2014.03.31 エスパイ
いつかみた映画
【其の八十八】



ヒットメーカー小松左京を完全映画化 !
エスパイ 1974年日本



エスパイ01

 世界各地でVIPの暗殺事件が続発しました。エスパイのニューヨーク本部では事件の背後には宿敵、逆エスパイの魔手があると知ってその対策に苦慮していました。その頃エスパイの日本支部長・法条は部下の田村とマリアを使って超能力を持ったテストドライバーの三木をスカウト、彼をエスパイの一員としてトレーニングしていました。ある日イスタンブールからボールという男が重大情報を握っているとの知らせが入り、田村とマリアはイスタンブールへ飛びボールから逆エスパイがバルトニア首相暗殺を計画していることを知らされました…。(後は映画を観て下さい)



エスパイ04

日本沈没の小松左京。
「エスパイ」とは人並はずれた超能力を持った人間「エスパー」たちによって組織された国際秘密機構でどの国家にも属さず利益を追わず権力をも求めず破壊者の手から世界平和を守る正義の(力)でです。このエスパイたちと正体不明の姿なき殺人者との超能力を駆使しての対決を描いたアクション映画。原作は小松左京の同名SF小説。脚本は「血を吸う薔薇」の小川英、監督は「ゴジラ対メカゴジラ」の福田純、何とも懐かしい…!!


たわごと03
1号ライダーが熱演。
 社会現象を巻き起こした、小松左京氏の「日本沈没」に続き、東宝が映画化したのは、超能力をテーマとした「エスパイ」。もちろん主役は、当時の子供達のヒーロー、本郷猛ライダー1号の藤岡弘。変身はしないも仮面ライダーを彷彿さすキャラクターに胸を時めかした事を今でも鮮明に覚えています。しかし、肝心の仮面ライダーいや藤岡さんの活躍よりも、由美かおるさんの訳の分からないセクシーなダンスを思い出してしまいます…。

エスパイ05

 これが大人の映画と勝手に思い込み、仮面ライダーから卒業した…。そんな馬鹿げた偏見と思い込みがある意味懐かしいヘンテコな作品です。しかし、これって今だからこそ、しっかりとお金を賭けてリメイクしたら意外面白いかも…。



ちょつと01


エスパイ06藤岡弘が、38年ぶりに
仮面ライダー1号に変身 !
 
 俳優の藤岡弘が「平成ライダー vs 昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」で、38年ぶりに仮面ライダー1号に変身することが明らかになった。声の出演などはあったものの、藤岡氏が「仮面ライダー」シリーズの中で本郷猛として仮面ライダー1号の変身ポーズを披露するのは、1976年1月3日に放送された「全員集合 ! 7人の仮面ライダー ! 」以来となる。
【シネマトゥデイより】




※肝心の映画は…。ライダー変身!!
6点






スポンサーサイト
2014.03.30 ポゼッション
カッパのみなソン
Selection vol.368



これは事実を基にした物語である…
ポゼッション 2012年アメリカ



ポゼッション01

 妻と離婚したばかりのクライドは、2人の娘たちと週末だけしか一緒に過ごすことができなかった。そんなある日、次女エミリーがガレージセールでアンティークの木箱を気に入り購入する事に…。それ以来、エミリーはその箱にすっかり夢中になってしまい時を同じくして人が変わったように暴力的になっていきます。原因を調べ始めたクライドはやがてその箱に秘められた衝撃の事実を知るのでした…。(後は映画を観て下さい)



ポゼッション03ディビュークの箱。 
 「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作で贈る低予算オカルトホラーです。所有者に災いをもたらす木箱としてアメリカのオークションサイトで、大きな話題となった「ディビュークの箱」をモチーフにガレージセールで古い木箱を手に入れた少女とその家族に訪れる戦慄の恐怖を描きます。出演はジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、ナターシャ・カリス。監督は「モルグ」のオーレ・ボールネダル。



たわごと03
どうしても、あのエクソシストが…。
 ガレージセールで手に入れた木箱に魅入られた少女がやがて別人のように振る舞うようになっていく、可愛い彼女の身に何が起こっているのか…!! そうホラー映画としてはすごくオーソドックスな作品です。まあ、見ている方の予想を全く裏切らない良質な作品なんですが…。

ポゼッション04

「ディビュークの箱」とは、実際には購入者が不幸になるといういわくつきの木箱がネットオークションに出品されたってだけだそうです。そんな木箱をネットオークションに出展する事も少々可笑しいし、それを映画化することも…。

ポゼッション02

時代を重ねても「エクソシスト」には及ばない… ?



※肝心な、映画は…。
それでもよく出来てますよ!!

七点半





カッパのみなソン
Selection vol.367



誰でも逃げる…。
マイノリティ・リポート 2002年アメリカ



マイ01

 西暦2054年のワシントンDC。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策としてある画期的な方法を採用し大きな成果をあげていました。それは「プリコグ」と呼ばれる3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し事件が実際に起きる前に犯人となる人物を捕まえてしまうというもの…。そして、ジョン・アンダートンはその犯罪予防局のチーフとして活躍していました。しかし、ある日、ジョンは自分が36時間以内に見ず知らずの他人を殺害すると予知されたことを知ります…。(後は映画を観て下さい)



マイ03
 
 スピルバーグとトム・クルーズの大物コンビによる近未来SFサスペンスです。「ブレードランナー」「トータルリコール 」の原作者フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。特撮工房ILMによって作り上げられたリアルな近未来世界が展開されます。キャメロンディアスとキャメロンクロウが「カメオ」で出演。


たわごと03
スピルバーグ + トム・クルーズ = ??
 この二人がタッグを組、原作はあの「ブレードランナー」のフィリップ・K・ディック…。それゃ期待しました、しかし、しかし、映画は何だかヘンテコな出来映え。ありそうで無いような近未来…、クルマは縦に走るし、現実に開発が進められている体を使ってのPC。そして何よりも印象的だったのが「嘔吐棒」。名前の通り犯人に嘔吐を…、なんとも汚い近代兵器です。捕まえの時に一々吐かれたら、捕まえる方が気持ち悪くなるのでは無かろうか…。結局の所、犯人がどうだか…、トムが、無罪とかは余り記憶に残らず、縦に走るクルマと嘔吐棒だけが記憶に残ってしまった。


マイ06

 映画としては、かなり文句を付けたいのですが、さすがにトム・クルーズの存在感は素晴らしい、そして、スピルバーグ作品には欠かせない、編集のマイケル・カーンや映画監督のジョン・ウィリアムズの存在が嬉しい!!



※肝心の映画は…、それでもスピルバーグ??

カッパ採点7点






2014.03.28 謝罪の王様
カッパのみなソン
Selection vol.366



謝るとき、人は誰でも主人公。
謝罪の王様 2013年日本



謝罪01

 ヤクザな男の車相手に追突事故を起こしてしまった帰国子女の倉持典子。欧米の習慣が災いしてうまく謝罪できず泥沼に落ち込みます。そんな彼女が頼ったのは「謝罪のプロ」を自任する東京謝罪センター所長、黒島譲でした。そして、黒島の見事な「謝罪」でどうにか窮地を脱した典子は、そのまま黒島のアシスタントとして働く事に、やがて2人の前には一筋縄ではいかない大小様々な難題を抱えたひと癖もふた癖もある依頼者たちが次々と現われるのでした…。(後は映画を観て下さい)



謝罪04

「舞妓 Haaaan!!!」「なくもんか」を手がけた主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再びタッグを組み架空の職業「謝罪師」を主人公に描く奇想天外ナンセンスコメディです。いかなる難題にもありとあらゆる謝罪のテクニックを駆使して解決に導く主人公の活躍をバラエティに富んだ豪華キャストの共演とともにオムニバスタッチの構成で描き出します。共演は井上真央、竹野内豊、高橋克実、松雪泰子。



たわごと03
宮藤官九郎らしい、遊びの演出。
「謝罪の王様」見せて頂きました。ノリノリのクドカンと実績・実力共の2人が描く好きな事やり放題の大作です。ワタシ的にはマンタン王国への謝罪パートよりも日常が舞台の謝罪のあれこれの方が絶対面白いと思います。ストーリーはオムニバス方式で、ひとつ一つのパーツが繋がっているのが巧みで面白い。


