2014.02.28 少年H
カッパのみなソン
Selection vol.344



全てを失ったあの夏、我が家の未来が始まった。
少年 H 2012年日本


少年01

 昭和初期、異国情緒あふれる神戸。胸に名前の頭文字“H”が大きく刺繍されたセーターを着る少年・妹尾肇は洋服の仕立屋を営む父・盛夫とクリスチャンの母・敏子、2歳下の妹・好子の家族4人で楽しく元気いっぱいの毎日を送っていました。仕事柄、外国人との付き合いも少なくない盛夫は偏見や周囲の空気に流されることなく自分の目で見て考えることの大切さをHに教えます。そんな中、時代は急速に軍国化の道を突き進み次第にHの家族や周囲の人々にもその影響が…。(後は映画を観て下さい)


少年002妹尾河童の心の名作。
 エッセイストとしても活躍する舞台美術家・妹尾河童の自伝的ベストセラー小説を「鉄道員」「あなたへ」の降旗康男監督で映画化した感動の家族ドラマです。軍国主義に染まっていく戦時下の神戸を舞台に激動の時代を強い信念と大きな愛情に包まれてたくましく生き抜いた少年と家族の愛と絆を描きます。出演は主人公の少年H役にテレビ「カーネーション」の吉岡竜輝その両親役に結婚後初の共演でも話題となった水谷豊と伊藤蘭が好演。



たわごと03
発掘、吉岡竜輝 !
 また一人、トンでもない子役が登場しました。キネマ旬報ベストテン新人男優賞も輝いた吉岡竜輝くん。この「少年H」でも堂々主役を演じた彼、その彼の演技力は何とも「素晴らしい」の一言です。主演の水谷豊や伊藤蘭にも引けを取らない、いやそれ以上の存在感と完成された演技力。もちろん映画も降旗監督らしく、優しくて重厚な出来映えです。何度もドラマとして見てきた過酷な戦争とその後を少年の目を通して魅せてくれます。何百年も前の事でない、たった70年くらい前の間違った世の中を映画として残してくれています。我々大人と子供達が見なければならない作品です。


少年03

その後の彼が、楽しみです !



※肝心な、ドラマは…。映画のチカラを感じます !
七点半






スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.343



世界の終わりに、恋が襲ってきた。
ウォーム・ボディーズ 2013年アメリカ



ウォーム00

 近未来の地球。街にはゾンビがあふれ生き残った人間は砦を築いて身を潜める日々を送っていました。ゾンビの中には完全に感情や思考能力を失い、ひたすらどう猛な「ガイコツ」と呼ばれる種族も跋扈していたた。Rは、今はまだわずかに人間らしい意識を残すゾンビの青年。ある日、仲間のゾンビと食料を求めて人間狩りに出向いたRは物資調達に来ていた人間たちを発見するが思いがけず1人の女の子ジュリーに一目惚れしてしまう…。(後は映画を観て下さい)



ウォーム03

ニューウェーブ ゾンビ。
「マンディ・レイン」「 フィフティ・フィフティ」のジョナサン・レヴィン監督が人気小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を映画化し全米で予想を超えるスマッシュヒットとなった青春ゾンビラブコメディです。人間の女の子に恋した純情ゾンビ青年の一途で不器用な禁断の恋の行方をユーモラスかつハートウォーミングに綴ります。主演は「シングルマン」「X-MEN ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。ヒロインには「アイ・アム・ナンバー4」のテリーサ・パーマー。共演にロブ・コードリー、ジョン・マルコヴィッチが脇を締めます。



たわごと03
ゾンビ版、ロミオ&ジュリエット。
 今、映画界で一番のスター言えば…、そうゾンビです。一寸前まではドラキュラが、ダントツでしたが、ココ数年ゾンビ君が、引っ張りだこ。そして数多くのゾンビ映画が製作されています。もし「ゾンビ」で、商標登録していたらどんなに儲かっただろう…、なんて考えるのは不謹慎でしょうか ? そして、この問題作「ウォーム・ボディーズ」は、何ともゾンビの恋愛映画。ゾンビもいよいよココまで来たか…、と少々馬鹿にしての鑑賞。しかし、しかし、これが意外にも面白い。オタクのゾンビ青年とゾンビ壊滅隊の隊長の愛娘との純愛。そして彼らの愛こそが、世界を変える…。正に「愛は地球を救う」ですね ? しかし、その前にゾンビ青年は、彼女の元カレを殺し脳を食べて彼女のと記憶を共有すると言うショッキングな設定も忘れてはなりません…。


ウォーム02


それでも、許せる愛のチカラ ?



※肝心の映画は…、ニコラス・ホルトが良い!!
カッパ採点7点




カッパのみなソン
Selection vol.342



男は、彼らの「武器」となる為に訓練された筈だった…。
ボーン・アイデンティティー 2002年アメリカ



ボーン01

 ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見します。引き上げられたその男の背中には弾痕があり皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていました。男はなんとか息を吹き返すが記憶を失っており自分の名前も分からない状態でした。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向買う事に…、その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていました…。(後は映画を観て下さい)



ボーン04

 ジェイソンボーンを主人公にしたロバートラドラム原作の国際ポリティカルサスペンス3部作の第一作目にあたる同名小説「暗殺者」を映画化したサスペンスアクションの秀作です。主演はこれが本格アクション初チャレンジとなる「グッドウィルハンティング」「リプリー」のマットデイモン。監督は、「スウィンガーズ」のダグリーマン。ヨーロッパの各地を舞台に記憶を失った男が戦闘能力を備えた自分の正体を突き止めようと奔走しながら次々と現われる暗殺者たちとの攻防に巻き込まれていくさまをスリリングに描きます。



たわごと03
記念すべきボーンシリーズ1作目。
 もちろんこの映画は「ボーンシリーズ」の記念すべき第1作です。これまで知的なイメージのマット・デイモンがが初々しいアクションを魅せてくれます。記憶を無くした男が何度も命を狙われる…。よく在りそうな設定ですが、それが、このシリーズのリアリティ。そして、彼の強さ、観ていてスカッとします。ワタシ的にはこの1作目が一番好きです。


ホーン03


ちょつと01
意外にもお茶目な、マット・デイモン ?
マット・デイモンが友人で俳優のベン・アフレックと司会者のジミー・キンメルに送ったFAXの内容が話題となっています?
【hollywood-newより】
マットとベンはチャリティーサイト「Omaze」のチャリティー企画に参加しており現地時間14日にベンはジミーにツイッターで、そのチャリティー企画を宣伝してくれたことに感謝の意を表明し「マットいるのか? そうだ。FAXするよ」とつぶやいた。ジミーはそれに対し「マットはたぶんツイッターに参加するのが怖いんだよ。だって誰も彼を好きじゃないから」とジョークで返したのである。するとマットはベンとジミー宛にFAXを送ったようで、ジミーは「ベン、君の友人のマットが僕たちにFAXしたものを見たかい」とツイートしマットが送ったFAXの写真をアップした。そこには「親愛なるベンとジミーへ。これが僕のFAXだよ。愛を込めてMD」と書かれてありお尻をコピー機に押し当てたようなモノクロの写真がついていた。このおもしろい一連のやりとりから3人の仲の良さが伺えるがそれ以上にチャリティーの宣伝になったことは間違いないだろう。


