FC2ブログ
2016.01.15 真田丸
ドラマのツボ
 part.67



今だって、愛と勇気の旗をかかげていいんだ。
真田丸 第1話「船出」
2016年NHK大河ドラマ



真田01

 天正10年(1582年)2月。名将・武田信玄の急死から9年、武田家は当主・武田勝頼の下、絶体絶命の危機を迎えていました。重臣たちの裏切りをきっかけに織田信長の大軍勢が領内に侵攻、諸城が次々に陥落する事態に陥ります。武田に仕える真田昌幸は、上野国にある自らの居城・岩櫃城で織田を迎え討つように進言し準備のため一足さきに出発します…。(後はドラマを観て下さい)



真田02

戦国時代最後の名将。真田幸村
 その名を、真田源治郎信繁という。好奇心あふれ、冒険を好み、戦国の世を駆け抜けた真田信繁は、いつしか、覇者・徳川家康をも恐れさせる伝説の武将となった。真田幸村伝説には、もうひとつのストーリーがある。天才の父、秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく、家族感にあふれた次男坊・信繁の物語。大坂夏の陣において真田信繁が、戦国時代最後にして最高の砦「真田丸」を作りあげるまでの人生は、戦国の荒波に揉まれ続けた小さな家族船「真田丸」で長い長い航海の道程でもあった…。



たわごと03
三谷丸、いざ出航 !
 始まりましたね、2016年NHK大河ドラマ。今更なんですが脚本は「新撰組!」に続き二度目の大河となる、三谷幸喜さんです。ワタシ的には賛否も在りましたが前作「新撰組 !」は、大好きな大河ドラマの1本でした。特に堺雅人さんが演じた山南敬助…。あの迫真の切腹シーン今でも忘れられません。その堺雅人さん演じる真田幸村、とっても楽しみです!!


真田04

悲しき武将、武田勝頼…。
 もう既に話題となってますが…。記念すべき第1話の最高の貢献者は、平岳大さん演じる武田勝頼の悲哀に満ちた好演でしょう。ツイッターには放送後から「初回MVP」「勝頼泣けた」「格好よすぎる」など、なんと1万6000件を超える賞賛の投稿が相次いでいるそうです。武田勝頼は、これまで歴史ドラマなどで、偉大な父信玄の築いた隆盛を継承できなかった人物として評価の低い描かれ方が多かったと思いますが、さすがは三谷幸喜、敗者に魂を注ぐ彼らしい切り口で、最高の演技と演出を魅せて頂きました。こんなにも悲しい横顔の武将は初めてみました。この武田勝頼をみて、現代の歴史においては「敗者」でもある、真田幸村の今後にワクワクします!!



※カッパの勝手な採点は…、
それにしても、1年は「あっ」という間だ…。

カッパ採点7点




スポンサーサイト