FC2ブログ
ドラマのツボ
part.23


大人って、淋しすぎると笑っちゃう
最後から二番目の恋 2012年1月〜 フジテレビ



最後01

 テレビ局のドラマプロデューサーを勤める千明は45歳独身。将来への不安を感じていたところ友人と古民家を借りてゆったりとした老後を過ごそうと盛り上がり軽い気持ちで鎌倉へ下見に出掛けます。町を散策し素敵な古民家カフェで時間を過ごした千明だが一緒に暮らそうと話していた友人が本気ではなかったことが判明…。落ち込んだ気持ちで海岸を訪れた千明はゴミを拾い集めている和平に出会います。和平は鎌倉市役所の観光推進課に勤務する50歳で妻とは死別しており2人は少しずつ惹かれ始めます…。(後はドラマを観て下さい)



最後02最後とは言わせない !
 鎌倉を舞台とした45歳独身女性と50歳独身男性が繰り広げる恋愛青春劇です。ダブル主演の小泉今日子と中井貴一は95年のフジテレビドラマ「まだ恋は始まらない」以来17年ぶりの共演でです。どちらも岡田恵和による脚本。小泉今日子は第49回ギャラクシー賞のテレビ部門・個人賞、第38回放送文化基金賞の番組部門・演技賞を受賞。演出の宮本理江子は2012年度芸術選奨新人賞を受賞。番組も第38回放送文化基金賞のテレビドラマ部門・番組賞を受賞するなどその年の各賞を総なめにしました。



たわごと03
カッパのお気に入り…。
 自称「映画カッパ」は、ココ数年かかなりのペースで映画を観てきました。何年か前に小さな「マイシアター」を増設し、プロジェクターによる映画鑑賞。文明の進歩により映画館並みの環境で映画が観得る…。しかし、その代償としてテレビドラマの鑑賞が激減…。それでも、そんな状況の中、めぐり合えた素晴らしいドラマが、この「最後から二番目の恋」でした。大人の恋愛ドラマを中井貴一と「あまちゃん」前の小泉今日子が等身大のカッコ悪い大人の恋を魅せてくれました。


最後04


勝手に、いざ鎌倉…。
 そして、このドラマを観て古都・鎌倉が大好きになりました。四国・徳島と鎌倉。関東の方には、おなじみの「鎌倉」でしょうが、徳島県民は、東京には再々行きますが、横浜〜鎌倉等は、余りなじみが無い地域…。(私的感想です)そんなワタシも古都・鎌倉には以前から憧れていましたが、今まで一度も行った事が無いテレビの中の町。そんな時、たまたま奥様の「福山雅治コンサート(横浜)」の「おまけでの同行」が重なり合い、ドラマの舞台、憧れの「鎌倉」へ何度も行く事が出来ました!! 最初に訪れたのは12月後半…「寒かった」。ドラマも真冬の鎌倉・湘南。小泉今日子や中井貴一のあの「息の白さ」を感じる事ができた、湘南の海がとってもリアルで素敵でした。



最後03もう一つのお気に入り。
 このドラマのもう一つのお気に入りは、エンディングテーマです。エンディング曲は、浜崎あゆみさんの「how beautiful you are」もちろん名曲です! そして、浜崎あゆみさんの素晴らしい歌声にオーバーラップするモノクロ写真。ドラマでは使用されなかったシーンをモノクロ映像として見せてくれます。簡単に言うとNG写真集なのですが、この写真を観るとドラマにならなかったサイドストーリーが読み取る事が出来ます。1時間枠で表現できなかった事、見えない部分をしっかり造り込む事で架空のドラマが、それ以上のモノになりドラマに魂が注がれます。


祝・ 続編決定 ! 【シネマトゥデイ芸能ニュース】より
 小泉今日子と中井貴一のダブル主演で、アラフィフ世代の男女による青春恋愛劇を描いたテレビドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)の続編が、4月から連続ドラマとして放送されることがわかった。リアリティーを重視する作風に合わせ、小泉や中井ふんするキャラクターも年を重ね48歳と52歳の合計100歳になった主人公たちの関係が描かれる。

大変、楽しみです !




※肝心の映画は…、また鎌倉へ行かなくては !
8点







スポンサーサイト