ボーン06

これが、マッドのお尻…。




※肝心な、ドラマは…。お尻はどうでも良いですね ?
七点半





カッパのみなソン
Selection vol.341



男と女、そしてプライドと偏見。
プライドと偏見 2005年イギリス



プライド01

 18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもはいずれも女ばかり…、女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら家も土地も遠縁の男子が継ぎ娘たちは路頭に迷ってしまう。母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていました。そんなある日、近所に独身の大富豪ピングリーが引っ越してきました。にわかに浮き足立つ5人姉妹。そして舞踏会の夜、次女エリザベスはピングリーの親友ダーシーと出会う事に。しかし、ダーシーの高慢な態度に強い反感を抱くエリザベス…。(後は映画を観て下さい)



プライド04

「ブリジットジョーンズの日記」「ラブアクチュアリー」を手掛けたイギリスのワーキングタイトル社が「パイレーツオブカリビアン」のキーラ・ナイトレイを主演に迎えてジェーン・オースティンの「高慢と偏見」を映画化した文芸ラブストーリーです。プライドと偏見が邪魔をして素直になれない男女の恋の行方を雄大なロケーションを背景に美しく描き出します。監督は本作で長編デビューと思えないジョー・ライト。



たわごと03
「愛してる」と認めるには男のプライドは高すぎた。
「愛してる」と応えるには女の偏見が邪魔をする。


プライド02

 タイトルどおり、プライドと偏見なんです。文芸作品にありがちな小難しさや、堅苦しい事は一切無く正当なラブロマンスとして楽しめます。そして、キャストがとても素晴らしい。おなじみのキーラ・ナイトレイは、まさにはまり役です。こんなにも美しい彼女を見るだけで価値があります。その他もドナルド・サザーランドとかブレンダ・ブレッシンも素晴らしい…、しかし、ジュディ・デンチは存在感は圧巻です。


プライド03

最高のカメラワーク
 この映画のもう一つの見どころは、何と言ってもカメラワーク。イギリスの田園風景もとっても美しく映画をそれ以上に盛り上げます。キーラ・ナイトレイと美しい田園風景が見事マッチしています。




※肝心な、ドラマは…。保存版と持ちたい作品です!!
七点半







2014.02.24 アマデウス
いつかみた映画
【其の八十三】


アカデミー賞8部門に輝く名作。
アマデウス 1984年アメリカ



アマデウス01

 1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺を図りました。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれました。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラーに意外な告白をはじめました。老人の名はアントニオ・サリエリ。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世に仕えた作曲家でした。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルトが彼の前に出現したときその運命が狂い出した…。(後は映画を観て下さい)



アマデウス02

 モーツァルトの死をめぐる豪華絢爛な舞台劇を見事に描いた傑作です。物語はかつて宮廷音楽家だったサリエリの回想から入りモーツァルトの人物像を追っていくのですが、そこに様々な音楽的見せ場やミステリーの要素を散りばめ一瞬たりとも飽きさせない構成となっています。アマデウス・モーツァルトに一世一代の快演を見せるT・ハルス、妬みと誇りの共存するサリエリに扮したエイブラハムの演技は圧巻です。


たわごと03
文句なしに、面白い !
 この作品は、アカデミー賞の作品賞・監督賞・主演男優賞・脚色賞・美術賞・衣裳デザイン賞・メイクアップ賞・そして音響賞の8部門を受賞した名作です。その他にも英国アカデミー賞4部門、ゴールデングローブ賞4部門、ロサンゼルス映画批評家協会賞4部門、キネマ旬報年度別外国映画ベスト1、日本アカデミー賞外国作品賞などを受賞しています。


アマデウス04

何時の世にも、纏わり付く才能と嫉妬。
 才能はあるけれど人間性には疑問符をつけたくなるモーツアルト、対照的に才能にはさほど恵まれないが善良な人間として生きてきたサリエリ。天才モーツアルトを破滅に追い込むことで自らも破滅していくサリエリの心の動きが怖い程にリアルです。本来重く黴臭い「クラッシック音楽」の世界を何時の世にも存在する「嫉妬」を基盤としてミステリアスかつゴージャスに描かれます。もちろん、映画史に残る一本です!!



※肝心の映画は…、それでもモーツアルトは良い!!
9点訂正




ドラマのツボ
part.23


大人って、淋しすぎると笑っちゃう
最後から二番目の恋 2012年1月〜 フジテレビ



最後01

 テレビ局のドラマプロデューサーを勤める千明は45歳独身。将来への不安を感じていたところ友人と古民家を借りてゆったりとした老後を過ごそうと盛り上がり軽い気持ちで鎌倉へ下見に出掛けます。町を散策し素敵な古民家カフェで時間を過ごした千明だが一緒に暮らそうと話していた友人が本気ではなかったことが判明…。落ち込んだ気持ちで海岸を訪れた千明はゴミを拾い集めている和平に出会います。和平は鎌倉市役所の観光推進課に勤務する50歳で妻とは死別しており2人は少しずつ惹かれ始めます…。(後はドラマを観て下さい)



最後02最後とは言わせない !
 鎌倉を舞台とした45歳独身女性と50歳独身男性が繰り広げる恋愛青春劇です。ダブル主演の小泉今日子と中井貴一は95年のフジテレビドラマ「まだ恋は始まらない」以来17年ぶりの共演でです。どちらも岡田恵和による脚本。小泉今日子は第49回ギャラクシー賞のテレビ部門・個人賞、第38回放送文化基金賞の番組部門・演技賞を受賞。演出の宮本理江子は2012年度芸術選奨新人賞を受賞。番組も第38回放送文化基金賞のテレビドラマ部門・番組賞を受賞するなどその年の各賞を総なめにしました。



たわごと03
カッパのお気に入り…。
 自称「映画カッパ」は、ココ数年かかなりのペースで映画を観てきました。何年か前に小さな「マイシアター」を増設し、プロジェクターによる映画鑑賞。文明の進歩により映画館並みの環境で映画が観得る…。しかし、その代償としてテレビドラマの鑑賞が激減…。それでも、そんな状況の中、めぐり合えた素晴らしいドラマが、この「最後から二番目の恋」でした。大人の恋愛ドラマを中井貴一と「あまちゃん」前の小泉今日子が等身大のカッコ悪い大人の恋を魅せてくれました。