謝罪02

エンドロールのE-girlsが長すぎる…。
※ファンの方スミマセン…。


※肝心の映画は…、
謝る事からはじまる絆です。

カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.365



英国史上、もっとも内気な王。
英国王のスピーチ 2010年イギリス・オーストラリア



英国王01

 英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格となり成人してからも自分を否定し続ける人生を送っていました。吃音を克服すべく何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの一向に改善の兆しは見られない…。そんな夫を心配する妻エリザベスが最後に頼ったのはスピーチ矯正の専門家というオーストラリア人のライオネル。彼は王子に対しても遠慮のない物言いで次々と風変わりな治療法を実践していました…。(後は映画を観て下さい)




英国03

 今を時めくコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を演じて絶賛された感動の伝記ドラマです。吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチセラピストのサポートで歴史的演説を成し遂げ国民のリーダーとして戦争という難局に立ち向かう姿を描き出します。共演はジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッドサッカー万歳」のトム・フーパーの珠玉の逸品です。


たわごと03
人前で話す難しさ…。
 ソコソコの年になると人前で話す機会が増えてきます。ワタシも余り人前で喋る事は好きでは在りませんが…、一寸した挨拶や祝辞でもスッパリ喋る方とそうでない方(ワタシの様なヤツ)の違いが歴然と表れます。そして、それが一国の主であれば、なおさらの事でしょう。スピーチが苦手な国王。その「切り口」だけで立派な映画となります。そして超実力派の英国俳優達の円熟された演技。いい映画はこんな風に創るんだよ…、とい見本となる名作です。

英国05

各賞を総なめした、優等生映画。
 第83回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞と主要な賞を受賞したの勿論。それだけに留まらず、世界各地の映画賞、合わせて何と63個も受賞しています。



※肝心の映画は…、
アカデミー賞ではどんなスピーチを披露したのだろう ?

9点訂正




カッパのみなソン
Selection vol.364



恋をすれば傷を負う。
箱入り息子の恋 2013年日本



箱入り01

 市役所に勤める35歳の独身男性、天雫健太郎。人付き合いが苦手で友だちも恋人もはなから諦め自宅と職場を行き来するだけの退屈な人生を送っていました…。そんな健太郎を見かねた両親は親同士が子どもたちの相手を見つけ合う「代理見合い」に参加します。そこで裕福な今井夫妻と知り合いその一人娘・奈穂子と正式にお見合いするチャンスを得ます。実は奈穂子は病気のために今ではまったく目が見えなくなっていました。そんな奈穂子と思いがけず生まれて初めての恋に落ちてしまった健太郎…。(後は映画を観て下さい)



箱入り04

吉野家デートが初々しい。
 映画初主演となる星野源が初めての恋に悪戦苦闘する「35歳童貞男」を爽やかに熱演する感動の恋愛ストーリーに創り上げました。人付き合いが苦手な35歳の独身男が盲目の女性と生まれて初めての恋に落ち他人と真剣に向き合っていく中で少しずつ自分の殻を破り成長していく姿をそれぞれの家族の思いとともにユーモラス描きます。ヒロインは「天然コケッコー」の夏帆、共演に平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳。監督は「無防備」の市井昌秀。


たわごと03
箱入りオタクの恋です。
 ワタシ的には嫌いではなく、とっても好きな映画に出会いました。ギコチナイ主人公、市役所に勤める親離れできていないオタクです。もっともモテなく、好感度もサイテー。そんなオタクが障害を持つ美しい少女に恋する。昔見たキムタクの「ビューティフルライフ」を彷彿さすストーリーですが、それは前半まで…。後半はかなり違和感のある展開で純愛映画と思いや、かなり不思議な展開となって行きます。

箱入り03

 ワタシ的には、前半のテイストを生かしたまま、二人の今後を見てみたかった気がします。原作の「35歳童貞男」は読んでませんが、映画としては純愛路線の方が良かったと思います。主役の星野源は兎も角、夏帆ちゃんの好演がもったいない気がします…。

箱入り02

代理見合いって一体なんなんだ !



※肝心な、ドラマは…。
直太朗が主演したら良かったのに。

七点半





カッパのみなソン
Selection vol.363



何かあったら、電話してくれ。
探偵はBARにいる 2011年日本



探偵01

 札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に探偵稼業を営む「俺」。携帯電話を持たない彼との連絡手段はもっぱら彼が入り浸るBAR「ケラーオオハタ」の黒電話…。ある夜、その黒電話に「コンドウキョウコ」と名乗る女からの奇妙な依頼が舞い込みます。如何わしいと思いながらも簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかけます…。(後は映画を観て下さい)



探偵04

 札幌在住の作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を大泉洋と松田龍平主演で映画化したハードボイルドエンタテインメントミステリーです。原作シリーズ第2作「バーにかかってきた電話」を基に奇妙な依頼を受けた主人公の探偵「俺」が相棒の高田と共に思いもよらぬ困難に遭遇しながらも次第に複雑な事件の核心へと迫っていくさまをユーモアを織り交ぜつつハードなアクションと哀愁をにじませたミステリアスなストーリー展開でスリリングに描きます。


たわごと03
映画の空気感。
 恥ずかしながら原作を読まずの鑑賞です。主人公大泉洋演じる携帯も持っていない探偵と無愛想な相棒とのあまりスマートではない探偵。舞台はススキノ、そして始まりは昭和を思わすBAR。少し古めの懐かしい描写…、ハードボイルドでありつつもユーモアと遊び心も満載。そして本格的なバイオレンス…、


探偵02

それでは最後は切ない…、
映画の的をしっかりと捉えていますね ?




※肝心の映画は…、
ちょっと不安ですがPART.2を見てみます !

カッパ採点7点






カッパのみなソン
Selection vol.362



たとえ何が起きても、あなただけは 私が守る。
オーガストウォーズ 2012年ロシア



オーガスト01

 2008年8月。モスクワに暮らすシングルマザーのクセーニアは南オセチアで平和維持軍の任務につく元夫ザウールに「息子にもこの自然を味わわせてやりたい」と頼まれ幼いチョーマを彼に預けます。ところがその直後、グルジア軍が侵攻しロシア軍との戦闘が始まります。チョーマの身を案じたクセーニアは危険を顧みず自らチョーマを救い出すべく最前線へと向かうのでした…。(後は映画を観て下さい)



オーガスト04ロシアとグルジアが激突した実在の戦争。
南オセチア紛争が舞台 !
 
 南オセチアの独立を巡ってグルジアとロシアが戦争状態となった2008年の事件を背景にロシア軍の全面協力で描く迫力の戦争アクション。リアルな戦場で繰り広げられる巨大ロボットのバトルシーンも見どころです。主演はスヴェトラーナ・イワノーワ、監督はジャニック・フェイジエフ。



たわごと03
ロシア映画史初の巨大ロボット ?
 正直ビックリしました。思っていた映画とは全く異なります。映画の画像を見た限りでは「パシフィックリム」「トランスフォーマー」のパクリB級映画と思っていました。申し訳ございません。これはロシアが本気で製作した新たな戦争映画です。ごく普通の親子が過酷な運命の元、戦争に挑んで行く。現実と空想が見事にマッチし、これがロシア映画なのかと思わす迫力で戦争の悲惨さと親子の絆を力強く描きます。


オーガスト03

思いがけない秀作に出会いました。



ちょつと01

安西何と、安西さんが…
 イラストレーターで作家の安西水丸さんが19日、脳出血のため死去した…。71歳だった。安西さんは17日午後2時ごろ、神奈川県鎌倉市内で執筆中に倒れ病院で治療を受けていたが19日午後亡くなったそうです。ショックです…。この前まで「W座」を楽しく見せて頂いていのに…。また1人大好きな方が逝ってしまいました。






※肝心の映画は…、少々荒削りですが必見です。
8点






カッパのみなソン
Selection vol.361



「生きて還る…」勇気だけが彼の希望となった。
キャプテン・フィリップス 2013年アメリカ



キャプテン01

 2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースクアラバマ号。インド洋を順調に航行していましたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃されます。船長のリチャード・フィリップスは船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に逃がします。そして彼らを救うため自らは単身で人質となり海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移りアラバマ号を後にします…。(後は映画を観て下さい)



