いつかみた映画
【其の七十五】


映画史上、燦然と輝く愛の金字塔 !
風と共に去りぬ 1939年 アメリカ


風01

 1861年、南北戦争が始まろうとする直前。ジョージア州タラの大地主ジェラルド・オハラの長女スカーレットは、樫の木屋敷と呼ばれる同じ大地主ウィルクス家で明日開かれる野外宴会に、そこの嫡子で彼女の幼馴染みであるアシュリーと彼の従妹メラニーの婚約が発表されると聞いて心おだやかでなかった…。激しい気性と美しさをあわせ持つスカーレットは、多くの青年の憧れの的であったが彼女の心はアシュリーとの結婚をかたく決意していたのでした。宴会の当日スカーレットは想いのたけをアシュリーにぶちまけたが彼の心は気立ての優しいメラニーのものでした。スカーレットはそこで、チャールズトン生まれの船長で素行の評判の良くないレット・バトラーに会い彼の臆面のない態度に激しい憎しみを感じながら何か惹きつけられていきます…。(後は映画を観て下さい)



風04

 南北戦争前後のアトランタを舞台に、炎のような女、スカーレット・オハラの波乱万丈な半生を、完璧なまでの配役とこの上ないほどの豪華なセットや衣装と、その魅力あふれる内容とスケールの大きさは素晴らしすぎます。出演者選びに始まり、撮影当初から最後まで差し替えられ続けた脚本や監督の交替劇など、その最悪状態の製作過程をも乗り越えた製作者セルズニックの執念。彼は10数人にも及ぶ脚本家の陣頭指揮を取り当時まだ実験途中だったテクニカラーを導入する等、映画史に惨然と輝く超大作を創り上げました。


たわごと03
世界に映画があって、良かった…。 
 言わずと知れた名作中の名作。この映画も年を重ねる程に深みが増す作品です。この名作を初めて観たのはテレビの洋画劇場。勝手に感動する母親に無理矢理に鑑賞させられた事が、ついこの間のように覚えています。もちろん当時小学生のワタシに、この映画の本質が理解できる訳がありません。それでも映画の凄さと、母の熱い想い。なんとなく感動しました。映画カッパ52歳。これから何度、この名作を観るのでしょうか ? そしてその都度、何を思い何を学ぶのでしょえか ? 新たな感動にワクワクします。

やるだけの事はやって、来年は来年の風が吹く。
来年もよろしくお願いいたします。




ちょつと01
あまちゃん紅白歌合戦。
 今年の紅白は、凄い事に…「あまちゃんファミリー」大集合 ! GMTのメンバー、愛ちゃん、キョンキョン、薬師丸。そして何と尾美くんまで…。NHKさんの凝った演出(ちょっとギクシャクしていましたが…)。そして、じぇ、じぇ、じぇ! GMTに山下リオちゃんも参戦。わが町内からも紅白歌合戦に出演するアイドルが…。(地元オッサンは少し嬉しかった。)

風06
アキちゃんよりも、綾瀬はるかさんの司会が…、緊張します。




※肝心の映画は、良いものは何年経っても色褪せない。
10点






スポンサーサイト
カッパのみなソン
Selection vol.309



人類最後の望みは、この巨兵。
パシフィック・リム vol.2 2013年 アメリカ


リム01
※この絵は、エヴァそのもの…

 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが、巨大生命体(怪獣)と巨大ロボットの戦いを描くSFアクションです。深海から出現した巨大生命体に対抗するべく開発された巨大ロボット「イェーガー」のデザインは、日本のロボットアニメを彷彿させます。イェーガーのパイロット役で菊地凜子が出演するほか、芦田愛菜がハリウッドデビューした事でも話題になりました。


リム02



たわごと03
改めて観た、KAIJU。 
 TSUTAYA DISCASから今年最後のディスク「パシフィックリム」と「許されざる者」が送られて来ました。シアターの音声チェックもしたかったので、二度目の鑑賞となるこの超話題作を先に鑑賞させて頂く事に…。映像は、ブルーレイディスクでみても迫力満点! 映画館で観た時以上に吟味しながら見る事が出来ました。


リム04


本来は日本が製作すべき作品。
 この映画は、今年の夏公開され、すでに多くのマニアから批評が寄せられています。もちろん賛否両論で様々な物議をかもしています。もちろん映画の評価は人それぞれ良い悪いは別にして十二分に楽しめる映画として仕上がっています。
 また「マン・オブ・スティール」「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「アイアンマン3」など超多額な製作をかけて創った大作の中、この「パシフィック・リム」だけは、近年のハリウッドではめずらしい完全オリジナルです。つまり、この映画はコミックの実写版でもなく、既存の映画のリメイク、あるいは有名テレビ番組の焼き直しでもない…。日本の「ゴジラ」や「新世紀エヴァンゲリオン」などへのオマージュを感じさせる部分がありますが、これまでに観たアメリカ映画とは一線を引く映画です。


リム03

菊池凛子さんも熱演 !
 正直、なんで菊池凛子なの…と思いました。しかし、今回改めて観ると日本びいきのギレルモ・デル・トロ監督らしい演出です。彼女は英語が自在というのも強みもありますが、彼女の持つ東洋の神秘的な雰囲気をうまく活用されていました。アクションのイメージは、なんとなくギコチナイのですが、なかなかいい味だしてます??



※肝心の映画は…、おもちゃ箱をひっくり返した楽しさ !
カッパ採点7点





2013.12.29 虹をつかむ男
いつかみた映画
【其の七十四】

巨匠山田洋次監督が描く、もう一つの寅さん。
虹をつかむ男 1996年 日本



虹01

 平山亮は就職試験に失敗して柴又の家を飛び出し旅の果てに四国・徳島県の小さな町に辿りたどり着きました。亮は白銀活男が経営する古ぼけた映画館「オデオン座」でアルバイトとして働くことになります。活男はこの町で映画の灯を守り映写技師の常さんや映画好きの町民たちと土曜名画劇場を催していました。それはメンバーで幼なじみの未亡人八重子に捧げるものでもありました…。(後は映画を観て下さい)



虹05

 渥美清の急逝に伴いシリーズ終了となった「男はつらいよ」に代わって松竹の正月番組をつとめた人情喜劇です。映画を愛してやまぬ映画館主をめぐる人間模様を数々の名画の断片を交えて描かれています。監督は、日本の名匠、山田洋次。脚本は、山田と朝間義隆の共同執筆。撮影は「学校II」の長沼六男。「学校II」に続いて西田敏行と吉岡秀隆が主演したほか「男はつらいよ」のレギュラー陣が顔を揃えている。またCG合成で寅さんにふんした渥美も一場面に登場し本作も渥美に捧げられました…。


たわごと03
寅さんをめぐっての小さな戦争 ? 
 それから、かなりの歳月が過ぎたから、少々記憶が曖昧…、かも知れません。ワタシの住む徳島県西部(吉野川沿いのの小さな町)に、二つの小さな劇場があります。一つは、この映画の舞台ともなった「オデオン座」。


虹06
市指定文化財「脇町劇場/オデオン座」

 そして、もう一つは…、今なお現役の映画館「貞光劇場」。映写技師の藤本さんが今な元気で映写機を回しています。そして、この貞光劇場で、山田監督の名作「息子」の完成先行上映会が行われました。


虹03
今も現役の貞光劇場

 そして、その上映会(貞光)の後で、山田映画スタッフから「男はつらいよ」のロケ地の依頼。もちろん町の人たちは、大歓迎 ! …そして何度ものロケハンが行われましたが、何とスタッフが選んだのは、隣町の「オデオン座」…。それから「寅さんを巡る争い」が始まりました。困った、山田スタッフはロケを断念…。お互いが「想い」余っての争いが起こってしまいました。

山田監督の優しさ。
 その小さな争いの何年後に、この映画の企画が立ち上がりました。メインの劇場は、当初の予定地の「オデオン座」ですが、撮影現場は多くは、貞光町でのロケを決行されました。そしてなによりも吉野川の土手を歩くCG寅さん…。山田監督の優しさ溢れる徳島産の映画です。

ワタシは、これが寅さんの最終話と思っています。


ちょつと01
想いでの「貞光映画祭」。
 話は変わりますが、この現役劇場で「貞光映画祭」が開催されていました。佐藤純彌監督や高畑高畑勲監督、そしてワタシの大好きな大林宣彦監督を招いての「貞光 大林宣彦映画祭」。当時の貞光町の青年部の皆様と一緒に開催させて頂きました。大林ご夫妻と一緒に過ごした夢のような3日間でした。