最後04


勝手に、いざ鎌倉…。
 そして、このドラマを観て古都・鎌倉が大好きになりました。四国・徳島と鎌倉。関東の方には、おなじみの「鎌倉」でしょうが、徳島県民は、東京には再々行きますが、横浜〜鎌倉等は、余りなじみが無い地域…。(私的感想です)そんなワタシも古都・鎌倉には以前から憧れていましたが、今まで一度も行った事が無いテレビの中の町。そんな時、たまたま奥様の「福山雅治コンサート(横浜)」の「おまけでの同行」が重なり合い、ドラマの舞台、憧れの「鎌倉」へ何度も行く事が出来ました!! 最初に訪れたのは12月後半…「寒かった」。ドラマも真冬の鎌倉・湘南。小泉今日子や中井貴一のあの「息の白さ」を感じる事ができた、湘南の海がとってもリアルで素敵でした。



最後03もう一つのお気に入り。
 このドラマのもう一つのお気に入りは、エンディングテーマです。エンディング曲は、浜崎あゆみさんの「how beautiful you are」もちろん名曲です! そして、浜崎あゆみさんの素晴らしい歌声にオーバーラップするモノクロ写真。ドラマでは使用されなかったシーンをモノクロ映像として見せてくれます。簡単に言うとNG写真集なのですが、この写真を観るとドラマにならなかったサイドストーリーが読み取る事が出来ます。1時間枠で表現できなかった事、見えない部分をしっかり造り込む事で架空のドラマが、それ以上のモノになりドラマに魂が注がれます。


祝・ 続編決定 ! 【シネマトゥデイ芸能ニュース】より
 小泉今日子と中井貴一のダブル主演で、アラフィフ世代の男女による青春恋愛劇を描いたテレビドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)の続編が、4月から連続ドラマとして放送されることがわかった。リアリティーを重視する作風に合わせ、小泉や中井ふんするキャラクターも年を重ね48歳と52歳の合計100歳になった主人公たちの関係が描かれる。

大変、楽しみです !




※肝心の映画は…、また鎌倉へ行かなくては !
8点







ドラマのツボ
part.22


ドラマ界の巨匠・山田太一の魂の作品。
時は立ちどまらない 2014年 テレビ朝日



時01

 東北の海沿いの街で生まれ育った西郷良介は、地元の信用金庫の支店長となり、妻の麻子、母・奈美、市役所に勤務するひとり娘・千晶と共に海を見下ろす小高い丘にささやかな家を建て平凡な生活を送っていた。ある休日、良介たちは千晶の恋人・浜口修一の自宅に初めての両家顔合わせに向かいました。浜口家は代々漁師で、修一の父・克己、母・正代、祖父・吉也、祖母・いく、弟の光彦の6人家族…。千晶は将来、政界で活躍する夢を抱いており、良介と麻子は娘が漁師の家に嫁ぐことに複雑な想いを抱いていたがそれはまた浜口家の面々も同じでした。だが2人の結婚への意思は固く両家はそれぞれ子どもたちの結婚を認めることに。しかし、それから5日後の2011年3月11日、東日本を襲った地震と津波が2つの家族の運命を大きく変えてしまう…。



時02

今、見せて頂きました。
 あの震災3年…。テレビ界の巨匠、山田太一氏が描く二組の家族の絶望と再生。「被災者のマイナスの思いを書きたかった」と語る山田太一氏…。マイナスの思いとは、そして希望とは…。登場するのは東北地方の海沿いに住む西郷家と浜口家という二つの家族。西郷家の一人娘・千晶(黒木メイサ)と浜口家の長男・修一(渡辺大)が結婚することになっていました。しかし、両家が親戚同士になる直前、震災が発生。高台にあった西郷家は全員が助かり、被害らしい被害はなかったが、浜口家は修一たち3人が波にさらわれ命を落とす。同じ被災地でありながら、失った者と、失わなかった者との心の溝があらわになります。そして千晶の父・良介(中井貴一)は浜口家を援助しようとするが修一の祖父・吉也(橋爪功)は、頑に、それを拒む…。確かにこのキモチは、震災とは無関係だったワタシにも恥ずかしながら分かります…。「感謝」ではなく、人間としてのマイナスを思いを描いたのだと思う。決して、ドラマの最後に答えが出る物語ではない…。それでも今だから描かなければならないドラマなのだと思う。

人生は、これから先も続いていくのだから…



※肝心な、ドラマは…。ハグしたくなりますよ!!
七点半





カッパのみなソン
Selection vol.340



日本中で交わされた86,441通の実話、映画化!
60歳のラブレター 2009年日本



60歳01

 仕事一筋で家庭を顧みず挙げ句に若い愛人までつくって好き放題の孝平と専業主婦で家族に尽くしてきたちひろは孝平の定年を機に離婚を決意すします。魚屋を営む正彦と光江は口げんかが夫婦の潤滑油。正彦の糖尿が見つかってからというもの光江は食事療法にウォーキングと正彦の健康管理に気を配る日々でした。5年前に妻を亡く、高校受験を控える娘と2人暮らしの医師、静夫。海外小説の医療監修を依頼された彼はそこで出会った翻訳家の麗子といつしか恋に落ちます…。(後は映画を観て下さい)



60歳04

 2000年から毎年行われている人気応募企画で、これまでに8万通を超えるはがきが寄せられたという「60歳のラブレター」をヒントに人生の節目を迎えた3組の夫婦の愛と人生を描いた感動ドラマです。出演は中村雅俊、原田美枝子、井上順、戸田恵子、イッセー尾形、綾戸智恵。監督は「真木栗ノ穴」の深川栄洋。


たわごと03
語り尽くせないほどの「ありがとう」…。

★熟年離婚  (中村雅俊さんと原田美枝子さん)
★シニアの恋愛(井上順さんと戸田恵子さん)
★深刻な病気 (イッセー尾形さんと綾戸智恵さん)


60歳03

 この映画は、この3組の男女で構成されています。企画そして、タイトルからかなりベタな恋愛映画と思いや…もらえた感動は、とっても爽やかでした。押し付けない感動…、若い脚本家と監督のなせる技なのかなぁと思います。そして、永遠の青春俳優、中村雅俊。そう、誰もがあの名作「俺たちの旅」と重ね合わせてしまいます。これこそが「俺たちの旅」の最終話なのかも知れません。


60歳05

夫から妻へ、妻から夫へ。心の手紙。




※肝心な、映画は…。
七点半





2014.02.20 BU・SU
いつかみた映画
【其の八十二】


CM界の巨匠、市川準の映画デビュー作 !
BU・SU 1987年日本


ブス01

 18歳になる森下麦子は片田舎で生まれ育ち性格のひねくれた暗い女の子でした。そんな「心のブス」を治すため上京し置屋を営む叔母・胡蝶のところで鈴女という名前をもらい芸者見習いをしながら高校に通うことになりました。しかし、ここでも鈴女はなかなか皆に溶け込むことができず、やがてボクシング部のヒーロー・律田邦彦に思いを寄せますが、彼には京子という校内でも評判のきれいな彼女がいました。ある日、置屋の老人・辰巳がそんな鈴女を見かねて八百屋お七の墓へ連れて行きました…。(後は映画を観て下さい)