キャプテン04

「ボーン・アルティメイタム」「グリーンゾーン」のポール・グリーングラス監督がトム・ハンクスを主演に迎えて放つ衝撃の実録サスペンスです。2009年にソマリア沖で海賊の襲撃に遭い人質に取られた後、アメリカ海軍特殊部隊によって辛くも救出されたアメリカ船籍マースクアラバマ号の船長リチャード・フィリップス氏の回顧録「キャプテンの責務」をリアルかつ緊張感あふれる筆致で映画化しています。共演はソマリア出身で14歳の時に家族と共に米国に移住したバーカッド・アブディ、これが彼の俳優デビューとなります。



たわごと03
現実的なリアルな恐怖。
 このテーマでポール・グリーングラス監督となると、やはり主演はトム・ハンクスでしょう。もう想像どおり、いやそれ以上の熱演。責任感と家族への愛、そして勇気。彼こそがキャプテン・フィリップス。そして、もちろんこの映画は実話を基に製作されたものそして監督はポール・グリーングラス…。最近観た「グリーンゾーン」同様この作品も彼らしいこだわりと徹底したリアリティ…。


キャプテン03

映画としては、どうなんだろう ?
 ただ映画としては面白い訳ではないです。全く生活水準の異なる4人にあっけなく船は占拠され、その後長過ぎる逃亡劇。さすがに観ている方も疲れてきて、エンディングクレジットが出た時には、別の意味でほっとしました。



※肝心の映画は…、結構長かった。

カッパ採点7点




ドラマのツボ
part.25


日本の未来を自動車に賭けた、先駆者達の物語。
LEADERS リーダーズ 
【前編】 2014年3月



リーダーズ01

 第二次世界大戦前、欧米先進諸国における自動車産業が持つ圧倒的技術力、産業力を目の当たりにしたある青年は帰国と共に自らの手で国産自動車産業を育て上げたいという夢を燃やしていました。青年の名は 愛知佐一郎。当時、父である愛知佐助が発明した自動織機 は欧米企業から特許権を高額で買い求められるほどになっており、彼はその製造を手掛ける愛知自動織機の常務を務めていた。自動織機会社の重役でありながら自分の目で見たアメリカ自動車産業の隆盛を忘れられない佐一郎は「 これからは日本にも車の時代が来る」 と確信し当時としては無謀とも言われた国産自動車の開発に乗り出すことを決意します…。(後はドラマを観て下さい)


 世界のトヨタ自動車の底力。
リーダーズ02 
 日本の未来のために仲間を信じモノづくりに人生を賭けた人間たちの生き様を、史実に基づいたオリジナル作品としてトヨタ自動車全面協力のもと壮大なスケールと究極のリアリティをもってドラマ化しています。主演を務めるのは、映画・テレビドラマ、そしてマークXの佐藤浩市。昭和のはじめ欧米の自動車産業を目の当たりにし 「いつか日本にも、日本人によってつくられた国産乗用車が走り、やがてそれらが世界中のハイウェイを走る時代が来る」 と信じ日本人の為の国産自動車づくりに人生を賭けた男、愛知佐一郎を熱演しています。


たわごと03
男たちの涙と勇気と感動の物語!
 シゴトで地元のトヨタ系ディーラーのお仕事をさせて頂いている事もあって、絶対に観なければと思い。今日は映画鑑賞を休み、2時間半の超大作ドラマを見せて頂きました。もちろんドラマは、世界のトヨタ。そう世界一の利益を計上したあのトヨタの創業のお話です。誰もが知っているトヨタ…、創りだしたクルマの事は知っているけれども意外にも企業としての歴史は知らない…。もちろんワタシもその一人です。日本の自動車産業の歴史は、戦争そして終戦…、そんな想像のつかない厳しい時代、そしてこんなにも短期間で世界一と言える技術力。本当に彼らの努力と執念は素晴らしい。

リーダーズ04

明日の朝、愛車プリウスαに敬意をはらいます。



※肝心な、ドラマは…。
貴島誠一郎だけに、もっと期待した。

6点半









2014.03.21
いつかみた映画
【其の八十七】



フェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作 !
 1954年イタリア


道01

 貧しい上に少々知的障害のある娘ジェルソミーナは、オートバイで旅まわりをする曲芸師ザンパノーの助手となって旅に出でます。ザンパノーの呼びものは胸の力で鎖を切ること、それに疑い深く狡猾と欲情にこりかたまった男でした。彼はさっそく暴力によってジェルソミーナを妻にし金ができれば他の女を追いかけまわして馬鹿な男でした。ジェルソミーナのやさしい心も彼には通じない、脱走してもつかまってしまう…。ちょうどその頃、2人は小さな曲馬団に参加します。ところが、その一団にいる若い綱渡りから「キ印」と呼ばれている青年が、ことごとにザンパノーをからかい、彼が怒るのを見て手をたたく。本能的に彼はザンパノーが気にくわないのだ。しかしジェルソミーナは、「キ印」がひくヴァイオリンの哀しいメロディに引きつけられ、彼と親しく口をきくように…。(後は映画を観て下さい)



道04

 旅回りの道化師と1人の女をめぐって人生の哀歓をつく、1954年ヴェニス国際映画祭サンマルコ銀獅子賞、1956年ニューヨーク映画批評家協会最優秀外国映画、同年アカデミー最優秀外国映画賞各受賞の超名作です。「無防備都市」「戦火のかなた」のシナリオを執筆したフェデリコ・フェリーニとトゥリオ・ピネリが原案、脚本を書き同じくフェリーニが監督した彼自身の最高傑作です。



たわごと03
あの名作が蘇る。

道03 映画ファンなら誰もが知る、フェリーニの「道」が、世界で初めてブルーレイ化されるそうです。フェリーニ監督自身もこの作品が最高傑作と自負するだけあり、今観てもきっと色褪せていない、名作中の名作なのでしょう。ワタシがこの作品を初めて観たのは、意外にも遅く、友人に進められて仕方なく観た記憶が在ります。今更、映画の感想ではなく、この映画を観て何故か 号泣した 記憶が、鮮明に残っています。可哀想とか、悲しいとかではなく、心がイタかった…。


今一度、自分なりに「道」を見定めよう !





※肝心の映画は…、ブルーレイで是非とも見直します !

9点訂正







いつかみた映画
【其の八十六】



映画音楽の巨匠、久石譲初監督作品。
Quartet カルテット 
2000年日本


カルテット01

 3年前の夏、第24回日本アンサンブルコンクールで大失態をやらかした弦楽四重奏団(カルテット)のメンバー4人は、今はそれぞれの道を歩んでいました。
有名なヴァイオリニストであった父を持つエリートの明夫は、盛岡交響楽団のコンサートマスター、智子はポップス演歌のバック奏者、大介は足立音楽学院の教官助手、愛は大学院に進みチェロの修業中。ある日、盛岡交響楽団と仙台交響楽団の合併話が起き職を追われた明夫は新東京管弦楽団のオーディション会場で智子たちと再会します。彼らもまた、それぞれに仕事を失ったりコンクールに落選したりしていました…。(後は映画を観て下さい)



カルテット02久石ファン必見 !
 大林宣彦、北野たけし、宮崎駿作品などの日本映画音楽監督で知られる作曲家・久石譲が、映画監督に初挑戦した意欲作です。音楽を通じて人生を模索する4人の若者の、挫折と再起、恋と友情をさわやかに描く感動作です。久石ファン必見の秀作です。もちろん音楽はサイコーですよ!!



