ニッポンのココロだ!!
 もちろんオリジナル「怪しい彼女」(韓国)が素晴らしかっただけに、この日本版には「こんなモノ…」なんだろうと勝手に思い込んでました。ゴメンナサイ、そんなワタシが馬鹿でした。想定外、それ以上に良く出来てます。韓国と日本の文化、風土、そして時代。等々のズレを繊細に修正し、今の私たち日本人が観てもココロに響く映画に仕上がっています。そして何よりも主演の多部未華子と倍賞美津子にアッパレです。倍賞さん演じる、ちょっと意地悪なお婆ちゃん、さすがです。この役は、映画女優としての時代を演じた彼女しか出来ませんね。そして多部未華子ちゃん、月並みですが、驚きです!! 演技は勿論、へぇ〜、こんなにも歌がうまかったんだ?? 映画とは言え彼女の歌う唄が心に染みます。韓国、日本…、中国。そしてなんとベトナム版までも、それぞれの国、それぞれの文化で、リメイクではなくローカライズされる映画なのですね!!



あやしい03


※カッパの勝手な採点は…、
映画も「ソウル」だ !!

8点







カッパのみなソン
Selection vol.891



強くなる、青春ぜんぶかけて!
ちはやふる 上の句 2016年日本



ちは01

 小学校時代、転校生の綿谷新から「競技かるた」を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。しかし、小学校卒業とともにバラバラとなってしまい家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに「競技かるた部」の創設に乗り出し高校で再会した太一を再び巻き込み2人で部員集めに奔走する…。(後は映画を観て下さい)



ちは05

 競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒットコミックスを「海街diary」の広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の前編。高校でかるた部を立ち上げ全国大会を目指し地方予選に臨むヒロインと部員たちとの熱き青春模様を描きます。共演は野村周平、真剣佑。監督は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。



ちは04


たわごと03
爽やかに、熱く…。
 良いですね、競技カルタにかける青春。もちろんモチーフは、今静かなブームの「競技カルタ」、一見地味ではあるが、精神力と体力と集中力を必要とする知的なスポーツ。そんな彼ら彼女たちの青春を見事に描くこの作品は、29巻累計部数1400万部を超える末次由紀の人気コミック漫画「ちはやふる」が原作だそうです。もちろん原作は未読ですが、映画だけでもカルタの奥深さを十分に体感できます。そして何よりも、今や青春の象徴とも言える広瀬すずちゃんがなかなか良いです。この前観た「orangeオレンジ」よりもワタシはコチラが好き。ひた向きな彼女の笑顔、そして涙、何となく、あの一生懸命だった頃の自分を呼び起こしてくれます。

追 伸
 後で気付きました。すみません「orangeオレンジ」は、土屋太鳳さんですよね。まさにオッサンですね、若い女優さんたちがゴッチャになってしまう…。これも老化現象でしょうか? (情けない)



ちは03


※カッパの勝手な採点は…、
下の句も楽しみにしています!!

七点半

2016.10.02 SCOOP!
カッパのみなソン
Selection vol.890



ごめん。馬鹿で悪かったな。
SCOOP ! 2016年日本



スクープ01

 かつては凄腕の報道カメラマンとして伝説的なスクープをいくつも手がけた都城静。しかし、ある出来事をきっかけに報道写真への情熱を失い、今は芸能人の尻を追っかけるパパラッチをして日銭を稼ぐ日々。借金と酒にまみれた自堕落な毎日を送っていた静だったが、ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火とコンビを組むハメに。案の定、互いにソリが合うわけもなく、ことあるごとにケンカしてばかりの静と野火だったが…。



スクープ05

 「モテキ」「バクマン」の大根仁監督が、1985年の原田眞人監督作品「盗写1/250秒」を基に、主演に福山雅治を迎えて贈るエンタテインメント大作です。芸能スキャンダル専門のしがないパパラッチと、その見習いとなった新人女性記者が互いに衝突を繰り返しながらもスクープを連発していくさまをコミカルかつスリリングに描き出します。共演は二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー。



スクープ04

たわごと03
福山雅治、まさかの熱演…。
 ヒットメーカー大根仁監督が、何かと話題の多い福山雅治を起用し、今までのイメージを一新した意欲作です。冒頭いきなり激しい…、きっと覚悟はしていても、福山ファンの女性の皆様には、ちょっと厳しいはじまり。そんな無愛想で不潔でエロい中年パハラッチ福山雅治が、愛用のキャノンを持って夜の街を駆け抜けます。タレント福山ではなく、俳優・福山雅治を見事に魅せてくれます。なんとなく一昔前の切口なのですが、さすがは大根仁監督です、社会性とエンターテイメントのバランスが素晴らしいです。ただ、ワタシが見たのは公開、2日目の日曜日(今日)…、観客はワタシ達を含め10〜15名。興行的にはどうなのだろう??



スクープ03


※カッパの勝手な採点は…、
リリー・フランキーの怪演が凄い…。

七点半





カッパのみなソン
Selection vol.889



恐怖、絶叫。そして絶望。
ディープ・ブルー 1999年アメリカ


ブルー01

 太平洋上に建造された海洋医学研究施設アクアティカ。スーザン・マカリスター博士は、サメ専門家のカーター、学者のジャニスとジム、設備エンジニアのトムらを助手に、マコシャーク(アオザメ)の脳組織を利用して人間の老化を防ぐ新薬開発の研究に邁進していました…。その研究に危惧の念を抱いた投資家グループの代表として著名人でもあるラッセルがアクアティカにやってきた…。(後は映画を観て下さい)



ブルー05

ヒットメーカー、レニー・ハーリンが、
生み出した海洋生物パニックアクション!!

 海上のハイテク研究所を舞台に高度な知能を持ったサメとその研究所に閉じ込められた人々の死闘を描いたアクションサスペンスです。監督は「ロング・キス・グッドナイト」のレニー・ハーリン。脚本は「ZERO Gravity」のダンカン・ケネディ、ドナ・パワーズとウェイン・パワーズ。製作は「プラクティカル・マジック」(脚本)のアキヴァ・ゴールズマン、「マウス・ハント」のアラン・リーシュとトニー・ラドウィグ。製作総指揮は「アウトブレイク」のダンカン・ヘンダーソンと「マトリックス」のブルース・バーマン。



ブルー04

たわごと03
生き残るのは、誰だ!!
 ストーリー的には、それほど目新しいものではありませんが、ワタシ的には「ジョーズ」に次ぐ作品だと思ってます。何よりもサメの出し方が素晴らしい、もったいぶらずに、いきなりガブリ。まだかまだかと恐怖を待つ、あの何とも嫌な「間」がない…。そう恐怖を見せるテンポが良いのです。そして、最小限に絞られた登場人物たちの誰が、生き残るのかが、想定不能。ゲーム感覚で味わえる鮫プラス密室パニックの秀作だと思います。秋の夜長に是非とも再チェックを!!



ブルー03



※カッパの勝手な採点は…、
サミュエルさんも、いきなり…!!

七点半