ブス

 片田舎で育った性格ブスの女の子が東京での生活で人にもまれ自分のカラを破り自立していく姿を描きます。脚本は内館牧子が執筆、監督はCMディレクターでこれが劇場用映画第一回作品となる市川準、撮影は「ドン松五郎の生活」の小林達比古がそれぞれ担当してます。


たわごと03

ブス03禁煙パイポの市川準ディレクターの映画処女作。
「私はこれで会社を…」で一躍CM界の巨匠となった、今は亡き市川準監督の映画デビュー作です。実力派女優の富田靖子を敢えてブスとして描いた意欲作です。富田靖子と言えば、私の大好きな「さびしんぼう」とか「姉妹坂」のイメージが強いですが、彼女の代表作は…、この「BUSU」と今関監督の「アイコ16歳」だと思います。彼女演じる「八百屋お七」が今でも忘れません。





※肝心の映画は…、市川監督に敬意を。
8点





2014.02.19 キック・アス
カッパのみなソン
Selection vol.339



正義の心で悪をKILL。
キック・アス 2010年イギリス・アメリカ



キック00

 NYに住むデイヴはコミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生です。ある日インターネットで買った自前のスーツとマスクを身に付け自分もDIYヒーローとして街で活動を開始します。何の特殊能力も武器も持たない彼は初出動であっさり犯罪者にやられてしまいます。しかし、懲りずにパトロールを再開する事に、その時の活動の動画が見物人によって撮られ、やがて、「キック・アス」の名で街中に知られるようになります…。(後は映画を観て下さい)



キック03

 スーパーヒーロー好きな普通の高校生がお手製マスク&スーツを着て仲間と共に犯罪組織と対決するコミカルなヒーローアクションです。ブラッド・ピットが製作を担当し「ノーウェアボーイ」のアーロン・ジョンソンや、当時13歳のクロエ・グレース・モレッツら期待の若手俳優が共演しています。


たわごと03
コアなファンの新感覚のアメコミヒーロー。
 この「キックアス」観て、ビックダディが育てた小さな女の子ヒットガールの派手なアクションとショッキングな殺人シーンがやたら印象的だった。ギャングを殺したり、下品な言葉を使う可愛い彼女…。これも映画の醍醐味だと割り切れば良いのだけれでも、さすがに少し微妙。そう思う事がオッサンなのだろうか?


キック01


ちょつと01
続編は、ジャスティス・フォーエバー。
 デイヴは「キック・アス」というヒーローの姿を捨てごくごく平凡な学園生活を送っていました。しかし、卒業を間近に控え将来の夢を見つけることができずにいた彼は世界初のスーパーヒーロー軍団を作り街の平和を守ろうと決意します。そんな中、キック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐と出会ったデイヴは、ヒーロー軍団「ジャスティス・フォーエバー」を結成する事に…。しかし、キック・アスに殺された父親の復讐を果たすためレッド・ミストがマザー・ファッカーと名を改め、悪党軍団を引き連れて姿を現します。一方、ミンディも普通の女の子として生きていくためヒット・ガールを封印していました…。


キック05

それでも、続編は楽しみです。




※肝心な、映画は…。
七点半






2014.02.18 黒木華
映画的スタア02
★★★ vol.02
憧れの映画スターをワタシ的視点で、ピックアップさせて頂きます。
第2回目は、注目の実力派女優、黒木華さんです。


黒木01

黒木05
 くろき・はる

★1990年生まれ、大阪府出身。
 NODA・MAP番外公演「表にでろいっ!」(10)へ出演を経て、11年「東京オアシス」で映画デビュー。13年には「シャニダールの花」をはじめ4本の映画に出演。公開中の「小さいおうち」に出演しています。そして、今年度の数多くの映画賞を受賞されています。



黒木03

第87回 キネマ旬報 新人女優賞。
 つかりこさんの「ゆらゆら草」でアップされている「第87回 キネマ旬報」でも見事、新人女優賞を受賞。最近本当に露出の増えたはるちゃん。蒼井優の再来と言われ注目されましたが、今や押しも押されぬ実力派女優。脇役としての彼女の自然な存在感。そして、今後、映画スタアの未知数な可能性。トンでもない大型新人の出現です。

2013年は出会いの年、始まりの年でした。
※キネ旬2月下旬号からの一節です。
 「舟を編む」で、黒木華が演じた編集者の岸辺みどりが、オダギリジョー扮する先輩の西岡と初めて会ったとき、オダギリは黒木の顔を見つめて「面白い顔してるね」と言う。実は、このセリフは脚本にないものでオダギリのアドリブだった。演者のパーソナリティがキャラクターに溶け込む、女優としての黒木の魅力を語った最高の褒め言葉である。(以下略)



黒木02

そして、ベルリン映画祭で銀熊賞受賞。
 山田洋次監督の「小さいおうち」に出演し、第64回ベルリン映画祭で最優秀女優賞・銀熊賞を受賞した黒木華が、先ほど帰国し、成田空港で記者会見に出席した。黒木はトロフィーを手に「みんなでもらった賞です」と喜びを語った。
 会見で黒木は「嬉しいですね。日本の昔の生活を(描いていて)、山田監督の忘れてほしくないという思いで撮られた映画だったので、戦争のことなど…。そういうことも含めて、私は女性なので、そこを高く評価していただけたというのはすごく嬉しいです」と話し「実感はまだあまりないんですけど、でも、このおかけで、今まだ(映画が)上映しているので「小さいおうち」をみなさんが観てくれたら嬉しいなと思います」とコメント。(朝日新聞より)

彼女の可能性は、日本映画の財産です !





カッパのみなソン
Selection vol.338



選ばれたら最後。
ダークスカイズ 2013年アメリカ



ダーク01

 レイシー・バレットは、失業中の夫ダニエル、長男ジェシー、次男サムと家族4人で暮らすごく普通の主婦です。ある時、耳鳴りに悩まされるようになった彼女は家の中に何者かの気配を感じ取ります。改めて調べてみたところ荒らされたような形跡を発見…。初めは不審者の仕業と考えたものの、その日を境に一家は度重なる怪現象に悩まされることに…。(後は映画を観て下さい)



ダーク04

 「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや「インシディアス」を手がけた製作会社ブラムハウスプロダクションの代表を務めるジェイソン・ブラムが製作に携わったホラーです。ある日突然、得体の知れない「何か」の存在に平和な日常を脅かされるようになる一家の姿を描きます。監督は「プリースト」のスコット・スチュワート。


たわごと03
怖くないけど、リアル ?
 この作品は全く予備知識なしで観ました。最初は、心霊系のお化け映画と思いや、何とも地球外生命体のSFホラーのお話。簡単に言えば、異星人による無差別誘拐。予想とは全く違う映画でしたが、この手の映画としてはそれなりによく出来ています。絵づくり演出、それと2人の子役達の演技が素晴らしい。「リアル・スティール」のダコタ・ゴヨ君も一寸見ないうちに大きくなって俳優としても成長した!!