たわごと03
久石監督のこだわり。
 ワタシは確かお隣、香川県のシネコンの上映会で見せて頂きました。久石監督のあの照れくさそうな舞台挨拶を今でも鮮明に覚えています。夢はあるものの厳しい現実の前に苦悩する4人の若者たちの音楽にかける情熱と青春を描いた物語です。ワタシ的には、この手のお話ってかなり好きなんです。そして彼らの心理描写や人間模様って嫌という程よくわかります。そんなある意味特殊な青春を久石監督らしい視点で描いてます。

カルテット03

音楽と映画の交わりが素晴らしいです。





※肝心の映画は…、次回作、楽しみにしています !
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.360



世界は、ギリシャ神話に飲み込まれる。
パーシージャクソンとオリンポスの神々
魔の海
 2013年アメリカ


魔の海02

 ポセイドンと人間のハーフゴッドであるパーシーは他のハーフゴッドの仲間たちと修行に励む日々をおくっていました。そんなある日、ハーフ訓練所を結界で守っていた大木が枯れ始めハーフゴッドたちに危機が迫ります。木を再生し結界を修復するためには「黄金の毛皮」が必要でした。そこで仲間たちとともに黄金の毛皮を求めて危険な「魔の海」へと旅立つパーシーでしたが…。(後は映画を観て下さい)



魔の海01

 ギリシャ神話の「海の神」ポセイドンと人間との間に生まれた半神半人(ハーフゴッド)の少年パーシー・ジャクソンが現代のアメリカとギリシャ神話の世界を股にかけて活躍するリック・リオーダンのベストセラーファンタジーシリーズの実写映画化第2弾です。主演は引き続きローガン・ラーマンが熱演しています。



たわごと03
なんとも映画的な世界観 ?
 「パーシー・ジャクソン」シリーズの原作は人気が高いそうです。ギリシア神話の神々たちと人間との子「ハーフ・ゴッド」たちの物語で人間臭いギリシアの神々の特性を上手に取り込んで、今風の映画的世界観を上手に描いてます。現代でも通じる人間性の根本とか、人と人との絆を上手く作品の中に取り入れています。前作ではパーシーのハーフゴッドへの覚醒と冥界や神の国オリュンポスも舞台になるなどいろんなキャラクターを様々な世界に登場させシリーズ1作目としては十分なパフォーマンスを見せていましたが、この2作目は余りにも身勝手なご都合主義の脚本で、何がしたいのか少々疑問符が残る続編となっているような気がします。


魔の海03


ちょつと01
あの、ふなっしーが吹替え。
 吹替え版も変わりました…、なんと、あの大人気のご当地非公式キャラ「ふなっしー」が、初の実写吹き替えを務めています。ギリシャ神話の「伝令の神」ヘルメスの力の象徴である杖に絡みつく蛇のジョージ。人間界にあるヘルメスが運営するオリンポスの宅配会社で、パーシー達に世界を救う「黄金の毛皮」の手がかりを伝える重要な役所です。

魔の海04

この手の映画は、吹替え版がオススメ !



※肝心の映画は…。正直ちょっと苦手です !
6点





カッパのみなソン
Selection vol.359



この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。
サブウェイ123 激突 2009年アメリカ



サブウェイ01

 ニューヨーク午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促します。その列車は19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態でした。すると無線で応答してきたライダーと名乗る男から「この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく」との要求を告げられます。さらにライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名…。(後は映画を観て下さい)



サブウェイ04トニー・スコットの遺産。 デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライムサスペンスです。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイパニック」に続いて再映画化です。ニューヨークの地下鉄を白昼堂々ハイジャックした凶悪犯と、その交渉相手に指名された地下鉄職員との息詰まる駆け引きの行方を緊迫感溢れるタッチで描かれます。監督は、故トニー・スコット。



たわごと03
デンゼル・ワシントン vs ジョン・トラボルタ
 この映画の見所は、何と言ってもデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの一騎打ちでしょう! 物語は、デンゼルとジョンのやりとりだけでほとんど進んでいきます。そして徐々に様々な思惑や過去が明らかになって行く事によって物語が深みを持ちます。しかし、映画としては少し地味です。ド派手なアクションも無く、奇想天外なトリックも存在しません。その分実力派俳優の2人の演技に集中できます。是非とも、円熟した2人の戦いを堪能して下さい。


サブウェイ02

レンタルで観るのに最適ですよ !





※肝心な、ドラマは…。職人トニー・スコットあっぱれ !
七点半


2014.03.17 キャリー
カッパのみなソン
Selection vol.358



スティーヴン・キングの同名小説をリメイク。
キャリー 2013年アメリカ



キャリー01

 高校に通う内気な少女キャリーは、狂信的な信仰に囚われた母親の過度な束縛によってまともな友だち付き合いもできずに陰湿なイジメに辛く孤独な日々を送っていました。そんなある日キャリーに対するクラスメイトのイジメが一線を越え関わった女生徒が学校から処分を受ける事態に発展します。これを不服に思った主犯格のクリスはキャリーへの憎しみを募らせます。一方いじめを反省したスーはせめてもの償いにとキャリーをプロムに誘ってあげてと自分の恋人を説得する…。(後は映画を観て下さい)




キャリー03 スティーヴン・キングの同名小説を基に、1人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラーを「キックアス」のクロエ・グレース・モレッツ主演で完全リメイクです。
 共演は「キッズオールライト」のジュリアン・ムーア。監督は「ボーイズドントクライ」のキンバリー・ピアース。高校に通う内気な少女キャリーを狂信的な信極端に信心深い母親のいびつな愛ゆえに学園で孤立を深めていくヒロインが凄惨なイジメの末に辿る戦慄の顛末を女性監督ならではの繊細な感情描写と迫力のバイオレンス演出で描き出します。



たわごと03
クロエ・グレース・モレッツ版、キャリー誕生。
 このリメイクを観て、誰もの思うのはクロエ・グレース・モレッツが可愛すぎる事です。ブライアン・デ・パルマが描いたオリジナルとは程遠い主人公。しかし、それは、それで分からなくはない…、可愛いとは可愛くないとかでは無いイジメ…。寧ろ可愛すぎるキャリーの方がリアルかも知れません。1976年のキャリーと2013年のキャリーを見比べると、今が見えてくるかも知れませんね。


キャリー02

キャリーよりお母さんが怖い…。



※肝心の映画は…、
スティーヴン・キング久々に魅せて頂きました !

カッパ採点7点






2014.03.16 宮本武蔵
ドラマのツボ
part.24


テレビ朝日開局55周年記念ドラマ
宮本武蔵 【第一話】 2014年3月


武蔵00

 フジテレビ慶長5年、作州吉野郷宮本村の若者・新免武蔵は立身出世の野望を抱き、足軽として関ヶ原の戦いに参戦しました。幼なじみの本位田又八と共に西軍に組しましたが、およそ18万人が入り乱れる戦場で誰が敵で味方なのかもわからない状態。そんな混乱の場で武蔵は東軍の中のひとりの男の戦いぶりに目を奪われます。流水のごとく美しい剣さばきを見せるその男こそ、終生の好敵手となる若き日の佐々木小次郎でした…。(後はドラマをチェックして下さい)



武蔵04

 【公式HPより】時代を超え日本人の心をひきつけてやまない稀代の剣豪・宮本武蔵。テレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル「宮本武蔵」は、この不朽のヒーローに木村拓哉が挑んだ、2夜連続の超大作だ。この作品で描かれるのは、これまでの武蔵像とはまったく異なる、弱さも脆さも抱える、愛すべき男…。ライバル・佐々木小次郎と雌雄を決する“巌流島の戦い”をはじめ「吉岡一門との死闘」「槍の宝蔵院での壮絶な試合」「一乗寺下り松76人斬り」などの大スペクタクルを描きながら武蔵の内なる苦悩や葛藤を綴っていく。


たわごと03
やはり、観てしまった…。
 木村拓哉の「宮本武蔵」番宣を見た時から、見ないで於こうと思いながらも、それでもやはり観てしまった。勝手なワタシの予想では何時か必ず木村拓哉は武蔵を演じると思っていました。彼の凄い所はキャラとしてのアイデンティティ明確なものに対しての順応性だと思います。確かにどの役を演じても木村拓哉と言う声も在るのですが、それも彼の才能。この「宮本武蔵」も正に彼のための彼の作品。そして、その評価もきっと賛否両論なのでしょうね ?