※肝心の映画は…、山田監督ありがとうございました !
8点







カッパのみなソン
Selection vol.308



誰がハリエットを殺した?
ドラゴン・タトゥーの女 2011年 アメリカ



ドラ01

 スウェーデンの社会派雑誌「ミレニアム」を発行するジャーナリストのミカエルは大物実業家の不正告発記事が原因の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていました。そんな時、国内有数の企業グループの元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込みます。それは40年前に彼が我が子のようにかわいがっていた一族の少女ハリエットが忽然と姿を消した迷宮入り事件の再調査というものでせした…。(後は映画を観て下さい)


ドラ02

 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー3部作の1作目「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を2009年のスウェーデン版に続き今度は「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化した衝撃のミステリーサスペンスです。



たわごと03
世界基準の良質のミステリー。 
 40年前の少女失踪事件の調査を依頼された社会派ジャーナリストの主人公が、社会のほとんど全てに敵意を向ける孤独な天才ハッカーのパンク少女と奇妙な協力関係を築き、次第に明らかとなる巨大財閥一族の忌まわしき秘密に迫るさまをハードなバイオレンス描写を織り交ぜスリリングに描き出します。
 主演は、「007」のご存知、ダニエル・クレイグ。注目のヒロイン、リスベット・サランデル役には大抜擢となる期待の若手ルーニー・マーラの存在感に注目です。


ドラ03

オリジナルは、もっと素晴らしい…!?





※肝心な、映画は…。それでもワタシはこっちが好きです
七点半







カッパのみなソン
Selection vol.307



最も切ない「謎」の方程式。
真夏の方程式 2013年 日本


真夏01

小説「ガリレオ」シリーズの長編最新作。
 原作の「真夏の方程式」は、ご存知のベストセラー作家東野圭吾氏による累計1000万部を超える大ヒット連作「ガリレオ」の長編新作であり、シリーズ屈指の感動作との呼び声も高い作品です。抒情的な海の町を舞台に人間の深い因縁が描かれる傑作ヒューマンミステリーとして、読者の方からも絶大な支持を集めている本作は子供嫌いな湯川学が1人の少年を守るために「謎」に挑んでいくという物語になっています。


真夏05

二度目の鑑賞…、実に面白い。
 2日前にAmazonから「奥様」が、予約注文していた「真夏の方程式ブルーレイ」が届きました。彼女が、特典映像DVDで観てる間に、本編を改めて観させて頂きました。もちろん劇場では、初日に(おまけ鑑賞)でしたが、改めて我が家で鑑賞することに…。正直、劇場で最初に観た時は「容疑者X〜」よりも、だいぶ劣ると思っていましたががぁ…、しかし、改めて見直すと(あまちゃんの逆まわし法則)良い所と悪い所が見えてきました。


たわごと03
未来への方程式。 
 本作の見所のひとつなのが「ヘンクツ物理学者湯川学扮する福山雅治と少年」です。子供嫌いの湯川がなぜ、彼にはジンマシンがでなかったのか ? そして、少年を守る事で、湯川は何を得て何が変わったのか…。愛するが上に、家族全員が秘密を持ち「優しい嘘」つく…。前作「容疑者X〜」とは、全く違うヒューマンミステリーに仕上がっています。そして脇を固める、風吹ジュン、前田吟、白竜…そして主演の杏ちゃん。登場しただけでストーリーに説得力を持たせてくれる名演技は、本当に素晴らしいです。


真夏06

 しかし、製作者たちの「思い入れ」が強すぎて後半が、少しもったいない気がします。一応の解決をみせる事件ですが、しかし、その突然ストーリー展開に置いてけぼりを食ってしまう感覚に陥ってしまいます。それでも十分に納得し感動できますよ!





※肝心な、映画は…。
二度目の鑑賞は、見えない部分が見えてきます。
七点半






カッパのみなソン
Selection vol.306



全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。
シャッター アイランド 
2009年 アメリカ


アイランド01

 ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島「シャッター アイランド」。そこに精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があり厳重な監視の下に運営されていました。ところが1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまいます。事件を調べるため連邦保安官のテディが新たな相棒チャックと共に島を訪れる事に…(後は映画を観て下さい)



アイランド03

 マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなる、屈指のミステリーサスペンスです。「ミスティックリバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッキーな謎解きスリラーを映画化。精神を患った犯罪者だけを収容する病院が建つ絶海の孤島「シャッター アイランド」を舞台に、ある目的を秘めこの地を訪れた連邦保安官が、次々と直面する謎や職員たちの不審な言動に振り回され次第に混乱と恐怖に呑み込まれていくさまを様々な仕掛けと重厚な映像表現でスリリングに描き出します。共演は「ゾディアック」のマーク・ラファロ「砂と霧の家」のベン・キングズレー「ブロークバック・マウンテン」のミシェル・ウィリアムズ。


たわごと03
意外にもシンプル…。
 マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオ。そして原作のデニス・ルヘイン…。映画ファンなら大抵の方期待します。しかし、決して面白くない訳でもないのですが、冒頭の連邦保安官(ディカプリオ)と相棒(マーク・ラファロ)が島に行くために乗る揺れるフェリーのデッキ上のシーンで、これは「×××」と思ってします。これからいかにも嵐が来そうな曇天…。このシーンで、「ディカプリオの夢」と。この映画は謎解きよりも、空気感を楽しむ映画なのかも知れませんね。


アイランド04


ちょつと01
ディカプリオ、休業の理由は? YAHOOニュースより
 レオナルド・ディカプリオが2014年から休業することを発表したと、英紙「メトロ」が報告している。同紙によると、レオナルドは新作映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のプロモーション後に休業するとのことで「私は2年間で3本の映画に出演し疲れ果てています。俳優業を再開するまで長期休暇を取る予定です」という声明を発表したという。また、米誌「ナショナル・エンクワイアラー」は、レオナルドが、マーティン・スコセッシ監督から「オスカーを取りたかったらパーティ三昧の生活を改め自分の人生についてもっと真剣に考えろ !」と説教されたことを明らかにしており彼が今回の長期休暇で自分と向き合い生活態度を改めようとしているのではないかとも言われている。

彼は、華麗なるギャツビーだった…??‎




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点




2013.12.25 殺人の告白
カッパのみなソン
Selection vol.305


私が殺人犯です。
殺人の告白 2012年 韓国


告白04
 
 1990年、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。捜査を担当するチェ刑事は、あと一歩のところで犯人を捕り逃したうえ顔に深い切り傷を負ってしまいます。やがて事件から15年が経過し、ついに時効が成立します。そして、その2年後もはや法で裁かれることのなくなった犯人が事件を詳細に記した告白本を出版し社会に衝撃が走ります。男の名はイ・ドゥソク…。(後は映画を観て下さい)


告白02

 国中を震撼させた連続殺人事件の犯人が時効成立後に書籍を発表しメディアの注目を集めたことから巻き起こる予測不能のストーリーをスリリングに描き出したサスペンス・アクションです。主演は「黒く濁る村」のチョン・ジェヨン。また、これまで「家門の栄光」「検事プリンセス」などのTVドラマで活躍してきたパク・シフが、不敵な美青年犯人役でスクリーンデビューを飾りました。


たわごと03
なんじゃ、こりゃ。の面白さ !
 結論からですが、韓国のアクション映画はハリウッド映画と並んだと言っても過言ではありません。どちらかと言えば韓国映画は、日本映画と比べる対象になっていました… が、それは大きな間違いでした。韓国映画は、あのハリウッドと張り合っていました…。そして、この映画はそれに十分匹敵する出来映…。アクションは、もとよりストーリーもかなり練られていて見ていて、約2時間という時間があっという間に過ぎてしまいます。そして、何よりもキャストが素晴らしい。主演のパク・シフは、かなりの美形で、チョン・ジェヨンは、渋くてワイルド。2人とも魂のこもった演技に圧巻です。


告白05


ちょつと01
ダークナイトのジョーカーを彷彿。
 主演の2人は、もちろん素晴らしいのですが、ワタシ的には、チョン・ヘギュンの演技を評価するべきだと思います。あまり書くとネタバレになってしまいますが、彼は、ダークナイトのジョーカーに似ています。ジョーカーも主役のバットマン以上の存在感でしたが、彼は、それ以上の新たなるダークヒーローでした。