ダーク02

怖がりのワタシには、程よい怖さ ?




※肝心の映画は…、
6点




カッパのみなソン
Selection vol.337



砂は立ち上がり、天は裂ける !
ハムナプトラ 失われた砂漠の都
1999年アメリカ


ハム01

 エジプト。3000年前の古代、新王朝時代。国王セティ1世の御代、邪悪な力を誇った魔術師にして高僧のイムホテップは王の愛人アナクスナムンと許されざる恋に落ち王を暗殺。死者の都ハムナプトラでイムホテップは彼女を生き返らせる儀式を行う寸前に捕らえられ「ホムダイ」と呼ばれるミイラにされ棺の中で永遠に生き続けさせられる究極の極刑を受けた…。1923年。サハラ砂漠の奥地の伝説の都ハムナプトラに眠るという財宝を探しに探検隊が来訪。都の場所を知りながら謎の部族の襲撃を受けて身一つで脱出した若き冒険家リック・オコンネルはカイロ刑務所に捕らわれの身となり処刑されるところを都に眠る古文書を探す女性科学者エヴリンによって救われる事に…。(後は映画を観て下さい)



ハム03

 砂漠の奥地に眠る「死者の都」に財宝探しに赴いた一行と生きながら葬られてこの世に再び甦った魔道士の戦いを描いた冒険活劇アクションです。監督・脚本は「ジャングルブック」のスティーヴン・ソマーズ。原案はソマーズ、ロイド・フォンビール、ケヴィン・ジャール。出演は「ジャングルジョージ」のブレンダン・フレイザー、「レニングラード」のレイチェル・ワイズ、「スライディングドア」のジョン・ハナ、「ハードターゲット」のアーノルド・ボスルー、「アミスタッド」のケヴィン・J・オコナー、「アナコンダ」のジョナサン・ハイド。


たわごと03
映画の原点、冒険大活劇。
 ミイラ、ピラミッド、砂漠、呪い…、等々。この手の映画で面白いキーワードが全て盛り込まれている。正に冒険大活劇の王道です。かつての冒険活劇の名作「レーダース」よりもパワフルで、「ロマンシングストーン」よりも凝っている。映画の楽しいさと面白さとワクワク感をバランス良く取り入れた名作です。


ハム06


日本でも大人気となった「レイチェル・ワイズ」
 彼女は、17歳で女優になることを決意。名門ケンブリッジ大学で英文学を専攻する傍ら「トーキング・ダン」という劇団を結成しエジンバラ演劇祭でガーディアン賞を受けます。その後も舞台を活躍の場としロンドン批評家協会の新人賞を得る事に。映画デビューは96年の「魅せられて」で同年には「チェーンリアクション」でハリウッドデビューも果たします。その後は「ハムナプトラ」シリーズや「スターリングラード」「アバウト・ア・ボーイ」「コンスタンティン」などアクションからSF、ドラマ、コメディまで多彩な作品に出演、女優として幅広い活躍を続けます。05年には「ナイロビの蜂」の演技で高い評価を受けみごとアカデミー賞助演女優賞に輝き女優人生の大きな節目を迎えた。11年にダニエル・クレイグと電撃結婚をしました。


ハム05

そして、彼女は永遠のボンドガールへ…




※肝心な、映画は…。
ちょっと続編を作りすぎたかなぁ??
七点半





カッパのみなソン
Selection vol.336



愛と勇気に満ちたNEWヒーロー
オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
2013年アメリカ


オッド01

 南カリフォルニア。20歳のコック、オッド・トーマスは、霊が見えたり死者の気持ちを読み取る特異な能力を持ってました。平穏に生きていたいと願う彼でしたが…。ある日不吉な予兆に満ちた大殺戮の悪夢にうなされて目を覚まします。そんなオッドの正体を知っているのは警察署長のワイアットと恋人のストーミーだけでした。ショッピングモールのアイスクリーム屋で働くストーミーはオッドのバイト先のダイナーにも毎日のように顔を見せキスを交わして帰っていく…、だがその日、一見いつもと変わらぬ店内に「ボダッハ」という悪霊がふわふわと彷徨っているのをオッドは感じていました…。(後は映画を観て下さい)



オッド02
 
 人気作家ディーン・クーンツのベストセラー小説を「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ監督が映画化したサイキックアクションです。霊が見える特殊な能力を持つ青年が街に降りかかる災厄を未然に防ごうと奮闘する姿を描く。主人公のトーマスを演じるのは若手演技派として注目を浴びる「スタートレック」のアントン・イェルチン。


たわごと03
ハムナプトラ的活劇。
 主役のオッドは受動型霊能力者と言う設定で死者からのメッセージを受け取れたり人の悪夢を共観したり死神の姿が見えたりして殺人犯を見つけたり大量殺戮を防いだりします。よくあるヒーロー像とは少し違いますが、何となく好感の持てるキャラです。友人や彼女や街の人々を守るために悪戦苦闘で闘います。そして、ハッピーエンドのはずが…。分かっていても結構ショッキングです。是非とも続編を!


オッド03

アディソン・ティムリンの微笑みが、可愛い !





※肝心の映画は…。ハムナプトラを見直そう!!
6半点






カッパのみなソン
Selection vol.335



ライフ・イズ・ちょこっと・ビューティフル
すーちゃん まいちゃん さわ子さん  
2012年日本



すーちゃん01

 すーちゃんは、カフェに勤務して12年になる34歳の独身女性。バイト時代に知り合った、まいちゃん、さわ子さんとは10年来の付き合い。3人とも未婚の彼女たちは一緒にピクニックに出かけたり、おいしい鍋をつついたりと楽しい時間を共有しながらも、それぞれに悩みや不安も抱えていました。職場の中田マネージャーに淡い恋心を抱いているすーちゃんに対しOA機器メーカーでバリバリ働くまいちゃんは上司や後輩に苛立ち、妻子持ちとの不倫にも行き詰まりを感じてストレスは増すばかりでした。一方、在宅勤務のさわ子さんも、祖母を介護する母を手伝い自由な時間を楽しむ心のゆとりもない日々を送っていました…。(後は映画を観て下さい)