武蔵03

真木よう子 お通
 ご存知、武蔵と想いを寄せあう女性です。武蔵の幼なじみで又八の許嫁だったが武蔵と出会い、共に逃げることを決意します。村を出た後も武蔵を一途に慕い続ける…。そんな健気な女性像を演じるのは、今や日本映画界を背負う真木よう子さん。ワタシ的感想ですが、全くイメージが会わないと思いながら何とか、ギリギリ、そして、それなりにあっている…。不思議です。

沢村一樹 佐々木小次郎
 今までみた、佐々木小次郎では一番地味。しかし、木村拓哉の派手さと丁度良いバランスを保っています。沢村一樹さんの別の一面を見た気がします。

吉岡清十郎の松田翔太も相変わらずの好演 !




※肝心な、ドラマは…。武士の一分も結構好きです !
七点半



カッパのみなソン
Selection vol.357



世界を変えたければ、この艦に乗れ !
キャプテンハーロック 2013年日本



ハーロック01

 宇宙全体へと拡大を続けた人類はやがて地球への帰還を願うようになり限られた居住権を巡って「カムホーム戦争」が、勃発します。そして、泥沼の戦乱が続く…。そんな中「ガイアサンクション」という統治機構が誕生し地球を聖地と定めて立ち入りを禁止します。それから100年、ガイアサンクションに反旗を翻し全宇宙に広域指名手配されるならず者がいました。その男こそ、不滅の肉体を持ち自ら宇宙海賊を名乗るアルカディア号の艦長キャプテンハーロックでした…。(後は映画を観て下さい)



ハーロック02

 松本零士が生み出した伝説的キャラクター「宇宙海賊キャプテンハーロック」を脚本に売れっ子、福井晴敏を迎え「アップルシード」「スターシップトゥルーパーズインベイジョン」の荒牧伸志監督がフルCGアニメで映画化したSFアドベンチャーです。小栗旬が主人公キャプテンハーロックの声を務めるほか、三浦春馬、蒼井優、古田新太の豪華俳優陣が声優として参加してます。


たわごと03
伝説のキャラ、ハーロックとは… ?
 ご存知、松本零士氏の代表的なキャラクター、キャプテンハーロック。ワタシ達の世代の男の子達の憧れのキャラクター。しかし、その実態は…、正直良くわからない ? 彼は宇宙海賊で腐敗した地球の体制とは反発しながらもよくわからない宇宙人から地球を守る。確かそんな設定。そして、宇宙戦艦アルカディア号は「意思」があり、古き友の「心」を持つコアエンジン等々。ただ、そんな設定だけで彼の活躍や代表的な戦いは知らないのが現状、そして今回のフルCGでのアニメ化。今を時めく福田晴敏氏の脚本で描いても、やはりこんなものでした。予想どおりキャラクターだけが一人歩きして、何ともハマりきれない世界観。キャメロンが絶賛したCGもゴチャゴチャとた質感と暗い映像。この前見事な復活を果たした「ヤマト」の方がワタシ的にはずっと好きです。(ハーロックファンの方スミマセン)


ハーロック04


ちょつと01
松本零士の私的世界観… ?
 確か、テレビ版宇宙戦艦ヤマト脚本の中に、古代守がハーロックとしてが登場する様になっていたらしいです。もちろんファンの方は、ご存知ですが、原作(漫画)のヤマトには、古代守がハーロックとなってヤマトを救います。幸か不幸か、初回放送のヤマトは、極度の低視聴率だったため放映回数が縮小され、この脚本(企画)はボツとなったらしいです。もしも、この脚本(企画)が「宇宙戦艦ヤマト」の中で放送されていたら、今の「宇宙戦艦ヤマト」は、存在してなかったかも… ?




※肝心の映画は…。やっぱりフルCGは苦手です!?
6点






カッパのみなソン
Selection vol.356



誰もが失いたくない仲間がいる !
怪盗グルーのミニオン危機一発 
2013年アメリカ



ミニオン01

 孤児三姉妹の父親となったグルーは悪党稼業から足を洗いバナナが大好物の謎の黄色い生物ミニオンたちに支えられながらマイホームパパになる努力をしていました。ある日、世界レベルで悪と戦う超極秘組織「反悪人同盟」に引き抜かれたグルーは相棒の美人捜査官ルーシーとともに捜査にあたることに、そんな時ミニオンたちが彼の家から何者かによってさらわれてしまいます…。(後は映画を観て下さい)



ミニオン02

 世紀の大泥棒を目指す怪盗グルーが孤児の三姉妹に振り回されるさまを描き大ヒットした3Dファンタジーアニメ「怪盗グルーの月泥棒」の続編です。今回は裏稼業から足を洗い、三姉妹の父親として平和な日々を送っていた元悪党のグルーが何者かに誘拐されたミニオンたちを助け出すため新たな相棒とともに大活躍を繰り広げます。日本語吹替え版のボイスキャストには前作に引き続いての登板となる笑福亭鶴瓶と芦田愛菜に加え新たに中島美嘉と中井貴一が参加してます。



たわごと03
ミニオンが、可愛い…!?
 正直ワタシは前作を観ないと思います。そんな曖昧な記憶で、この続編を観ました…。まぁ、記憶に無かっても観てなかっても、それなりに十分に楽しめます。ストーリーは至ってシンプルでテンポもよく、コンピータグラフィックスも100点満点。それでも一つだけ、とっても大切な事が分かりません…。

ミニオン04


ミニオンって、いったい何なんだ…??
 この黄色くて可愛いキャラクターって何なんですか…。この映画だけでなくユニバーサルのブルーレイの最初に必ず出てきます。前から誰かに聞きたかった…。よろしかったら教えて下さい!!




※肝心な、ドラマは…。鶴瓶さんが声で熱演!!

6点半






カッパのみなソン
Selection vol.355



手に入れた別の人生。
ランナウェイ 逃亡者 2012年アメリカ


ラン01

 1969年。ベトナム戦争反対を訴える過激派グループ「ウェザーマン」は政府機関への襲撃などその活動を先鋭化させ、FBIの最重要指名手配犯となりますが、彼らは忽然と姿を消します。それから30年、ある日突然、元メンバーの一人が逮捕されます。そのニュースに接した弁護士のジム・グラントは最愛の娘を弟に託し逃亡を図ります。彼の正体は、ウェザーマンのメンバー、ニック・スローンでした…。(後は映画を観て下さい)



ラン02

 「普通の人々」「リバー・ランズ・スルー・イット」のロバート・レッドフォードが監督・主演を務めシャイア・ラブーフ、ジュリー・クリスティ、スーザン・サランドンはじめ豪華キャストのアンサンブルで贈る社会派サスペンスドラマです。30年間にわたって身分を偽り家族との平穏な生活を送ってきた元過激派指名手配犯を主人公にそのスリリングな逃亡劇を通じてかつて同じ志を有したメンバーたちそれぞれの現在と変わらぬ絆を描き出します。


たわごと03
青春への決別、そして自分探しの逃亡。
 ワタシの大好きなレッド・フォードが監督、そして久々に主演する社会派映画。この映画は、タイトルとはウラハラに非常に地味な作品です。そして監督・主演のレッド・フォード、さすがに年を取りました…。顔のシワは勿論、走る姿もお爺さん…。しかし、レッド・フォードだからこの映画は成り立つ、いや彼でなければ成り立たない。ある意味これは彼自身の青春への決別の映画なのかも知れません。


ラン04

超豪華な共演者。
 さすがは、レッドフォードの人脈。この映画の名優たちの豪華共演には驚くばかりだです。オスカー常連俳優がずらり出演し、如何にも彼ら、彼女らしい演技を魅せてくれます。そして若手のシャイア・ラブーフやアナ・ケンドリックも大先輩たちに触発されたかのように熱演をしています。


ラン03


ちょつと01 
実在のウェザーマン 【ウィキペディアより】 
 組織名はボブ・ディランの曲「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」の若者文化のスローガンとなった一節「You don't need a weather man to know which way the wind blows」から付けられた。メンバーは裕福な家庭出身の数十人の学生で現在では社会復帰している。アメリカ最大だった反体制組織SDSを飛び出した極左学生グループによって結成され、1969年にテロ活動を開始。
 1970年に堂々とテロを行うと公表し国会議事堂、刑務所、マスコミ、大企業などといった体制側に爆弾を仕掛け数多くの爆破事件を引き起こした。1975年のベトナム戦争終結時に組織が崩壊。メンバーは他の組織に移るか自ら逮捕された。