※肝心の映画は…、是非とも観て下さい !
8点半






2013.12.24 大停電の夜に
カッパのみなソン
Selection vol.304


光が消える、あなたを感じる。
大停電の夜に 2005年 日本



停電01

 12月24日クリスマスイブの夜を迎えたばかりの東京の街からすべての光が一瞬にして消え東京にかつてない暗闇が訪れました。東京を含む首都圏全域が大規模な停電に見舞われてしまったのです。かつての恋を待ち続けるバーのマスターと向かいのキャンドル・ショップの女店主。妻と愛人の間で揺れるサラリーマン。秘めた想いに迷っていた主婦。エレベーターに閉じ込められた中国人のベルボーイとOL。地下鉄の中の元ヤクザと妊婦。天体望遠鏡を覗く少年と病院の屋上に佇む少女。行灯の前で向かい合う老夫婦。その夜12人の男女の秘めた想いが静かに動き出します…。(後は映画を観て下さい)



停電02

 東京が1年で一番光り輝くクリスマスイブの夜に大停電が起こったら…、という設定で描く群像ラブストーリーです。停電という思いがけない事態ゆえに引き起こされた12人の男女それぞれが経験する一夜限りの特別な物語を繊細なタッチで描きます。監督は「東京タワー」の源孝志。また撮影は2002年のセザール賞最優秀撮影賞に輝いた日本人カメラマン永田鉄男氏が担当しています。



たわごとクリスマス

誰もがみんな、少しだけ幸福になる。
 今日はクリスマスイブ…、イブと言えばやっぱり映画。クリスマスを描いた映画って結構多いです。もちろん殆どがラブストーリー系なのですが、確か昨年のイブにアップしたのはイブの夜に世界最悪の男を演じたアクションサスペンスの傑作「ダイハード」。そして今年のイブにお勧めしたいのはこの「大停電の夜に」です。この映画はクリスマスイブの夜に東京近郊に人工衛星のかけらが落ち一晩だけ東京全体が停電することから始まります…。クリスマスイブに東京中が停電する…。なんとも切り口がロマンチック。日常とは違う特別日に様々な物語が静かに展開し、観ているワタシ達は少しだけ幸せになった気がします。

映画でも知世ちゃんは、ブレンディを飲んでました。



ちょつと01
寒かった…。
 ワタシも所属している地元のNPO法人「徳島ツーリズム協会」の街おこしイベントとして「とくしま光の小路」を開催しました。徳島市中心街の公園で、千個のキャンドルに灯りをともすキャンドルイベント。しかし、寒かった…。千個に全てに点火できず、結果的に半分の500個。トンでもなく寒くて風も強い中、スタッフの皆様ご苦労様でした。ロウソクの灯りって、何故か優しく、少しだけ幸せな気分にしてくれました。次回はもう少し暖かい夜にしましょうね!?

停電06
撮影 カッパ

イベントじゃない、物語が必要だったかも…。




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.303


誰もが知るヒーローの、誰も知らない誕生の瞬間。
マン・オブ・スティール 2013年 アメリカ



スティール01

 クリプトン星で生まれたその赤ん坊は滅亡を悟った父に最後の希望を託され地球へと送られました。地球にたどり着いた彼はジョナサンとマーサの夫婦に拾われクラーク・ケントとして育てられます。次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、養父からはその能力を使うことを固く禁じられていました。周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年へと成長したクラークはやがて自分探しの旅に出て自らの使命を確信しのます…。(後は映画を観て下さい)


スティール03

 DCコミックスが誇る最強のスーパーヒーロー「スーパーマン」を「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作・原案「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督で装いも新たに再起動させたアクション超大作です。スーパーマンの知られざる誕生の物語を壮大なスケールで描き出す。スーパーマン役は「インモータルズ」のヘンリー・カヴィル、共演にエイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ラッセル・クロウの超豪華陣で固めています。


たわごと03
知名度は、世界一。
 「スーパーマン」と聞いて知らない人はいない…。赤いマントに青いピチピチのスーツ、世界中が知っている正義のヒーロー。しかし、彼がどうしてスーパーマンかって問われると「???」である。そんな疑問をこの映画はスッキリさせてくれます。余りにも単純明快なキャラクター設定を、壮大なスケールで補いますが、少々やり過ぎの様な気もします。細かいツッコミ所はさて置き、たとえ正義とは言えスーパーマン、壊し過ぎでしょ…!!


スティール02




※肝心の映画は…、
カッパ採点7点




いつかみた映画
【其の七十三】

このもの凄さ! 面白さ! 映画の常識をはるかに超えた !
燃えよドラゴン 1973年 香港・アメリカ


ドラゴン01

 陰謀うず巻く国際都市香港から南シナ海にうかぶ要寒島ハンで開かれる大武術トーナメントへの招待状が世界中の武術の名人にあてて送り出された。ロサンゼルスに住む黒人のカラテの名手ウィリアムス、同じくサンフランシスコのローパーもその招待状を手に香港へ向かった。その頃、香港に近い田舎で中国人ばかりのカラテの試合が行なわれていました。優勝者は少林寺で仏の道と武術を勉強中のリーという若者でした…。(後は映画を観て下さい)




ドラゴン02

 少林寺拳法を武器に強大な悪に対決するスーパーヒーローの活躍を描きます。主演は「空手映画」ブームをまき起こし、これを最後に世を去ったブルース・リー。製作はフレッド・ワイントローブ、ポール・ヘラー、レイモンド・チョウ、監督はスチール・カメラマン出身のロバート・クローズ、脚本は、マイケル・アリン。撮影はギルバート・ハッブス、そして、あの魅力的な音楽はラロ・シフリンが担当しています。


たわごと03
子供の頃、誰もがブルース・リーだった。
 今日は、久しぶりに子供の頃の仲間とお酒を頂きました、そう中学校時代のプチ同窓会。そして、この映画ワタシ達がまだ子供の頃とんでもなく流行りました。もちろんブルースリーの名作中の名作「燃えよドラゴン」。そしてこの映画から社会現象ともなるカンフーブーム。滑稽な事に映画を観た後は、誰もがブルース・リーになりきっていました。


ドラゴン04


数あるブルース・リーの中でもダントツ。
 日本公開の最初の作品は、この「燃えよドラゴン」。ブルース・リーが主演する作品の中では、ダントツの出来映えです。その後、香港時代の作品が上映されてそのブームの行きよいで大ヒット。あの光景は、今でも鮮明に覚えています。「ドラゴン怒りの鉄拳」での地元映画館(今は閉館された徳島ホール)での長蛇の列。そして、この頃は「入れ替え制」もなく、何度も繰り返して観ている熱狂的なお馬鹿さん達もいました。ワタシ達世代の映画の最後の良き時代だったと思います。




※肝心の映画は…、ブルース・リーを永遠なり。
8点半






カッパのみなソン
Selection vol.302


全人類に告ぐ、来たるZデーに備えよ。
ワールド・ウォー Z 2013年 アメリカ



Z01

 妻と2人の娘と平穏な日々を送っていた元国連捜査官のジェリー。ある日家族を乗せた車で渋滞にはまった彼は謎のウイルス感染によって凶暴なゾンビが瞬く間に増殖する現場に遭遇してしまいます。そして必死で家族を守り、間一髪で逃げ延びたジェリーのもとに現場復帰の要請が入る…。いまや謎のウイルスの爆発的な感染拡大で全世界が崩壊しようとしていました。。そこで、かつて伝染病の調査や紛争地域での調停に手腕を発揮してきた彼に調査隊への協力が求められたのでした…。(後は映画を観て下さい)



Z03

 謎の疫病の発生を契機とした人類とゾンビの全面戦争の顛末を綴った、マックス・ブルックスの世界的ベストセラーをブラッド・ピット主演で実写映画化したパニックアクション超大作です。感染者が爆発的に増大し世界中に混乱が拡がる中、事態の究明を託された元国連捜査官の主人公がワクチン開発のために各地を、飛び回る中で目の当たりにする惨劇の一部始終を圧倒的スケールで描き出します。監督は「ネバーランド」「007慰めの報酬」のマーク・フォースター。


たわごと03
超豪華なゾンビ映画。
 前知識が無いままに鑑賞しました…。これってゾンビ映画だったんですね!? 予告編を見た限りでは滅亡の危機に遭遇した人類と家族の物語。その人類滅亡の危機が「ゾンビウィルス」。この切り口って何度も見た事のある展開。しかし、このごく有り触れた、毎度おなじみの映画的キャラ「ゾンビ」が、壮大なスケールで描かれます。何と言っても主演は、ブラッド・ピット。超一流のハリウッドスターが、スピードアップしたゾンビに挑みます!!