すーちゃん02
★すーちゃん

たわごと03
やがてそれぞれに人生の転機を迎えるが…。
 30代未婚女性のリアルな本音を淡々とした筆致でユーモラスかつ赤裸々に綴り多くの女性読者の共感を呼んできた益田ミリの人気4コマ漫画シリーズを実力派女優陣の共演で実写映画化した女性ドラマです。主演は柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶ、共演に染谷将太、井浦新。監督は、前作で徳島県上勝町「人生、いろどり」を映画化された御法川修。


すーちゃん03
★まいちゃん

三十路の青春。
 最近の主流「癒し」「ほっこり」系の映画だと思い鑑賞し始めました。しかし、ほこほこと淡々としているばかりじゃありません。すーちゃんたちは「私の生き方を勝手に決めつけないで!」と感じる怒りや憤りのようなものが根底にあります。しかし、彼女達は、それを声に出して強く主張したりはしません。20代の頃とは違う心の強さなんでしょうか? それでも年齢と共に経験を重ねていってもそんなに器用にも生きられない。そんな3人の女性像を見事に描いています。


すーちゃん04
★さわ子さん

馬鹿かお前は !
 ワタシ的に、3人の失恋ネタで一番、腹立たしかったの寺島しのぶ演じる「さわ子さん」の恋。よくある幼なじみとの再会…、淡い大人の恋。そして結婚を前提としてのお付き合い。それなりに完璧なはずが…。あの馬鹿野郎が「お袋がどうしても孫の顔を見たいから〜、病院にいって子供を生む事が出来る証明書を…」。馬鹿か、そんなもの彼氏としてではなく、人間として最低な野郎です。まったく(プンプン)

それでも前向きに生きて行く3人が好きです。




※肝心な、映画は…。
「人生、いろどり」よりも、イキイキした出来映え。
七点半






いつかみた映画
【其の八十一】


おれたちはおれたちのスタイルでやるんだよ
クール・ランニング 1993年アメリカ



クール001

 88年のジャマイカ。オリンピック出場を目標としてきた陸上の短距離選手デリスは、予選会の当日、隣コースの選手の転倒に巻き込まれて敗退します。彼は抗議に行った選考委員長の部屋で同じく陸上選手だった父親が白人男性と並んだ写真を見つけます。聞けば男は元ボブスレーの金メダリストで今はジャマイカに住んでいるという…。何としてもオリンピックに出たい彼はボブスレーが何たるかも知らぬまま、脳天気な親友サンカを仲間に引きずり込み、その男アーブにコーチを頼みに行きます。アーブは不正行為でメダルを剥奪された過去を思い出したくないために断りますが、ついに彼らの熱意に根負けして引き受ける事に…。(後は映画を観て下さい)


クール02

 雪も降らぬ南国から冬季オリンピックに出場したジャマイカ史上初のボブスレー・チームの奮戦ぶりを笑いと感動豊かに描いたスポーツコメディ映画の傑作です。88年のカルガリーオリンピックにおける実話を元にしたリン・シーファートとマイケル・リッチーの原案をシーファート、トミー・スワードロウ、マイケル・ゴールドバーグの3人が脚色しジョン・タートルトーブが監督。製作はドーン・スティール、撮影はフェドン・パパマイケル。音楽は、オリジナルスコアを「アサシン」のハンス・ジマーが書き、大御所ジミー・クリフから新人タイガーまで、レゲエ・スターたちの曲が随所に挿入されています。


たわごと03
ジャマイカのボフスレーチームがオリンピック ?
 常夏の国「ジャマイカ」が、ボブスレーチームで冬季オリンピックに挑む…。それだけで映画です。そして実話です。面白い訳が無い…。どこまで本当の話か良くわからないけれども、苦労や絶望があってもジャマイカらしい明るくて、能天気で笑えるノリがサイコーです。それでいて後半は爽やかな感動までももたらしてくれるよ!!


クール03

正に今、旬の映画なのかも!?


ちょつと01
ソンでも、悪戦苦闘 ??

クール05

ボブスレーのジャマイカ代表に不運、用具が届かず
2月5日ソチ五輪のボブスレー、ジャマイカ代表のドライバー、ウィンストン・ワッツはアクシデントにより用具の入った荷物が飛行機で行方不明になっていると明らかにした。ワッツは「荷物はニューヨークに置いていかれたのかもしれない。悪天候で予定していたモスクワ行きの便に乗れなかった。今着ているものが持ち物すべてだ」と状況を説明。1993年の映画「クールランニング」のモデルにもなったジャマイカ代表は寄付によってブレードを購入していた。ジャマイカ選手団団長が荷物を届けようと尽力しているが、ワッツは「多くの人が私たちを助けようとしてくれている。もしかしたらブレードを借りることになるかもしれない」とコメント。「苦しいスタートになる」と落胆の様子を見せた。映画「クールランニング」では、ジャマイカ代表はほかのチームの練習用のソリを借りて大会に出場している。(REUTERSより)




※肝心の映画は…、がんばれニッポン !!
カッパ採点7点




2014.02.11 トランス
カッパのみなソン
Selection vol.334



ここは、誰も見たことのない。
トランス 2013年アメリカ・イギリス



トランス01

 ゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」がオークション会場から盗まれます。実行犯はギャングと手を組んだ競売人のサイモンでした。ところが彼は、なぜかギャングのリーダー、フランクに絵を渡さず抵抗し逆に殴り返され、その拍子に記憶の一部を失い名画の隠し場所を思い出せなくなってしまう…。そこでフランクは催眠療法士のエリザベスを雇いサイモンの記憶を探ることに…。(後は映画を観て下さい)



トランス04

「スラムドッグミリオネア」「127時間」のノリノリのダニー・ボイル監督が「つぐない」「ウォンテッド」のジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るスタイリッシュクライムサスペンスです。名画盗難と催眠療法をキーワードに潜在意識を巡って主人公3人の関係性が二転三転していくさまを過激なバイオレンス描写を織り交ぜつつスリリングかつスピーディに描き出しています。共演はヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン。



たわごと03
ダニー・ボイル監督らしい…??
 いかにもダニー・ボイル監督作品といった感じでなのでしょう…。脚本の伏線を多用し、オシャレでスピード感のある映像と音楽。最後まで展開が読めないのでスクリーンに釘付けとなってしまいます。どんどん作品の世界に引き込まれラストシーンで納得させられる…。これこそが、ダニー・ボイル作品。しかし、斬新さばかりが目立って映画としてどうなのだろうか? 余りにも都合良すぎる企画と脚本。見ている方も、彼の手の上で踊らされている気もしないではないです。


トランス02

技に溺れた、ダニー・ボイル ?