※肝心な、ドラマは…。ちょっと依怙贔屓かなぁ…。
七点半





2014.03.12 告白
カッパのみなソン
Selection vol.354



告白が、あなたの命につきささる。
告 白 2010年日本



告白01

 とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始めます。数ヵ月前シングルマザーの森口が学校に連れてきていた1人娘の愛美がプールで死亡した事件は警察が断定した事故などではなくこのクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと…。そして少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく自分の手で処罰すると宣言するのでした…。(後は映画を観て下さい)



告白04

 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇です。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰り広げる復讐の顛末が事件に関わった登場人物たちそれぞれの視点から緊張感あふれるタッチで綴られて行きます。主演は今を時めく、松たか子。共演に岡田将生、木村佳乃が顔を揃えています。


たわごと03
ショッキングで嫌な映画、それでも…
 この映画は、娘を自分のクラスの生徒に殺された中学教師が復讐する話しです。最初は、娘を殺された教師が犯人を探し出していく話しかと思っていたのですが、そんな甘い話しでは無かったです…。犯人が誰という問題ではなく、どう復讐するかの映画です。イジメ、離婚、幼児虐待、幼児殺人、母親殺し、等々…そして極めつけはHIVによる報復。これが今の現実と思うと辛くなります。しかし、それも映画。そして、それを観てどう感じ、どう捉えるのかが、この映画の心のだと思います。


告白03

爽やかに熱い、松たか子。
 この映画の松たか子は凄い。今までの彼女のイメージを覆す役づくり、彼女の新たな世界観と可能性を魅せてくれました。そして、今話題の「アナと雪の女王」の日本語吹替えでも話題となっています。


告白05彼女の美声が大絶賛。
「アナと雪の女王」エルサ役の声優を務め世界25カ国の女優が主題歌「Let It Go」を歌いつなぐ動画が公開され日本語版を担当した彼女の歌声が大反響を呼んでいるらしいです。エルサの歌唱シーンをつなぎ合わせた動画で、すでに1275万人以上が視聴。彼女は3分56秒の曲のうち1分13~19秒のパートを唄っています。そして、わずか6秒に世界が注目しネット上では大絶賛。自国よりも日本版をベストパートに選ぶ人が相次いでいるらしいです。





※肝心の映画は…、この年は日本映画の豊作でした。
8点





カッパのみなソン
Selection vol.353



北朝鮮、アメリカ全土占領。
レッド・ドーン 2012年アメリカ



レッド01

 海兵隊員のジェドは休暇で帰郷し家族や友人たちと旧交を温める…。ところが翌朝、街は北朝鮮軍に侵攻され瞬く間に占領されてしまいます。ジェドや弟のマットはじめ辛くも逃げ出した若者たちは近くの山へと向かい身を隠しますが、なんと、わずか1日でアメリカ全土が北朝鮮の手に落ちてしまったのでした。若者たちは軍経験者のジェドを中心に北朝鮮にゲリラ戦で徹底抗戦することを決意しますが…。(後は映画を観て下さい)



レッド02 米ソ冷戦時代を背景に描かれたジョン・ミリアス監督の84年作品「若き勇者たち」を「マイティソー」のクリス・ヘムズワースはじめフレッシュな若手キャストの共演でリメイクした戦争サバイバル・アクションです。突然、北朝鮮に占領された祖国を取り戻すため戸惑いながらも銃を手に取りレジスタンスとして立ち上がる若者たちの愛と勇気をアクションと青春模様を織り交ぜ描き出します。監督は「ジェイソンボーン」シリーズや「007慰めの報酬」などの第二班監督を務め、これが初メガフォンのダン・ブラッドリーです。



たわごと03
日本では、作れない !
 上部には偉そうに、ジョン・ミリアス監督の84年作品「若き勇者たち」を貼付けさせて頂きましたが、スミマセン観ていません。確か冷戦時代にソ連がアメリカを占拠する…。そして今回は北朝鮮がなんと一日でアメリカを占拠。そして、数人の若者達がレジスタンスとして戦う…。この構成は最近のアメリカ映画によく在る切り口…。しかし、今回のこの作品は、余りにも唐突すぎてリアリティに欠ける作品だと思います。日本じゃこんなに安易にこのテーマを映像化する事は無理ですよね !?


レッド03

そして、今日「3月11日」に、映画を鑑賞できる自分の「幸せ」と、何も出来ない…、いや何もしてない自分に苛立ちます。
今出来る事を精一杯するしかない…。




※肝心の映画は…、愛する人を守る覚悟はあるか ?
カッパ採点7点








2014.03.10 シャイン
カッパのみなソン
Selection vol.352



デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた感動作。
シャイン 1995年アメリカ



シャイン01

 激しい雨の晩、ワインバーで働くシルヴィアはびしょ濡れで店のドアを叩いたデイヴィッド・ヘルフゴッドを家まで送ってあげます。デイヴィッドは幼少の頃から音楽狂の父ピーターにピアノを仕込まれ天才少年として評判となりました。しかし、英国の王立音楽院に留学の話が出ると最初は息子の才能に鼻高々だった父は突然彼が家族から離れることを暴力的に拒否します。そして、デイヴィッドは著名な作家で年齢を越えて友情を結んだキャサリン・プリチャードの励ましでついに家を出ます…。(後は映画を観て下さい)



シャイン04

 ピアノの天才少年と呼ばれ一度は精神を病みながらもハンディキャップを越えて復帰した実在のピアニスト「デイヴィッド・ヘルフゴッド」の半生を基に描く感動の音楽ドラマです。監督はテレビのドキュメンタリー出身のスコット・ヒックス。音楽はデイヴィッド・ヒルシュフェルダーで、ピアノ演奏はヘルフゴット自身によるものです。出演は成人したデイヴィッド・ヘルフゴット役を23年間舞台での俳優・演出のキャリアを持つジェフリー・ラッシュ。10代を「ペテルブルグ幻想」のノア・テイラー、幼年期をアレックス・ラファロヴィッツが演じています。


たわごと03
自分の居場所。
 異常程の保守的な思想を持ったピーターを父親に持ったディヴィッドは父親の期待を背負いながらピアニストとして若くから鍛え上げられます。そんな父の強い説得を背に負いながら玄関を出て行きます。父親との確執や自身の病に苦しみながら彼は「居場所」を見つけ最後には最愛の人を手にします。



シャイン05

苦しくたって生きていく。それが人生だろ?
 この言葉は、彼が父の墓の前で言った言葉がです。希薄で複雑は今、多くの若者達が自分の居場所を見つけられず、様々な悲しい事件が繰り返されています。偉そうですが、もっと、もっと厳しい人生が在る事を知って欲しいものです。



※肝心な、ドラマは…。映画はやっぱり素晴らしい !
七点半




カッパのみなソン
Selection vol.351



奴は怪物、追い詰めるまで、逃さない。
フローズン・グラウンド 2013年アメリカ



フローズン01

 1983年アラスカのアンカレッジ。17歳の娼婦シンディが警察に保護されます。彼女はロバート・ハンセンという男に監禁レイプされ殺されそうになったと訴えます。しかしハンセンは地元警察でも善良と評判の名士でした。当然警察はシンディの証言をまったく信用せず事件化は見送られようとしていました…。ところが、その調書がたまたまアラスカ州警察の部長刑事ジャック・ハルコムの目に留り身元不明女性の変死体発見が相次ぎ同一犯による連続殺人事件の可能性が浮上する中、ハルコムはハンセンに疑いの目を向けます…。(後は映画を観て下さい)


フローズン03

ニコラス・ケイジ vs ジョン・キューザック
 凍てつく冬のアラスカを舞台に80年代に全米を震撼させた実在の連続猟奇殺人犯とその逮捕に執念を燃やす地元警察官の息詰まる攻防を描いたクライムサスペンスです。主演はニコラス・ケイジとジョン・キューザックの二大スター。共演にヴァネッサ・アン・ハジェンズ。監督は、本作が長編デビュー作のスコット・ウォーカー。


たわごと03
アンカレッジ売春婦連続殺人事件。
 この映画は、実際にあった「アンカレッジ売春婦連続殺人事件」。全米を震撼させた猟奇的な殺人事件らしいです。正直、何も知らずに鑑賞し、観るまでは何時ものニコラス映画だと思っていました。スミマセンワタシの勉強不足で、重厚な造りとアラスカの寒さ…、そして交差する真実。当時の裁判で検事が「人間の道を極度に踏み外した変質者」と言い捨てたと言います。