Z02


ちょつと01
人類存続を懸けた闘い、選ばれたのがブラピ ?
 人類存続を懸けた闘いのキーマンとして選ばれたのが、都合良くブラッドピット。まあ、それい良いとしても不思議で面白いのは、人類最後の希望、博士が一瞬のうちに「すっころんで死んでしまう」シーンです。飛行機の中では素晴らしい持論を語っていたのに、何も転んで死ななくともと思ったのはワタシだけでしょうか。そんなこんなでツッコミ所は多々在るのですが、超豪華なB級映画としては十分に楽しめる作品です。

Z04




※肝心な、映画は…。ゾンビに「商標登録」な無いのだろうか ??
七点半





2013.12.20 レベッカ
いつかみた映画
【其の七十二】

ヒッチコックの渡米第1作となったゴシックロマン。
レベッカ 1940年 アメリカ



レベッカ01

 ヴァンホッパー夫人の付き人としてモンテカルロのホテルにやってきた「私」は、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムと出会います。マキシムは1年前にヨット事故で前妻レベッカを亡くしていました。彼女はマキシムの後妻としてイギリスの彼の大邸宅へ行く決意をします。多くの使用人がいる邸宅の女主人として控えめながらやっていこうとする彼女でしたが、かつての使用人で邸宅を取り仕切るダンヴァース夫人にはなかなか受け入れてもらえない…。次第に前妻レベッカの見えない影に精神的に追いつめられて…。(後は映画を観て下さい)



レベッカ04
ハリウッドでも、ちゃっかりと出ています。


たわごと03
セルズニック vs ヒッチコック
 母国イギリスで「三十九夜」や「バルカン超特急」などの質の高いサスペンス映画を手掛けて大きな成功を収めたアルフレッド・ヒッチコックを世界的名プロデューサー、デビッド・O・セルズニックがハリウッドに招いて撮らせたアメリカ進出第1作てす。しかし、ハリウッドの撮影スタイルを嫌ってヒッチコックは、イギリス時代に慣れ親しんだ、彼らしい製作スタイル…、脚本段階で主要な場面を設定しそれぞれの場面にセリフ、アクション、キャメラの位置などを細かく指定して不要なシーンを撮らない方法で撮影を行うことを主張しセルズニックの対立した事でも有名な作品です。

それでもヒッチコックらしい名作。


レベッカ000


ちょつと01
ジョーン・フォンテインさんの死…。
 〈シネマトゥデイ映画ニュース〉映画『断崖』でアカデミー賞主演女優賞を受賞した女優ジョーン・フォンテインさんが、15日、カリフォルニア州カーメルの自宅で老衰のため96歳で亡くなった。ジョーンさんは、1917年、父親が東京帝国大学で教べんを取っていたため東京の虎ノ門で生まれた。小さい頃、虚弱体質だったジョーンさんは、カリフォルニア州のサラトガで育つが、その後両親が離婚し14歳の時に再婚した父親が住む日本を訪ね、日本のアメリカンスクールと聖心女子学院に通った。その後、アメリカに帰国して1935年に舞台デビューを果たすと、映画配給会社RKOと契約を結び映画界にも進出。そして、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「レベッカ」で注目され「断崖」ではアカデミー賞主演女優賞を獲得した。ジョーンさんの姉は映画「風と共に去りぬ」でメラニーを演じた女優オリヴィア・デ・ハヴィランド。映画出演をめぐって姉とのライバル関係も有名だった。

ご冥福をお祈りします。




※肝心の映画は…、
私的にはヒッチコックベスト3に入る作品です。
8点半




カッパのみなソン
Selection vol.301


きみを救うため、ぼくは何度でもきみの頭の中へ入っていく。
リアル ~完全なる首長竜の日~ 
2013年 日本



リアル01

 1年前に自殺を図り昏睡状態に陥った漫画家の淳美。幼なじみで恋人の浩市は「センシング」という最新医療で彼女の意識とコンタクトを図り自殺の真相を探ろうとします。こうして淳美の意識に潜り込み対話を重ねる浩市だったが彼女は「首長竜の絵を探してほしい」と頼むばかりで、やがて首長竜の絵を探しながら何度も「センシング」を繰り返す浩市の前に見覚えのない少年の幻覚が現われるように…。(後は映画を観て下さい)



リアル04

このミステリーがすごい !
 第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説を黒沢清監督が映画化したミステリーラブロマンスです。昏睡状態となった恋人を目覚めさせようと「センシング」という最新医療技術で彼女の意識の中へ入っていく青年を主人公に次第に彼の周りで仮想と現実の境界が曖昧となっていくさまをホラーテイストの演出を織り交ぜミステリアスに綴ります。主演は「るろうに剣心」の佐藤健と「八重の〜」の綾瀬はるか。共演に中谷美紀、オダギリジョー、小泉今日子超豪華キャスト。



リアル03


たわごと03
黒沢清らしい…、不思議な作品。
 黒沢清監督の5年ぶりの劇場映画新作です。彼らしく描かれる異様な世界。独特の日常の光を使った不安の演出…。ノーランの「インセプション」と少しダブるシーンも…しかし、予算は桁外れに違うはず。Wドラマでの「贖罪」の方がワタシ的にはよく出来ていたと思ってしまいます。折角の映画なのです…、もう少し楽しませて欲しいものです。




※肝心の映画は…、賛否両論。
6点




映画的旅情
【其の十二】

最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。
THE 有頂天ホテル 2005年 日本


ホテル01

 都内の高級ホテル「ホテルアバンティ」…。新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。その成否はホテルの威信に関わりこれを無事終えることが副支配人の新堂平吉に課せられた責務です。ところが、そんな新堂をあざ笑うかのように思いも掛けないトラブルが次々と発生します。刻一刻と新年のカウントダウンが迫る中、従業員と「訳あり」宿泊たちを襲う数々のハプニング…。(後は映画を観て下さい)


三谷幸喜的グランドホテル。

ホテル02 「ラヂオの時間」「みんなのいえ」の三谷幸喜監督がオールスターキャストで描くエンターテインメントアンサンブル劇です。大晦日のホテルを舞台に従業員と宿泊客それぞれが織りなす多彩なエピソードを、三谷幸喜監督らしい「グランド・ホテル」形式で淀みなく綴って行きます。劇中で多用されているワンシーンワンカットの長回しや、自由なカメラワークを可能にする大規模なホテルのセットなども見どころです。



たわごと03
憧憬のニューグランドホテル。
 この「THE 有頂天ホテル」でもロケ地としても使われた、横浜を代表する老舗ホテル「ホテルニューグランド」。今回の横浜・鎌倉ツアー(奥様のコンサートのおまけ旅行)で、ワタシの大好きなブロガー「つかりこさん」とのサプライズの出会い…。そして憧れの老舗ホテルでの宿泊。ワタシにとって何よりも幸せな2日間でした。

ホテル01
撮影:カッパ

 チャーリー・チャップリンやジョージ・ハーマン・ルースなど著名人も多数来訪しダグラス・マッカーサーは、1937年に新婚旅行の帰路1945年にSCAPとして来日直後それぞれ滞在している…、等々。歴史とその物語がきっしり詰まった素晴らしいホテルでした。そして日曜日の宿泊なので驚く程にリーズナブル !

もちろん、食べさせて頂きました!

ナポリタン
撮影:カッパ

日本で最初のナポリタン…。
 1階の「ザ・カフェ」。超有名なホテルのカフェですね、もちろん食べさせて頂きました、発祥の「ナポリタン」。写真の通り絶品の超B級グルメです。しかし、それ以上に美味しかったのが、ふわふわ卵でくるんだ超シンプルな「オムライス」。その気品と想定外の美味しさ。オリジナルのケチャップも濃厚で、様々な歴史を感じる逸品です。


オムライス
撮影:カッパ

それ以上のオムライス…、そして夜は。
 もちろん伝説のBAR「シーガーディアンⅡ」で、夜の横浜を満喫。つかりこさんに頂いた「アメリカンバーボン・ブレット」の話でバーテンダーさんと大いに盛り上がりました。ちなみにシーガーディアンにもこのバーボンはなかったです。本当に貴重なお酒、ありがとうございました!!