※肝心な、映画は…。
七点半







2014.02.09 エリジウム
カッパのみなソン
Selection vol.333



彼の余命は、あと5日。
エリジウム 2013年アメリカ


エリジウム01

 2154年。人口増加と環境破壊で荒廃が進む地球。その一方、一握りの富裕層だけは400キロ上空に浮かぶスペースコロニー「エリジウム」で何不自由ない暮らしを送っていました。そこには、どんな病気も一瞬で完治する特殊な医療ポッドがあり美しく健康な人生を謳歌することが出来ました。そんなエリジウムを頭上に臨みながら地上で暮らす男マックスはロボットの組み立て工場で過酷な労働に従事していまはた。ある時彼は工場で事故に遭い余命5日と宣告されてしまう。生き延びるためにはエリジウムで治療する以外に道はない…。(後は映画を観て下さい)



エリジウム04

「第9地区」のニール・ブロンカンプ監督が「ボーン・アルティメイタム」のマット・デイモンを主演に迎えて放つSFサスペンスアクション大作です。人類がスペースコロニーに築かれた美しき理想郷「エリジウム」に暮らす少数の富裕層と荒廃した地上で虐げられる大多数の貧困層に分断された近未来の地球を舞台にある目的のためにレジスタンス軍に参加し強大なエリジウム政府に立ち向かう1人の男の運命を壮大なスケールで描き出します。共演はジョディ・フォスター、シャールト・コプリー。



風邪ひき毎度おなじみのインフルエンザ。
 火曜日の夜から、悪寒が走り約40度の高熱。翌日近所の病院へ…。「今年もインフルエンザです」と爽やかに通達されました。そうなんです、ココ数年か毎年のように「インフルエンザ」に襲われています。熱が半端じゃなく、毎晩のように40度近く熱が出るとさすがにキツい。立ち上がるのも厳しいし、思考能力が衰え、考える事が出来なくなる。

そんなこんなで、ブログも休ませて頂きました。
まだ本調子では無いのですが、頑張って更新します !




たわごと03
「第9地区」からの脱皮。
 昨夜、少し体調が良くなり「マイシアター」を稼働し、TSUTAYAディスカスから届いていた「エリジウム」を鑑賞しました…。がぁすぐダウン…(情けない)。それでも何とか映画は、最後まで観ました。


エリジウム05

 そうあの低予算での名作「第9地区」の監督の次回作です。主役は、今を時めくマット・デイモンを起用。製作費も前作と比べ多額なはず ? しかし、何となく前作に比べて世界観が少々曖昧かなぁ…とワタシ的には感じました。この作品も彼らしい、壮大なストーリーなので、観ているモノを映画という「限られた時間内」で、世界観に感情移入してもらわなければならない使命。前作では近未来を描きながら、しっかりと今を見つめていたと思いますが、今回は、日本的なSFアニメの様な展開で、肝心のストーリーよりも、マッチョなデイモンちゃんのバトルばかりが印象に残りました。


エリジウム02

それでも、SF的な絵づくりは最高。





※肝心の映画は…、お久しぶりです!!
カッパ採点7点








いつかみた映画
【其の八十】


わが青春のバイブル。
青春の門 筑豊篇 1981年日本


青春01

 伊吹信介は炭鉱地帯に生れ、父の重蔵はヤマ騒動でダイナマイトを爆発させた犯人として検挙されはげしい拷問に耐え抜いてヤマの英雄とみなされた人物です。その存在は北九州一帯に知れわたっていました。重蔵が新興やくざ塙竜五郎とカフェーの女給タエをはりあって大喧嘩となり全身傷を負いながらも彼女を手に入れたことは多くの人の語り草になっていました。そのタエが信介の二度目の母となった…。(後は映画を観て下さい)



青春02
写真は、自立篇。

 北九州の筑豊を舞台に主人公の青年の生いたちと上京するまでを激しく生きる大人たちの世界の中で描きます。もちろん五木寛之の同名のベストセラー小説の映画化で過去に東宝で浦山桐郎監督によって、2作が映画化されています。また当時の松竹の人気女優松坂慶子がはじめて東映に出演しても話題になりました。脚本は「徳川一族の崩壊」の野上龍雄、監督は蔵原惟繕と深作欣二の共同で力強く描かれます。


たわごと03
そして、大人になった。
 先日、事務所の本棚を片付けていたら、少し黄ばんだ「青春の門」の単行本が、ひょっかり顔を出しました。「筑豊篇」から「望郷篇」まで…。ワタシの青春の門は第5部で終わっていました。確か当時は、その後の伊吹信介の事が気になっていましたが…。暮らしの中で、何時しかワタシも大人になってしまったのでしょう。他人の青春よりも自分の青春で手一杯になってしまったのでしょか…? そして、この1981年度版は、そんな青春、真っただ中で製作された作品です。


青春03
写真は、自立篇。

佐藤浩市のデビュー作。
 当時、この作品は人気スター松坂慶子のヌードシーンばかりが話題となり映画としての評価よりも「ちょっとエッチな文学映画」として評されました。まぁ確かに原作もそうなのですが…。それでも、これは、あの三国連太郎の息子がスクリーンデビューした記念すべき1本です。今や日本を代表する役者、佐藤浩市もまた、この作品で青春の門をくぐり抜けた事でしょう。

五木寛之氏のライフワーク。
「青春の門」は、五木寛之が1969年から「週刊現代」に断続的に連載している大河小説でテレビドラマ化や映画化、漫画化もされたです。1976年「筑豊編」で五木は吉川英治文学賞を受賞しています。早稲田大学の先輩である尾崎士郎の「人生劇場」に倣ったものと言われています。


ちょつと01
「第1部 筑豊篇」「第2部 自立篇」「第3部 放浪篇」「第4部 堕落篇」「第5部 望郷篇」「第6部 再起篇」「第7部 挑戦篇」「第8部 風雲篇」。
「第2部 自立篇」は、雑誌掲載時には「立志編」とされ「第6部再起篇」までについては1989年から1990年にかけて著者による大幅な加筆を受けた「改訂新版」が出版されそれ以後は通常はこの「改訂新版」が流通しています。「第8部 風雲篇」については1993年7月から1994年4月にかけて雑誌「週刊現代」に掲載され掲載は終了しましたが単行本化されていないようです。(ウィキペディア参照)



※肝心の映画は…、織江の杉田かおるが今となったら凄い!!
6点





2014.02.03 もののけ姫
カッパのみなソン
Selection vol.332



生きろ!
もののけ姫 vol.02 1997年日本



もののけ001

 室町時代、王家の血をひく青年アシタカは、北の果てにあるエミシ一族のかくれ里を襲ったタタリ神を倒したせいで右腕に死の呪いをかけられてしまいます。村の老巫女・ヒイさまから西に行けば呪いを断つ方法が見つかるかもしれないというお告げを受けたアシタカは大カモシカのヤックルに跨って西へ旅立ちます。その途中、彼は犬神モロに襲われて谷に転落した牛飼いの甲六らを助けたことから製鉄工場・タタラ場に寄ることに…。アシタカはそこで女頭領エボシ御前と会い彼女たちが砂鉄を得るためにシシ神の森を切り崩していることが原因でナゴの守という猪神をアシタカの村を襲ったタタリ神に変えてしまったことを知ります。そんな夜、サンという娘が山犬とともにタタラ場を襲撃した…。
(後は映画を観て下さい)



