FC2ブログ
カッパのみなソン
Selection vol.421



ヤバすぎる人生へ、ようこそ。
ウルフ・オブ・ウォールストリート 
2013年 アメリカ


ウルフ00

 80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させ自らも年収49億円の億万長者となります。ドラッグでキメまくり、セックスとパーティに明け暮れた彼のクレイジーな豪遊ライフは衆目を集めいつしか「ウォール街の狼」と呼ばれて時代の寵児に…。(後は映画を観て下さい)



ウルフ001

 80年代から90年代のウォール街で「狼」と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録「ウォール街狂乱日記」基に、名匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化したピカレスク伝記ドラマです。20代で億万長者にのし上がり30代で逮捕されるまでのあまりにも破天荒すぎる栄光と転落の物語を描きます。共演は、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー。



たわごと03
貯金ゼロから、なんと年収49億円 !
 この映画のディカプリオや彼を取り巻く人々、誰もが「大馬鹿野郎」だと思います。そうマーティン・スコセッシは、嫌われるように創っています。特にディカプリオは、ちょっとでもストレスを感じるとすぐ薬やってしまうドラッグ依存症の自分勝手で弱い人間。そして、彼らは口先だけの信用を売って生きており仲間どうしでは、秘密の共有によって繋がっている…。全く誠意も友情も存在しない人間関係。しかし、そんな馬鹿野郎たちの生き方にも共感してしまう。この映画は人間の本質をしっかりと掴んだ秀作だと思います。


ウルフ02

そして、あなたは…、
きっと、その馬鹿野郎達が好きになります ?



ウルフ03




※肝心の映画は…
マーティン・スコセッシが、ギラギラしてる !

八半







スポンサーサイト