ホテル
撮影:カッパ

ワタシ的にも「THE 有頂天ホテル」でした。




※肝心な、映画は…。三谷幸喜監督らしい作品。
七点半











2013.12.17 青春の殺人者
いつかみた映画
【其の七十一】

長谷川和彦が描く、伝説の青春映画。
青春の殺人者 1976年 日本



青春01 斉木順22歳。親から与えられたスナックを経営して3ヵ月になるます。その店の手伝いをしているのは幼なじみの常世田ケイ子でした。ある雨の日、彼は父親に取り上げられた車を取り戻すためタイヤパンクの修理を営む両親の家に向っていました。しかし、それは彼とケイ子を別れさせようとわざと彼を呼び寄せる父と母の罠でした。母は彼に「順は取り憑かれている、蛇にぐるぐる巻きにされてる」早く別れないとあの体にがんじがらめになると…。(後は映画を観て下さい)




青春03

屈折した青春像。
 1969年10月30日、千葉県市原市で実際に起こった事件に取材した芥川賞作家中上健次の小説「蛇淫」をもとに、両親を殺害した一青年の理由なき殺人を通して現代の青春像を描き上げています。脚本は元創造社のメンバーの1人で作家に転向以来5年ぶりに脚本を執筆した田村孟。監督はこれが第1回監督作品の長谷川和彦、撮影は「祭りの準備」の鈴木達夫がそれぞれ担当しています。


たわごと03
衝撃的な出会い。
 ワタシがこの映画と出会ったのは確か高校2年生の夏。当時、不覚にも竹下景子さんのファンで…、これまた不思議な映画「ブルークリスマス」と併映でした。もちろんメインは「ブルークリスマス」。しかし正直「ブルー〜」の事はよく覚えていませんが、この「青春の殺人者」は、後ろから頭をおもいっきり殴られた感覚を今でも覚えています。まだギラギラしていた頃の長谷川和彦監督の何とも言えない青春の憤りとパワーを感じ取れた名作です。

青春02


ちょつと01
映画的出会いに感謝します。
 先日、横浜に行く事になり、ワタシの大好きなブロガー「つかりこさん」と合わせて頂きました!! これがいわゆる「オフ会」。シゴトの上での先輩のつかりこさんと楽しい時間を過ごさせて頂きました。もちろん映画の話や、蕎麦やうどんの話。同じ世代のオッサン2人が楽しい時間を過ごさせて頂きました。


写真01

そして、いただきました!!
 つかりこさん本当にありがとうございます。10月22日にアップした「バレット」。名匠ウォルター・ヒルが、スタローン主演で製作した作品。タイトルはアメリカンバーボン「ブレット」。その現物をつかりこさんにプレゼントして頂きました。さすがに、地元徳島では何処にもなく、まさかつかりこさんに頂くとは…。本当に嬉しかったです!!
 そして早速試飲。予想どおり一癖あるバーボンですが、古き良きアメリカの力強さを感じる逸品です。それと美味しいお菓子と、あまちゃんの手ぬぐいも一緒に頂きました。この手ぬぐいを頭に巻いてジムに行ってきます…。(多分ヒーローになれます)

素敵な出会いに感謝します、
そして、ありがとうございました!






※肝心の青春の殺人者は…、
8点半





カッパのみなソン
Selection vol.300


韓国版、タワーリングインフェルノ。
ザ・タワー 超高層ビル大火災
2012年 韓国


タワー01

 地上108階建て6000人あまりの居住者と巨大な商業施設を誇る超高層複合ビル「タワースカイ」で働くデホは、男手ひとつで育ててきた1人娘のハナと楽しいクリスマスイブを過ごす約束をしていました。その頃「伝説の消防士」の異名を持つカン・ヨンギ隊長は休暇をもらい結婚後初のクリスマスを祝うためケーキを用意するのでしたが、タワースカイの上層階で大火災が発生したことから彼らのクリスマスは死の恐怖と悲劇に包まれてしまう事に…。(後は映画を観て下さい)


タワー02

「シルミド」「TSUNAMI」などの大ヒット作で知られるソル・ギョングと「私の頭の中の消しゴム」「四月の雪」で悲劇のヒロインを演じたソン・イェジンが主演を果たしたパニック・スペクタクル巨編です。高層ビルの大火災に巻き込まれた人々のヒューマンドラマが繰り広げられる。監督は「光州5.18」「第7鉱区」のキム・ジフン。


たわごと03
懐かしのパニック映画。
 外国映画に興味を持ち始めた70年代中盤期には、パニック映画が全盛期でした。「ポセンドンアドベンチャー」「エアポートシリーズ」そして、この映画の基盤とも言える「タワーリングインフェルノ」。多額の製作費を投入し、これぞ映画、これぞアメリカを魅せて頂きました。そして、時が流れ…。お隣、韓国でもこんなにも迫力あるパニック・スペクタクル映画が製作されました。

タワー03

パニック映画の王道。
 始まって15分程度で、大体のストーリーや人間ドラマは想像出来てしまいます。それでも、いざモニターで迫力の映像を見せつけられると生死の別れ目や脱出にドキドキ、ワクワクしてしまいます。素晴らしくよく出来たリアルなCG。こうなると分かっていてもラストの隊長には涙ぐんでしまいます。ポール・ニューマンもスティーブマックイーン ブリット出てないけれども、これで良いのだと思う良質の作品です。


ちょつと01
明日、明後日は休館します。
 明日から横浜・鎌倉に行きます! すみません2日間ブログを休ませて頂きます。






※肝心な、映画は…。海猿は完全に負けています。
七点半






いつかみた映画
【其の七十】

きみにも見える、ウルトラの星。
帰ってきたウルトラマン 1971年 TBS〜


ウルトラマン01

 世界各地で地殻変動や異常気象が相次ぎ、眠っていた怪獣が目覚めた。カーレーサーを目指していた青年・郷秀樹は怪獣タッコング暴れ回る中、逃げ遅れた少年と仔犬を庇って命を落としました。しかし、M78星雲から地球を守るためにやってきた新たなウルトラマンが、郷の勇気ある行動に感動し彼と一体化することで蘇らせた。その後、郷は人類の自由と幸福を脅かすあらゆる敵と戦う決意を胸に怪獣攻撃隊MATに入隊。常人離れしたウルトラマンとしての自分と、人間・郷秀樹としての自分とのギャップを抱えながら怪獣や宇宙人と戦うことで成長していきます…。(後は映画を観て下さい)



ウルトラマン04

 この企画は1969年頃に書かれた企画書「続ウルトラマン」から始まり、ウルトラマンとMATチームが復活した怪獣と戦うという基本線はこの時点で確立してたらしいです。同企画書は「ウルトラマン」の約30年後を舞台にウルトラマンが地球に帰ってくるという設定ですでに引退しているムラマツやハヤタが登場し初代を強く意識したものでした。当初は初代ウルトラマンが帰ってくる設定であったため「帰ってきたウルトラマン」というタイトルがつけられたのですが、スポンサーの都合でこの設定は没となり最終的に別人ということになったと言われています。「帰ってきたウルトラマン」という題名は円谷英二によって付けられたと言われています。


たわごと03
テレビの枠を超えた名作。
 ワタシが大好きなのは、第5話「二大怪獣東京を襲撃」と第6話「決戦 ! 怪獣対マット」。ご存知、グドンとツインテールが登場する「帰ってきた〜」の初期の名作です。ワタシ達の世代では、ウルトラマンやセブンより、確か小学校4年生時にオンエアーされたこのシリーズが一番オンタイムで楽しみました。そして、この5話と6話は、確か東宝チャンピンオまつりでも観ました。ゴジラシリーズの珍作・名作の「ゴジラ対ヘドラ」同時上映として、映画版として再編されました。多額の製作費を費やした本編よりも面白かった事を思い出しました。


ウルトラマン02

このデザインは素晴らしい。
 グドンとツインテールのこの形状、凄いです。特にこのツインテール。今見ても全く色褪せない素晴らしいフォルムです。しろくろShowさんにご紹介して頂いた「京都怪獣映画祭3」でも上映されるらしいですね。あの名作との併映でも見劣りしないと思います。