フローズン02

エンドロールが…。
 エンドロールに当時の被害者の方々の写真が次々に流れます。映画の結末よりも、ワタシ的には、エンドロールに流れた被害者の方々の写真が印象に残りました。本当に、こんな事件が実際にあったなんて…。決して楽しくも面白くもない映画ですが、心に響きます。


フローズン04

ジョン・キューザックが…、
ニコラス以上の熱演を魅せてくれます。




※肝心の映画は…、少し地味すぎますね ?
カッパ採点7点





2014.03.08 2ガンズ
カッパのみなソン
Selection vol.350



汚れた40億円、誰のモノ…。
2 ガンズ 2013年アメリカ


GUNS00

 ボビー・トレンチは麻薬組織に潜入中のDEA(麻薬取締局)捜査官。ところが彼がコンビを組むマイケルも正体を隠して組織に潜り込んだ海軍情報部の将校でした。ボビーはマイケルと共に証拠となるボスの金、300万ドルを押収すべく銀行を襲いますが、強奪した金はなんと4000万ドル(約40億円)もあった。しかもその大金はマイケルの裏切りで忽然と消えてしまう。一方マイケルもまた裏切りに遭いお尋ね者と…。(後は映画を観て下さい)



GUNS02デンゼル・ワシントン vs
マーク・ウォールバーグ
 
 デンゼル・ワシントンとマーク・ウォールバーグの共演で放つクライムアクションです。原作はスティーヴン・グラントのグラフィックノベル。裏切りと陰謀渦巻く麻薬捜査の最前線を舞台にそれぞれに窮地に追い込まれ互いに手を組むハメになった2人の潜入捜査官の運命をアクションとユーモアを織り交ぜ描きます。監督は「ザ・ディープ」のバルタザール・コルマウクル。



たわごと03
DEA vs 海軍 vs CIA vs マフィア
 訳ありの2人が、マフィアのお金を銀行から奪うためにコンビを組んで簡単に見えた仕事には重大な秘密が隠されていた…。よく在る映画的お話。しかし、トンでもなく複雑でメチャメチャな展開になって行きます…、なんと麻薬捜査官、マフィア、海軍に果てはCIAまで登場して失われた大金を追う事に。そして相手の素性も知らぬままに手を組んだ2人は危機に直面して付いたり離れたりしながら悪の組織たちに挑んで行きます。信じられるのは、国家でもなく組織でもなく一緒に戦う仲間 !


GUNS03

ハチャメチャな映画ですが、
意外と感動してしまいました…。





※肝心の映画は…、この二人なら保証付き??
カッパ採点7点





2014.03.07 ガッチャマン
カッパのみなソン
Selection vol.349



その力は、正義か、破壊か…。
ガッチャマン 2013年日本



ガッチャマン01

 21世紀初め、人類は謎の侵略者「ギャラクター」の襲撃に遭い、地球の半分を制圧されてしまいます。人類の最後の望みは不思議な「石」の力を引き出す「適合者」として、ISO(国際科学技術庁)の南部博士によって幼い頃から究極の兵器になるべく鍛えられてきた5人の若者「ガッチャマン」に託されました。人類の存亡を懸けギャラクターとの戦いに臨むガッチャマンでしたが…。(後は映画を観て下さい)



ガッチャマン03

 70年代にお茶の間で絶大な人気を博したタツノコプロ制作のTVアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を大胆にアレンジしたダークな世界観の下、葛藤を抱えたリアルなヒーロー像で実写映画化したSFアクションです。出演は5人のガッチャマンに松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平、共演に中村獅童、岸谷五朗。監督は「カイジ人生逆転ゲーム」の佐藤東弥。


たわごと03
分かっていても、観てしまった。
 さんざんの評価で、ワタシ達ガッチャマン世代から大ブーイングの問題作を観てしまいました。まぁ、期待はしてなかったけれども、想像以上の作品。今や伝説となった70年代の名作アニメを実写化することは今の日本映画の製作体制では無理です。この程度の予算では、これが精一杯でしょう。脚本とか演出の問題だけではなく、映画の「絵」として成り立っていない。失礼ですが子供だましのCGがなんとも悲しい出来映え…。脚本も何となくギコチナく、ガッチャマンとその関係者の痴話喧嘩。登場するメカもゴッドフェニックスだけは淋しい。


ガッチャマン02

それでも、心の何処かに微かな期待が…。




※肝心の映画は…。本気で作らなければダメ!!
6点





いつかみた映画
【其の八十五】


ハイウェイに激突する、青春と銃撃戦!
続・激突 ! カージャック 1974年アメリカ



カージャック01

 裁判所命令で子供の養育権を取り上げられたルー・ジーン。彼女は子供を養子に出される前に取り返そうと、刑務所に服役中の夫クローヴィスを脱獄させ車を乗っ取り、子供が保護されている、シュガーランドを目指します。そして間もなくパトカーに見つかるが脱獄で捕まると勘違いした夫婦は強引に警官もろともパトカーを奪うのでした。人質を取られた状態の警察はやむなく夫婦に密着するにとどまり事件も世間に知れ渡ったことから、いつしか夫婦のパトカーの後ろには野次馬の車が多数連なって行きます…。(後は映画を観て下さい)




カージャック03

 裁判所の命令で子供の養育権を取り上げられてしまったG・ホーンが、刑務所に服役中の夫を脱獄させます。そして2人はパトカーを奪い子供の居るシュガーランドをめざすします。子供を取り返すためにムチャクチャな行動を起こす女性を温かなタッチで描かれます。スピード感とユーモアに溢れた、名匠スピルバーグの記念すべき劇場用映画第1作!!


たわごと03
決して、続編ではない。
 この映画の邦題「続・激突」。そうですね、スピルバーグがテレビ映画として製作した名作「激突」そして、これが記念すべき映画デビューとなる作品。スピルバーグは、決して続編を作ろうと思った訳ではないと思いますが、テーマが同じクルマであることから、激突の続編的なタイトルが付いてしまいました。しかし、この映画は激突のネームバリューを利用しなくとも誰もが認める名作です。


カージャック02

 ワタシは、確か「エアポート75」との併映でみました。当時、超話題作の「エアポートシリーズ」。しかし、肝心の「エアポート75」よりも何倍も面白かったのが、この作品です。斬新な脚本と演出。そして主役のゴールディ・ホーン…、アメリカの象徴のような彼女の存在感は新鮮でした。




※肝心の映画は…、映画の楽しさを知りました。
8点半





カッパのみなソン
Selection vol.348



生き延びることが、彼のたったひとつの武器。
エネミー・ライン 2001年アメリカ



エネミー01

 アラビア海に浮かぶ米海軍の原子力空母USSカールヴィンソン。兵士たちは民族紛争が終結したボスニアの平和維持活動に当たっていました。クリス大尉は偵察飛行ばかりの単調な毎日に不満が爆発レイガート提督の注意にも耳を貸さず海軍を辞めると言い出す始末てした。そんなある日、いつものように偵察飛行に向かったクリスは突然にもセルビア人民軍による民間人の惨殺現場を撮影したためにミサイル攻撃を受け敵陣のど真ん中に不時着してしまう。そして彼らは目撃者であるクリスを捕まえるために執拗な追跡を始めたのでした…。(後は映画を観て下さい)



エネミー03

 1990年代の凄惨な民族紛争を経てようやく和平を迎えようとしている時期のボスニアを舞台に偶然に戦争犯罪現場を目撃してしまった米海軍パイロットが、ひとり取り残された敵陣中心部から執拗な追跡を逃れて脱出を試みる戦争アクションです。主演は「シャンハイ・ヌーン」のオーウェン・ウィルソン。共演にジーン・ハックマン。


たわごと03
アメリカ的正義。
 自分勝手なエリートパイロットが、お遊びで停戦ラインを越えてしまい撃墜される…。仲間のために停戦合意内容を破って司令官が責任を一身に背負って助ける。パイロットは助かり司令官は責任を取らされ閑職に、しかし司令官は部下に慕われ引退した…。如何にもアメリカ的なちょっと身勝手なストーリー。それでも十分楽しめる、さすがはハリウッド。映画のツボをしっかりと押さえた上質の映画に仕上がっています。


