FC2ブログ
2014.04.05 ダイアナ
カッパのみなソン
Selection vol.372



やっと会える。本当のあなたに…。
ダイアナ 2013年イギリス



ダイアナ01

 1995年、英国皇太子妃ダイアナは夫と別居して3年、2人の王子とも離れ寂しい暮らしを送っていました。そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーンと出会う…。心から尊敬できる男性にやっと巡り逢えたと確信するダイアナはBBCのインタビュー番組に出演し別居の真相を告白「人々の心の王妃」になりたいと語って身内から非難されるがハスナットは彼女を励ましてくれました。そして1年後、離婚したダイアナは地雷廃絶運動などの人道支援活動で、世界中を飛び回る日々を、自分の弱さを知るからこそ、弱者の心を理解する彼女は、人々を癒し、政治を動かす力も持ち始めていた。一方、ハスナットはゴシップ紙に書きたてられ、彼の一族からも反対される事に…。(後は映画を観て下さい)



ダイアナ03

 36歳の若さでこの世を去った、ダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポットを当てその知られざる最後の恋を等身大に描き出した、世界的伝記メロドラマです。主演は「インポッシブル」のナオミ・ワッツ。監督は「ヒトラー最期の12日間」等のオリヴァー・ヒルシュビーゲルが斬新に描きます。



たわごと03
世紀のメロドラマとして楽しめる…。
 この映画を観て、ダイアナは、それほどまでにハスナットを愛していたのだと…、正直もう少し社会派映画とと思いや、ふたりの恋愛を核にして、すべては彼への愛のため…。誰もが知りたい「ダイアナの死の真相」を明かしてくれると期待すると、期待はずれなのですが、世界プリンセスの悲哀物語と思えば十二分に楽しめます。


ダイアナ02


気になる女優、ナオミ・ワッツって…
 確かナオミ・ワッツは37歳で「キングコング」のヒロインを演じました。そして、アメリカ・リメイクの「ザ・リング」でも恐怖のヒロインを熱演し日本でもおなじみの女優さんです。この作品でも見事にプリンセスダイアナを演じています、と言うより完全に彼女がダイアナです。はずれのない彼女の作品、決して若くない彼女の熟練した演技が楽しみです。


ダイアナ05




※肝心の映画は…、
やっぱり、その真実を知りたい ?

カッパ採点7点




スポンサーサイト