※肝心な、映画(ドラマ)は…。
七点半




2013.12.12 落下の王国
カッパのみなソン
Selection vol.299


君にささげる、世界にたったひとつの作り話。
ザ・フォール 落下の王国
2006年インド・イギリス・アメリカ



落下01

 1915年ハリウッド。撮影中の事故で重傷を負い病院のベッドに横たわるスタントマン、ロイ。身体が動かず自暴自棄となり自殺願望にとらわれていました。同じ病院に入院中のアレクサンドリアは家族を手伝ってオレンジを収穫中に樹から落下して腕を骨折した5歳の少女でした。じっとしていられず敷地内を歩き回っていてロイの病室へと辿り着きます。ロイはアレクサンドリアを呼び寄せると思いつきの冒険譚を語って聞かせます…。(後は映画を観て下さい)



落下04

 「ザ・セル」等の鬼才・ターセム監督が世界24ヵ国以上でロケを敢行して撮り上げた絢爛豪華な愛と感動の映像叙事詩です。事故で下半身不随となり自暴自棄になったスタントマンと骨折で入院中の一人の少女の心の交流を軸にスタントマンが少女に思いつくままに語るおとぎ話をエキゾティックかつイマジネーション溢れる映像美で描き出します。主演は「グッド・シェパード」のリー・ペイスとこれがデビューのカティンカ・ウンタルー。


たわごと03
ターセム監督の逸品。
「ザ・セル」で世界に衝撃を与えたターセム監督がアカデミー賞R受賞デザイナーの石岡瑛子をはじめ、なんとデビッド・フィンチャー、 スパイク・ジョーンズ、クリシュナ・レヴィと共に構想26年の歳月と撮影に4年の歳月を費やして創りあげた圧倒的な世界観が素晴らしいてせす。20カ国でロケーションを敢行し多数の世界遺産が登場、コンピュータを使用せず創りあげた映像美は観るものを魅了します。映画が映画として機能している逸品です。





※肝心の映画は…、映像が抜群に素晴らしい!!
8点






カッパのみなソン
Selection vol.298


ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。
インビクタス 負けざる者たち vol.02 
2009年アメリカ



負けざる01

ネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典終了
【FNNネットワークより】  
 南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)と闘い続けたネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典は、およそ90カ国から首脳や王族が出席する世界最大級のものとなった。追悼式典は終了し、会場は、お祭りのような盛り上がりだったが、今は、ほとんどの参列者が引きあげ、すでにすっかりと静かになっている。
10日の追悼式典には、数万人が参列したほか、イギリスのキャメロン首相や、アメリカのクリントン元大統領などが出席した。日本からは、皇太子さまと福田元首相が出席し、各国首脳らとあいさつを交わした。式典では、マンデラ元大統領を敬愛する、アメリカのオバマ大統領が弔辞を述べ、その功績をたたえると、会場からは、地響きのような歓声が沸き起こった。オバマ大統領は「彼の戦いは、あなた方の戦いだ。彼の勝利は、あなた方の勝利だ。あなた方の自由と民主主義は、彼の遺産だ」と述べた…。



負けざる03


たわごと03
今こそ、見るべき映画。
 ネルソン・マンデラ元大統領の死…。もしこの映画と出会えてなかったらそれは、もちろん別世界での出来事。非常に安易で失礼な想いかもしれませんが、恥ずかしい程の無学なワタシでさえこの作品を見たおかげで、彼の事が少しだけ理解てき、彼の死を惜しむ事が出来ました。そして、今日改めて「インビクタス 負けざる者たち」を再鑑賞させて頂き、この映画の奥深さをより感じる事が出来ました。


負けざる04

感動的なエンディング。
 ところでこの映画のエンディングで流れる曲「ワールド・イン・ユニオン」は1991年よりラグビーワールドカップのテーマソングとして今日まで使われています…。元々この歌は、原曲の作曲者であるホルストの名曲「惑星」の一部に歌詞をつけて作られたそうです。日本では、2003年に平原綾香さんが「ジュピター」として発表しヒットしましたね。多くのラグビーファン達が「この歌はラグビーW杯の歌だろう」と思ったことでしょう。

ワタシにとって、やっぱり映画が学校です。

私を覆う漆黒の闇
鉄格子にひそむ奈落の闇
私はあらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ血を流しても
決して屈服しない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが長きにわたる脅しを受けてなお
私は何ひとつ恐れはしない

門がいかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
私が魂の指揮官






※肝心の映画は…、マンデラ氏とフリーマンが瓜二つ。
8点半







2013.12.10 あずみ
カッパのみなソン
Selection vol.297


最初の使命は、愛する友を殺すこと。
あずみ 2003年日本


あずみ01

「関ヶ原の戦い」を経て覇権は、豊臣家から徳川家へと移りました。しかし未だ徳川家康の天下は盤石とは言えず反乱分子の芽は決して見過ごすことの出来ない存在でした。そこで太平の世を願う家康の側近、南光坊天海は爺に対して反乱を企てる危険のある者を事前に抹殺するための暗殺者集団育成を密かに命ずる事に…。それを受け爺は、少女あずみをはじめ戦乱で孤児となった幼子を集めると過酷な修行を課して最強の戦士へと鍛え上げていきます…。(後は映画を観て下さい)



あずみ03

 平和を築くために最強の暗殺者になるべく育てられた少女が主人公という斬新な設定と先の読めないストーリー展開過激なバイオレンス描写などが評判となった人気同名コミックを「ファイナルゴジラ」の北村龍平監督で映画化したハードアクション時代劇です。主演は人気アイドル上戸彩。共演に小橋賢児、金子貴俊、オダギリジョー。また、原田芳雄、佐藤慶、竹中直人、伊武雅刀らベテラン実力派俳優が要所を締めます。


あずみ002



たわごと03
きさ〜まぁ〜!!
 日本より先にハリウッドが認めた監督、北村龍平。長編第1作のアクション映画「VERSUS」が、低予算で自主映画にも関わらず世界中で評価を得ることになったみたいです。そんな絶好時に日本で、製作した超大作時代劇です。新感覚のアクション時代劇を撮ろうと、監督・役者・スタッフも意気込んで製作したんだと思われます。CGやワイヤーワークを使いながら、チャンバラが新しいエンターテインメントです。

上戸彩ちゃんの熱演が、今見ると…。



あずみ04漫画家小山ゆうの世界。
 ワタシ達世代には記憶に残る漫画家のひとり、小山ゆう。この「あずみ」をはじめ「おれは直角」「がんばれ元気」等の大ヒット漫画を発表されました。しかしワタシ的には「がんばれ元気」後、少年サンダーで連載された「スプリンター」が大好きです。いつか誰かが「炎のランナー」の様な映画を製作してくれる事を祈ります。





※肝心の映画は…、北村龍平監督はどうしているのだろう ?
6点





カッパのみなソン
Selection vol.296


将来のことは、考えないようにしています。
俺はまだ本気出してないだけ 
2013年日本



俺01

 高校生の娘を持つ42歳のバツイチ男、大黒シズオ。ある日「本当の自分を見つける」ためと突然会社を辞めてしまいます。ところがそれから1ヵ月、シズオは部屋でゴロゴロとゲーム三昧で…。一緒に暮らす父親から怒鳴られてばかりの日々を送っていました。そんなある日、本屋で立ち読みしていたシズオは、なぜか漫画家になろうと決意します。そして出版社への持ち込みを始め担当編集者の村上に励まされるも当然のようにボツの連続…。(後は映画を観て下さい)



俺02

 40歳を過ぎて突然会社を辞め、いきなり漫画家を目指し始めたバツイチ子持ち中年男のダメダメな日常を描き評判を呼んだ青野春秋の同名マンガを「コドモ警察」「変態仮面」の福田雄一監督で映画化したコメディです。主演は「容疑者Xの献身」の堤真一、共演に橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司と一癖ある豪華キャストです。



たわごと03
人生300年…。
 人生300年…、不覚にも感動してしまいました。42歳のバツイチ男、大黒シズオの全くダメな生き方とデタラメな生活。しかし、もちろん社会人として失格、しかし人間としては魅力的。そうこれは、現代版の「寅さん」とも言える作品です。そして彼が書いた漫画は「人生300年」。何とも80歳は成人。そう考えると人生も捨てたものではなく、まだまだこれからと思えて来ます。