もののけ02

ジブリの超力作。
 森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描いた長編アニメーションです。監督・原作・脚本は宮崎駿。声の出演は「はるかノスタルジィ」の松田洋治と石田ゆり子。107億円という空前の配給収入を記録する大ヒットとなり、それまでの日本映画の最高記録の「南極物語」の58億円は、もちろん日本の配収記録である「E.T.」の95億円も抜いて歴代配収第1位の座に輝いた記録的なアニメです。またアニメーション作品として初めて日本アカデミー賞作品賞にも輝き、1997年度キネマ旬報ベストテン堂々の第2位そして読者選出ベストテンは何と第1位を獲得。日本アニメの基盤を創った記念すべき作品です。


たわごと03
今、改めて見直した…、もののけ。
 地元映画館では、モノ足らずお隣、香川県のシネコンに何度も足を運び、3回目にして鑑賞できた記憶があります。宮崎アニメの底力を見せつけられました。そして、改めてブルーレイで鑑賞…。今この時期に観た「もののけ姫」は、当時よりも考え深いものとなりました。今の日本が見直すべき作品かも知れません。



もののけ004

サン…
アシタカは好きだ、でも人間を許すことはできない。
アシタカ
…それでもいい。サンは森でわたしはタタラ場で暮らそう。共に生きよう会いにくいよヤックルに乗って。

壮大なテーマに答えは無い…。それでもやっぱり生きろ!



※肝心の映画は…、
8点






2014.02.02 軍師官兵衛
ドラマのツボ
part.21


NHK大河ドラマ第53作
軍師 官兵衛 2014年〜 NHK放送局


軍師01

 1558年(永禄元)播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛)は好奇心旺盛な少年でした。父・職隆は主君である小寺政職の領地を守るため日々奮戦していましたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始めます。そんななか万吉は病弱な母・いわの薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう…。職隆は万吉を取り戻すため危険を覚悟で赤松政秀のもとを訪れます。時を同じくして、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は、織田信長と運命の出会いを果たします…。(後はドラマをご覧ください)



軍師04戦国のナンバー2、
黒田官兵衛(黒田如水)

 黒田官兵衛孝高(くろだかんべいよしたか)は、豊臣秀吉の参謀として活躍し秀吉の天下取りを支えた超切れ物の大軍師です。隠居して名を「官兵衛」から「如水/じょすい」と改めています。そして、今まさに「旬」の岡田准一が体当たりの演技で、2014年大河ドラマを魅せてくれています。



たわごと03
大河「軍師官兵衛」視聴率低迷のワケ…
 久々の日本映画の大ヒット作「永遠の0」…。正に、今が旬の岡田准一主演で鳴り物入りで始まった、この大河ですが、期待に反し苦戦中ですね。平均視聴率が初回18.9%、第2回16.9%、19日放送の第3回は若干盛り返したものの18.0%。

マイナーなキャラクター ?
 戦国乱世の中、豊臣秀吉の天下統一を支えた希代の天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描くこのドラマ。ここ数年、不振が続く大河ドラマにあって、黄金期の「独眼竜政宗」「武田信玄」などにあやかれと戦国モノという王道回帰を図ったのだと思いまが、期待に反してのこの数字…。ワタシ的には、久々に面白いと思える大河なのですが、数字は厳しい結果。ただ、今日の放送を先程鑑賞し、これからの視聴率は上がって行くと確信しました。確かに「黒田官兵衛」は、今までどちらかと言えば、正義ではなく悪のイメージ。常に秀吉の影で謀略を企てる嫌なヤツ…。ただ、その真実は語られる事は余りなかった興味深い武将の一人でもありました。


軍師05
脇を固めるベテラン俳優(少し王道すぎ…)

今後、官兵衛の「悪」をどう描くかが楽しみです。




※肝心な、ドラマは…。初恋の「おたつ」健康的過ぎ!?
七点半




2014.02.01 タツノコプロ
逍遥
カッパのそぞろ歩きです。〈第五話〉


日本のテレビアニメのパイオニア !
日本テレビ、タツノコプロを子会社化。



タツノコ01

 日本テレビは1月29日タカラトミーの連結子会社であるタツノコプロの株式の一部である54.3%を取得することに合意。子会社化することを発表した。なお、タカラトミーは引き続き20%を保有する。タツノコプロは1962年に設立。「科学忍者隊ガッチャマン」「ハクション大魔王」「マッハGo Go Go !」などを手がけたアニメ制作会社として知られている。
 タツノコプロは他者原作を元にしないオリジナルアニメを多く手がけ、原作者として商品化やリメイクを単独で判断できる権利を保有する作品は50以上にも及ぶという。日本テレビはタツノコプロの子会社化によって、リメイクとコンテンツビジネスを戦略的に展開できると考えたことから株式の取得にいたったとしている。なお今回の株式取得を契機に、日本テレビとタカラトミーはキャラクタービジネス分野での連携を強化。すでに両社間においてプロジェクトチームが始動し、今後は日本テレビのコンテンツ制作力とメディアパワー、タカラトミーの商品企画や開発力と流通営業力を最大限活用することにより、タツノコプロのコンテンツのみならず、日本テレビとタカラトミーが持つキャラクターについてもビジネスを拡大していくとしている…。(CNET Japan ニュース引用)


たわごと03
チャンネルを回すといつもタツノコ作品が…
 まだ、アニメではなく「テレビ漫画」の古き良き時代。各局ともゴールデンタイムは、殆どが子供向けのテレビ漫画が締めていました。そして、多くのテレビ漫画の中でもひと際、目を引いていたのは「タツノコ」作品。抜群の描写力と個性的なキャラクター。そして、お子様向けでありながら奥深い脚本。他のテレビ漫画とは「ちょつと違う」と子供心に思っていました。


タツノコ03

やっぱりオンタイムでのガッチャマンはいい。
 今でも多くの方に愛され、最近では実写化(まだ観てません)された、名作「ガッチャマン」は、正にワタシ達世代にはオンタイム。あの色褪せない斬新なデザインとスピード感。そして、主人公を喰ってしまったダークヒーロー(コンドルのジョー)の存在感。子供の漫画を超越した作品です。そんな「タツノコプロ」が日テレの子会社…。決して無くなってしまう訳ではないのですが、何となく淋しい…。お気に入りの専門店が、よくある大型ショッピングモールの一部となってしまうような感じ…。また一つ日本の「個性」が失われたような残念な気分です。


タツノコ02

マッハ号のあのデザインも永遠です。