エネミー02


ちょつと01
迫力ある映像とサラウンド。
 特に凄いのが山奥逃走のアクションシーンです。思考を凝らしたカット割り。効果的なストップモーションとスローモーション。そして何よりも凄いのがサラウンド。アンプのサラウンド機能が全快で発揮されるシーンです。ボリュームを上げると部屋中が爆発音で振動します。サラウンドを十二分に楽しむ事の出来る作品でもあります。



※肝心の映画は…、結構面白いです。
カッパ採点7点




2014.03.04 父と暮せば
カッパのみなソン
Selection vol.347



おとったん、ありがとありました。
父と暮せば 2004年日本



父01

 昭和20年8月6日午前8時15分、広島に原子爆弾が投下されました。それは一瞬にして多くの命を奪った…。3年後の広島、図書館に勤める美津江も愛する人たちを原爆で失い自分だけが生き残ったことに負い目を感じながらひっそりと暮していた。そんな彼女はある日、図書館で1人の青年、木下と出会います。そして2人は互いに惹かれるものを感じるが、美津江は「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」と自らの恋心を必死で押さえ込んでしまいます。見かねた彼女の父・竹造は幽霊となって姿を現わし「恋の応援団長」を名乗り懸命に娘の心を開かせようと…。(後は映画を観て下さい)



父02戦争レクイエム三部作。
 戦後の広島で原爆から独り生き残った後ろめたさから自らの幸せを拒否して生きる娘と幽霊となり、彼女の恋を懸命に後押しする父との4日間の交流を優しく綴ったヒューマン・ドラマです。井上ひさし原作による名作舞台を映画化されました。「TOMORROW明日」「美しい夏キリシマ」に続く黒木和雄監督の「戦争レクイエム三部作」完結編です。主演は宮沢りえと原田芳雄。共演に浅野忠信。



たわごと03
観なければならない映画。
 この作品は広島弁で静かに綴られる…、あの原爆で父や親友を失った、ひとりの美しき女性の残された者の苦しみを描いた作品です。幽霊となって現れた亡き父と対話をする娘、やはり舞台ならではの演出だと思いや、映画としてもしっかりとした造りとなっています。とても短く、とてもシンプルな物語で観ている者の心にストレートに突進してきます。もうすぐ、あの惨劇3.11から3年…、表現は異なっても改めて現実の厳しさを感じます。


父03

ふたりの会話が心に染みます。



※肝心の映画は…、
8点半





いつかみた映画
【其の八十四】


水銀、コバルト、カドミューム…。
ゴジラ対ヘドラ 1971年日本



ヘドラ001

 海洋学者・矢野の元へ持ち込まれた不思議なオタマジャクシ状の生物。だがヘドロの海で採れたその生物は鉱物で出来ている脅威の生命体でした。その頃、海では船舶事故が相次いでおり、TVカメラには奇怪な海坊主のような怪物の姿が捉えられていました。矢野の研究によって未知の生物は合体・増殖を繰り返す事が確認され海の怪物も同種のものと断定されました。ヘドラと名付けられたその怪物は遂に港から上陸、工場地帯でスモッグを吸収していく…。矢野の一人息子・研の呼び声に応じるかのように突如出現したゴジラはヘドラに戦いを挑む…。(後は映画を観て下さい)



ヘドラ04 当時、日本を騒がせていた公害問題を巧みに取り込んだ作品でシリーズ最大の異色作です。「水銀、コバルト、カドミューム…」と元素の名称がふんだんに取り入れられた主題歌、公害問題を不気味に訴えるアニメーションの挿入、逃げ惑う群衆などの絵が一切存在しない悪夢のようなナイトシーンのゴジラとヘドラのバトル。随所にインサートされる公害のニュース映像、サイケデリックな幻覚イメージ。怪獣映画としては世界に類を見ない作品です。成長に合わせて4段階に変化するヘドラその不気味なキャラクターはインパクトのある怪獣映画史に残る珍獣となりました。



たわごと03
この頃の日本は、汚かった…。
 お隣中国のPM2.5…。偏西風に乗っかって日本にもご迷惑な影響を及ぼしていますね。しかし、ワタシ達の子供の頃の日本も汚かった…。そうあの公害問題。ワタシ達の田舎町の川や海も決して奇麗なものではなく悪臭とヘドロで、ヌメヌメしていたのを今でも覚えています。そんな時に登場したのが、この「ゴジラ対ヘドラ」。確か小学校四年生、今までのゴジラシリーズとは全く違うテイストで、闘う怪獣もヘドロの固まり…。そして当時流行のサイケデリックの世界観。なんとも不思議なお姉さんが、奇抜な衣装で「水銀、コバルト、カドミューム」等と唄っていました。こんなのはゴジラじゃない…と思いながらも衝撃的な作品だったと大人になってから考えさせられたゴジラシリーズの珍作です。

ヘドラ05


ちょつと01
田子の浦 ヘドロ事件。
 明治23年、本州製紙(旧富士製紙〜王子製紙)が、静岡県鷹岡村に進出、廃水を放流した時から連綿とつづいていた。昭和45年当時富士地区には大小約150の製紙会社がありこの廃水の中に含まれるスラッジが海底に堆積し歳月を経てヘドロと化しました。またヘドロにはカドミウム、鉛、水銀が含まれ、発酵分解した硫化水素ガスでの中毒や、魚介類による食中毒事件も発生したそうです。このヘドロ事件は昭和45年11月に静岡地裁に提訴、法廷での論争となりこの住民による公害訴訟も一審では全面却下されたものの東京高裁では逆転勝訴となりました。地方自治法をもとに起こされた公害訴訟で部分的にせよ住民側が勝訴したのは全国で初めだったそうです。

汚い日本へ、ゴジラから怒りのメッセージ。



※肝心の映画は…、
同時上映は「帰ってきたウルトラマン」でした。
カッパ採点7点





2014.03.02 雪に願うこと
カッパのみなソン
Selection vol.346



傷ついた心、北海道の大地の上、人のぬくもりに触れまた、歩き出す。
雪に願うこと 2005年日本



雪00

 東京で一度は成功を手にしたものの経営していた貿易会社が倒産、妻にも友人たちにも去られてしまった矢崎学。彼はやむを得ず、兄・威夫を頼って故郷の北海道帯広へと戻って来ました。そして威夫が運営する「ばんえい競馬」の厩舎で見習いとして働き始める学でした。彼はそこで、まるで自分と同じようにお払い箱になる寸前の馬「ウンリュウ」と出会います…。(後は映画を観て下さい)



雪05

 「遠雷」の根岸吉太郎監督が、鳴海章原作の「輓馬」を映画化した感動ドラマです。人生に挫折した一人の若者が何百キロものソリを曳き障害を越える輓馬のレース「ばんえい競馬」と「出会」いと「再生」していく姿を雄大な自然と共に描きます。主演は「CASSHERN」の伊勢谷友介と佐藤浩市。2005年の東京国際映画祭で史上初の4冠を獲得しています。



たわごと03
映画が出来る事…。
 当時、存亡の危機にあった「ばんえい競馬」を舞台にした映画です。佐藤浩市演じる兄と伊勢谷友介演じる弟の人間ドラマを壮大な北の大地を舞台に描いてます。確か、この映画を初めて見た、数日後「ばんえい競馬」の廃業ニュースが伝えられました。映画を観て間もない時期だっただけに非常に身近な出来事に思えました。改めて映画の中の会話や苦悩を思い浮かべた事を覚えています。

雪03

 しかし、この映画を期にソフトバンクが帯広に資本提携を申し出ると言う嬉しい出来事…。もちろん当時の孫社長はビジネスとしての資本提携を申し出たはずですが、ただこの映画がなかったらどうだったのでしょうか ? 映画は、時としてエンターティナーだけでなく、こういった社会的な影響をもたらし人の心が動く場合も在るのだと痛感しました。改めて映画の可能性を魅せて頂きました。





※肝心の映画は…、日本映画に願うこと ?
8点