俺05

暮らしの中での忘れ物…。
 みんながシズオのようにならない為に頑張る。しかし、それは軽蔑ではなく「憧れ」。暮らしの中で忘れてしまった大切なもの…。いつの間にか社会の中で、どうでもいい重ね着をしてしまった自分…。あの頃の自分へ還れる映画です。ぜひ観て下さい。


俺03






※肝心の映画は…、漫画も読まねば。
8点









カッパのみなソン
Selection vol.295


それは日曜日の朝だった…
パール・ハーバー 2001年アメリカ



パール01

 1941年。兄弟のように固い絆で結ばれた若者レイフとダニー。レイフは恋人イヴリンをダニーに託しヨーロッパの戦地へと向かいます。やがて軍からハワイ転属命令を受けたダニーとイヴリンのもとにレイフ戦死の報が届きます。2人は互いの心の傷を癒すべく支えあいいつしか結ばれる。しかし戦況が逼迫し始めた12月6日、イヴリンの目の前に死んだはずのレイフが現われました…。(後は映画を観て下さい)



パール02

 「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマー製作、マイケル・ベイ監督コンビが、同じく同作に出演したベン・アフレックを主演に迎えて描いた戦争映画です。日本軍の真珠湾攻撃をフィーチャーし、史実にとらわれることなく甘いメロドラマと戦闘シーンが展開されます。実にアメリカ的な戦争映画な気がします。



たわごと03
戦争を知らないオッサン達。
 今日12月8日は、72年目の太平洋戦争開戦記念日。もちろんワタシは戦争を知りません…。本当にこの事を知る方々が少なくなってきました。もちろん時は流れ、時代は変わって行くのでしょう。しかし、忘れてはいけないモノや魂…。決して初期化してはいけない記憶。たとえそれが間違いであっても過ちであっても記憶の中に残さなければいけない想い…。映画をそれを伝承する最適な手段です。しかし、この「パール・ハーバー」は、12月8日の今日、ブログに書きながら違和感を感じて来ました。そのこの映画は戦争をなぞった恋愛映画です。歴史的な出来事を描くには、少々安易だったかもしれません。それでもかなり大ヒットし日本でもかなりの興行収入を得たはずです。


パール03






※肝心の映画は…、トラ! トラ! トラ ???
6半点






カッパのみなソン
Selection vol.294


おとぎの国でバトルが始まる。
白雪姫と鏡の女王 2012年アメリカ


白雪姫01

 幼い頃に父親である国王を失って以来18歳になる今日まで継母の女王に幽閉されてきた白雪姫。その間女王は散財を繰り返して王国の財政は破綻寸前でした。そこで女王は隣国の若くてお金持ちのイケメン王子との結婚を画策します。ところが王子は白雪姫と恋に落ち怒った女王は白雪姫を恐ろしい怪物がいるという森に追放してしまいます…。(後は映画を観て下さい)



白雪姫03

 有名なグリム童話の「白雪姫」を「ザ・セル」「落下の王国」の映像派ターセム・シン監督がコミカルかつカラフルに描いたファンタジーでコメディです。出演は白雪姫にフィル・コリンズの娘リリー・コリンズ、王子に「J・エドガー」のアーミー・ハマー、そして女王役にはジュリア・ロバーツ。そして2012年1月に惜しくも他界した世界的デザイナー石岡瑛子が本作の衣装デザインを担当されています。


たわごと03
映像作家、ターセム・シン。
何となく、今まで避けていた作品でした、しかし、あのターセム・シンが製作した事を知って、早速TSUTAYAでレンタル。う〜ん…。何とも微妙な作品です。確かに彼らしい奇抜な発想と素晴らしい映像ですが、余りにも単調で分かり易すぎる脚本。フィル・コリンズの娘リリー・コリンズの初々しさにかなり救われたかなぁ…。

白雪姫02




ちょつと01
鳴ちゅるうどん。
 全く、映画とは関係ないのですが、この前、久しぶりに鳴門市のソウルフード「鳴ちゅるうどん」を頂きました。それも超老舗の「大井食堂」。子供の頃、うどん好きのオヤジによく連れてこられました。その頃は「えっ〜うどん…」という感覚でしたが今となると何ともシンプルで素朴な味が何よりものごちそう。お隣うどん王国「讃岐うどん」と比べては「うどん」としては、「天と地」程の差…。しかし、そんな事は個人のかって…。鳴ちゅるは鳴門市民の「心の郷土料理」です。

大井01

 出汁は黄金色で少し濃いめのカツオだし、麺は細めで柔らかく超不揃い。具はねぎと刻み揚げが基本パターンです。出汁との相性が抜群で、寒いときはもちろん、夏バテや二日酔いの時も「ちゅるっ」といける癒し系。一度食べるとまた強烈に食べたくなる不思議な感覚のうどんです。


大井02

「うどん」だけしか無いくせに、何故か「食堂」。メニューはうどん小か大に、ちくわを入れるか卵を入れるかの選択肢。通の方は、うどん大ではなく、うどん小を最低2杯食べられます。その方が麺と汁のバランスが良いのです。





※肝心の白雪姫と鏡の女王…
6半点






2013.12.06 ソルト
カッパのみなソン
Selection vol.293


彼女は、何者なのか?
ソルト 2010年アメリカ



ソルト01

 イヴリン・ソルトは、相手のどんな嘘でも見破る優秀なCAI分析官です。ところがある日、CAI本部でロシアから逃亡してきた謎の密告者を尋問していた彼女は突如、窮地に陥ることになります。密告者が大統領暗殺の命を受けたロシアのスパイがニューヨークに潜伏中であること、そしてその名前はイヴリン・ソルトであると告白したのでした。何かの罠だと必死に訴えるものの同僚たちは誰も耳を貸そうとしない…。(後は映画を観て下さい)



ソルト02名匠フィリップノイス。
「ウォンテッド」「チェンジリング」のアンジェリーナ・ジョリーが二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追われる身となったCIA分析官のヒロインを演じるサスペンス・アクションです。監督は名匠でありながら、職人的監督「今そこにある危機」「ボーン・コレクター」のフィリップ・ノイス監督です。



たわごと03
100%。アンジェリーナ・ジョリー。
 公開前には「Angelina Jolie's SALT」というタイトルだったらしいです。本作は、もちろんアンジェリーナ・ジョリーのための映画です。ある意味プロモーション映像と言っても過言でもないです。アンジーがいろんな髪型や服装に変装し様々なシチュエーションでアクションを魅せてくれます。確かに彼女らしい作品です。


ソルト04

ジョン・ボイドも良い娘を持ったものです??




ちょつと01

追悼 負けざる者たち…。

ソルト06

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が亡くなりました…。このニュースを聞き、映画ファンの皆様は、クリント・イーストウッド監督による、モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演の映画「インビクタス/負けざる者たち」を思い出した事でしょう…。この映画は、1995年の第3回ラグビーワールドカップを舞台に当時の南アフリカ大統領ネルソン・マンデラとラグビー代表チーム「スプリングボクス」のキャプテンとの交流を軸とした物語です。非常に失礼ですが、ネルソン・マンデラ元大統領が身近に感じられます。

今もう一度、見直すべき作品です。




※肝心のソルトは…、
カッパ採点7点





2013.12.05 クロニクル
カッパのみなソン
Selection vol.292


手にしてはいけないチカラ、目にしてはいけない映像。
クロニクル 2012年アメリカ



クロニクル01

 いつも持ち歩いている中古のビデオカメラだけが心の友という孤独な高校生アンドリュー。ある日パーティ会場で居場所を見つけられない彼は、見かねたいとこの同級生マットとその親友スティーブに誘われ近くの洞窟探検に向かいます。そこで不思議な物体に触れた3人は知らぬ間に念じるだけで物を動かせる超能力を身につけていました。最初はその力を他愛もないイタズラに使って満足していた3人でしたが…。(後は映画を観て下さい)


クロニクル03

 新人監督による低予算映画にもかかわらず、予測不能の展開と思春期の若者のリアルな心理描写が評判を呼び全米初登場1位のサプライズヒットを記録してセンセーションを巻き起こしたSF青春サスペンスアクションです。ある日突然手に入れた特殊な能力を使ってイタズラを重ねる平凡な高校生3人組がいつしかその強大な力に自ら振り回され思いもよらぬ事態を引き起こすさまを臨場感あふれる映像で描き出します。主演は本作でブレイクを果たした注目の若手、デイン・デハーン。監督も本作をきっかけに一躍ハリウッド期待の若手となったジョシュ・トランク。


たわごと03
青春の憤り…。
 映画的モチーフとして最もよく使用される「超能力」。今までに幾度観て来た事でしょうか…。しかし、この映画は、これまでの超能力映画とは一線を引いた作品です。なんて表現していいのか分かりませんが、この映画が、醸し出す空気感。そして思春期の少年達のアンバランスな憤り…。その憤りと何か分からない物体とのチカラの同期が少年達のパワーとなり、それがそのままこの映画のチカラとなっています。何とも荒削りですが、観る価値のある作品です。


クロニクル02






※肝心な、映画は…。必見の価値ありです!!
七点半






2013.12.04 おくりびと
カッパのみなソン
Selection vol.291


キレイになって、逝ってらっしゃい。
おくりびと 2008年日本


おくりびと01

 チェロ奏者の大悟は所属していた楽団の突然の解散を機にチェロで食べていく道を諦め妻を伴い故郷の山形へ帰ることになりました。さっそく職探しを始めた大悟は「旅のお手伝い」という求人広告を見て面接へ向かいます。しかし旅行代理店だと思ったその会社の仕事は「旅立ち」をお手伝いする「納棺師」というものでした…。(後は映画を観て下さい)



おくりびと04

 本木雅弘が遺体を清め棺に納める「納棺師」を真摯かつ繊細に演じる感動のヒューマンドラマです。ひょんなことから納棺師となった主人公が特殊な仕事に戸惑いながらも次第にその儀式に大きな意義を見出していく姿と、故人を見送る際に繰り広げられる様々な人間ドラマをユーモアを織り交ぜ丁寧な筆致で描き出します。共演は広末涼子、山崎努。監督は、滝田洋二郎。また、脚本には映画脚本は初挑戦となる売れっ子放送作家の小山薫堂が当たりました。


たわごと03
黒澤さえも、なし得なかった夢。
 ご存知、世界最大の映画賞であるアカデミー賞の第81回授賞式で、この作品が外国語映画賞を受賞しました。日本映画が同賞に輝くのは、名誉賞だった1955年の「宮本武蔵」以来4度目ですが…。
外国語映画賞になってからは史上初です。


おくりびと03
 
 米紙ロサンゼルス・タイムズは「おくりびと」の快挙を祝福。本命と目されていたイスラエルのアニメーション作品アリ・フォルマン監督「戦場でワルツを」を抑えての受賞を「驚くべき逆転勝利」と伝えています。

いつかは、誰かが…。
 アカデミー外国映画賞。いつかは誰かがこの栄冠を手に入れると思っていまた。しかし、しかし…。滝田監督が受賞された事は、ワタシにとっても思いがけない事でした。決して、滝田監督作品が嫌いでもなく、初期の作品「コミック雑誌〜」等は、大好きな作品です。しかし、そんな超優等賞をとるキャラでないと思っていました。


おくりびと05

日本人の「心の映画」。
 しかし、この「おくりびと」は、映画の神様が舞い降りた素晴らしい作品です。滝田監督だけでなく、おくりびとチームへ心から感謝します。




※肝心の映画は…、
8点半




カッパのみなソン
Selection vol.290


世界中の「核」は全てコントロールされているはずだった…
ピースメーカー 1997年アメリカ



ピース01

 ロシアから解体処理を行う核弾頭9基が国外に運び出されました。その調査にあたるホワイトハウス核兵器密輸対策チームのケリー博士はロシア事情に詳しいデヴォー大佐とコンビを組み核の足取りを追跡…。トルコの鉱山地帯で移送トラックを空から追い詰め8基の核弾頭を回収しましたが、しかし残る1基は犯人一味のボスニア人が別の場所に運び去ったあとでした…。(後は映画を観て下さい)



ピース02

クルーニーとキッドマン初共演。
 消えた核の行方を巡り世界的な規模で展開するハイテクサスペンスアクションです。スティーヴン・スピルバーグ、パラマウント映画やタッチストーン・ピクチャーズ出身のプロデューサーのジェフリー・カッツェンバーグ、ゲフィン・レコードの代表であるデイヴィッド・ゲフィンの3人が共同で設立して話題を呼んだエンターテイメントの総合会社ドリームワークスKSG社の第1回映画作品です。監督にはTVドラマ「ER緊急救命室」の女性監督ミミ・レダーが抜擢され劇場用長編映画のデビューを飾りました。


たわごと03
アメリカ版、太陽を盗んだ男 ?
 ミミ・レダー監督の演出は非常に良いです。テンポもよく迫力ある映像としっかりとした演出。ワタシ的には、今や世界的大スタージョージ・クルーニーもニコール・キッドマン…。それでも、この初期の映画が一番好きです。特に、キッドマンは、この映画が一番美しいと再認識しました。しかし、この映画をはどうしてもあの名作「太陽を盗んだ男」とダブってしまいます。脚本的には「太陽を盗んだ男」がだいぶ上ですが…。

ピース03






※肝心な、映画は。今の日本では、楽しむだけでは…
七点半




2013.12.02 進撃の巨人
ドラマのツボ
part.18

絶望は、歩いてやってくる…
進撃の巨人 2013年MBS


進撃00

 巨人が支配する世界。生き残った数少ない人間たちは、高さ50メートルに及ぶ城壁の内側で安穏と生活している。10歳のエレンイェーガーは壁の外へ出ることを夢見ており壁の中での生活に満足している人々を密かに「家畜」と呼んでいました。そんなある日決して破られることがないと言われていた城壁を破壊し、これまで見たこともないような超大型の巨人が侵入して来ます。目の前で母親を巨人に食べられてしまったエレンは、第二の壁の内部に逃げ延びることに成功したのでした…。(後はドラマを観て下さい)



進撃02
 
 諫山創による同名人気SF漫画を原作とするProduction I.Gから独立したWIT STUDIOが初めて手がけるテレビアニメーション作品です。監督は「ギルティクラウン」の荒木哲郎、シリーズ構成は、「ジョジョの奇妙な冒険」の小林靖子、キャラクターデザインは「PSYCHO-PASS 」の浅野恭司が担当しています。


たわごと03
Newtype×マチ★アソビ! アニメアワード2013
脚本賞1位 !

 ワタシ達の街「徳島」で唯一成功している「街づくりイベント」で「マチアソビ」アワードで脚本賞。世間でも評判の「進撃の巨人」を初めて観させて頂きました。この作品は脅威な世界を舞台に、圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達の戦いを描いたダークファンタジーバトル漫画。2009年9月から講談社の少年マガジン編集部から発行が開始された「別冊少年マガジン」10月号で連載され、新人作家の初連載作品であるにもかかわらず2011年には第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞するなど各方面から高い評価を受けた超人気漫画です。
※マチアソビに関しては、改めて書かせて頂きます。


進撃03

久々の奥深いアニメに乾杯 !






※肝心の映画は…、語る資格の無いワタシです。
カッパ採点7点





カッパのみなソン
Selection vol.289


こんな映画、はじめて !
マルコヴィッチの穴 1999年アメリカ

穴00

 人形遣いのシュワルツと妻のロッテはひょんなことから映画俳優のジョンマルコヴィッチの頭の中につながる穴を見つける。そこに入ると誰でも15分間だけ、マルコヴィッチになることができました。これを利用して商売を始めたところ、その「マルコヴィッチの穴」は大繁盛。連日行列が続きました。自らの異変に不安を覚えたマルコヴィッチは友人のチャーリー・シーンに相談することに…。(後は映画を観て下さい)



穴01

俳優・奇才、ジョン・マルコヴィッチの謎。
 世界各国の映画祭で絶賛された、新鋭S・ジョーンズ監督による異色作。奇妙な体験と飽くなき欲望にとりつかれた人びとが巻き起こす珍騒動がパワフル&ユーモラス。


たわごと03
不思議で懐かしい感覚…。
 確か公開当時「こんな映画はじめて」と 「無限の想像力に全世界が熱狂」と絶賛されました。CFやMTVなどのミュージッククリップのディレクターで有名なスパイクジョーンズの初監督作品です。当時待ちに待ってDVDを購入しました。そして今回ブルーレイで再鑑賞。十数年経った今でもなんとも新鮮で不思議です。


穴03

良くも、まぁ、こんな脚本が思いつくなと感心…。



※肝心の映画は…、
8点